北海道立総合研究機構研究職員データベース

飯泉 元気 ( いいずみ げんき )
所属建築研究本部北方建築総合研究所建築研究部環境システムグループ 
役職研究職員
資格博士(工学)
研究分野建築環境/地域気候
キーワード室内環境/空気質/音
所属学会日本建築学会/空気調和衛生工学会/騒音制御工学会
自己PR今年度から、建築分野における基礎的な気象データの整備に関する研究に取り組みます。
また、「防災スピーカの音声伝播」や「道営住宅の劣化の進行」に気候特性が与える影響の調査など、様々な現象と地域気候の関わりについて検討しています。
その他にも、省エネ基準における地域区分について気象データを基に検討する委員会等にも参画しています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究建築分野における技術開発等に利用する基礎的な気象データの構築H30H32
重点研究道産資材を用いた木造高断熱外壁の防耐火構造の開発H29H31
重点研究津波による最大リスク評価手法の開発と防災対策の実証的展開H29H31
道受託研究道営住宅の効率的な改善サイクルに関する技術情報構築H28H30

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
11th International Symposium on Architectural Interchange in AsiaStudy on the Planning for the Fragrant and Healthy Indoor Air in the Natural Wood Interior FinishGenki IizumiAIJSendai,Japan2016
空気調和・衛生工学会大会機器分析に基づく新築臭の測定・評価に関する研究 その5)必要施工面積率推定方法の妥当性の検証飯泉元気ほか空気調和・衛生工学会鹿児島2016
空気調和・衛生工学会大会機器分析に基づく新築臭の測定・評価に関する研究 その 4)天然木内装材を用いた快適なかおり環境の形成飯泉元気ほか空気調和・衛生工学会大阪2015
空気調和・衛生工学会大会機器分析に基づく新築臭の測定・評価に関する研究 その3)放散速度を用いた新築臭の強さの推定飯泉元気ほか空気調和・衛生工学会秋田2014

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
新築臭の原因と模型実験の妥当性の確認 におい識別装置を用いた新築時における室内におい環境の測定・評価方法に関する研究 その1飯泉元気、小峯裕己、木村洋日本建築学会環境系論文集817234394462016

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
第26回におい・かおり環境学会ベストプレゼンテーション賞機器分析に基づく新築臭の測定・評価に関する研究 その3)主なにおいの構成成分を用いた新築臭の再現2013

連絡先
郵便番号078-8801
住所旭川市緑が丘東1条3丁目1番20号
TEL0166-66-4211
FAX0166-66-4215
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.