北海道立総合研究機構研究職員データベース

関 一人 ( せき かずと )
所属森林研究本部林産試験場利用部バイオマスグループ 
役職研究主幹
資格
研究分野森林科学/木質科学
キーワード森林バイオマス/バイオリファイナリー/森林生態学/植物二次代謝物
所属学会日本木材学会/日本森林学会
自己PR木材の主要成分および微量成分の新たな化学的利用法に関する研究を行っています。これまでに、木質植物材料(広葉樹材、ササ類)のヘミセルロースから機能性オリゴ糖の製造方法に関する技術を開発するとともに、それを利用した商品開発に携わってきました。樹木の二次代謝物(精油、マツヤニ、テルペノイド、フラボノイド、ポリフェノールなど)に関する技術相談も承ります。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
道総研 重点研究道産木質飼料の原料樹種と適用家畜拡大のための研究20202022
道総研 重点研究道産広葉樹を原料とした粗飼料の開発20172019
農林水産技術会議 地域戦略プロジェクト北海道の木質バイオマスからの木質飼料生産と給与の実証研究20162016
科学研究費助成金 基盤研究Cカラマツ類の樹皮における二次代謝物と組織による化学的防御戦略の解明20132015
科学研究費補助金 基盤研究C樹木の分子系統と動植相互作用系に着目した化学的防御と投資配分機構の実証的研究20082010

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本畜産学会第129回大会 web開催in vitro培養試験による木質飼料のウシルーメン内発酵特性伊藤和顕, 西田武弘, 花田正明, 東 陽介, 原田陽, 檜山 亮, 関 一人, 折橋 健, 小林祐輔, 菊地尊治, 福間直希日本畜産学会仙台市2021外部リンク
第57回肉用牛研究会大会黒毛和種肥育牛におけるシラカンバ蒸煮物の給与実証試験阿佐玲奈・中野克己・稲川昌志・小林祐輔・中井真太郎・檜山 亮・折橋 健・関 一人・口田圭吾肉用牛研究会鹿児島市2019外部リンク
第8回北海道畜産草地学会木質バイオマスの飼料化に関する研究(IV)―ヤナギの蒸煮条件による成分変化と嗜好性―檜山 亮・折橋 健・関 一人・本間 満・阿部健太郎・北村 亨・稲川昌志・小林祐輔・中井真太郎北海道畜産草地学会札幌市2019外部リンク
第8回北海道畜産草地学会木質バイオマスの飼料化に関する研究(Ⅴ)黒毛和種肥育牛へのトドマツ・カラマツ蒸煮飼料の給与試験阿部健太郎・本間 満・北村 亨・檜山 亮・折橋 健・関 一人・稲川昌志・小林祐輔・中井真太郎北海道畜産草地学会札幌市2019外部リンク
第8回北海道畜産草地学会木質バイオマスの飼料化に関する研究(Ⅵ)-黒毛和種肥育牛に対するシラカンバ蒸煮物の給与実証試験-阿佐玲奈・中野克己・稲川昌志・小林祐輔・中井真太郎・檜山 亮・折橋 健・関 一人・口田圭吾北海道畜産草地学会札幌市2019外部リンク

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
グイマツ,カラマツ,およびそれらのF1雑種の樹皮組織における栄養物質,二次代謝物,内分泌構造の組成および分布と,野ネズミの植食に対する感受性との関係(抄録)関 一人、折橋 健、斎藤直人、来田和人、中田圭亮林産試験場報548号27272021外部リンク
カラマツ類の樹皮・針葉の化学成分~林木育種に有用な成分~(再編集)関 一人林産試だより9月号342021外部リンク
北海道産マツタケの主要香気成分―子実体における部位別の化学組成―関 一人林産試だより1月号252020外部リンク
野ネズミに対するカラマツ類の樹皮の化学的防御関 一人北方林業71271742020
カラマツ類の樹皮・針葉の化学成分―林木育種に有用な成分―関 一人山つくりNo.508 7月号232020

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Relationship between the composition and distribution of nutritional substances, secondary metabolites, and internal secretory structures in the bark tissues of Larix gmelinii var. japonica, L. kaempferi, and their F1 hybrid and susceptibility to vole herbivorySeki K, Orihashi K, Saito N, Kita K, Nakata KJournal of Forest Research2452923022019外部リンク
Accumulation of constitutive diterpenoids in the rhytidome and secondary phloem of the branch bark of Larix gmelinii var. japonicaSeki K, Orihashi K, Sato M, Kishino M, Saito NJournal of Wood Science5854374452012外部リンク
Content and fatty acid composition of sulfoquinovosyldiacylglycerol in conifer leaves grown in Hokkaido, JapanSato M, Yunoki K, Okubo T, Seki K, Tanaka Y, Onishi MBioscience, Biotechnology, and Biochemistry746128312852010外部リンク
Simultaneous quantification of plant glyceroglycolipids including sulfoquinovosyldiacylglycerol by HPLC-ELSD with binary gradient elutionYunoki K, Sato M, Seki K, Ohkubo T, Tanaka Y, Onishi MLipids44177832009外部リンク
Comparative analysis of diterpene composition in the bark of the hybrid larch F1, Larix gmelinii var. japonica ×L. kaempferi and their parent treesSato M, Seki K, Kita K, Moriguchi Y, Hashimoto M, Yunoki K, Kofujita H, Onishi MJournal of Wood Science55132402009外部リンク

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
樹木および木材における化学的・変換利用に関する研究開発2000~

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
特許緑化資材とその製造方法特許第5066829号
特許雑種識別方法特開2010-216993
特許澱粉粕を原料とする新規な吸水性材料及びその製造方法特許第2744926号
特許植物性繊維材料からなる土壌被覆材特許第3026206号
特許ササ類からキシロオリゴ糖を主成分とする糖液を製造する方法特許第1990589号

全て表示
受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
第20回日本木材学会地域学術振興賞北海道における森林バイオマスの化学的用途開発に関する研究および地域産業への貢献2012
第55回森林技術賞ササ類からの機能性オリゴ糖の製造技術に関する研究とその普及2010
平成15年度北海道職員表彰(発明・発見)ササの有効利用に関する開発2003

連絡先
郵便番号071-0198
住所旭川市西神楽1線10号
TEL0166-75-4233
FAX0166-75-3621
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.