北海道立総合研究機構研究職員データベース

山崎 亨史 ( やまざき みちふみ )
所属森林研究本部林産試験場技術部製品開発グループ 
役職主任主査
資格
研究分野林産学
キーワード木材切削/バイオマス
所属学会日本木材学会/日本エネルギー学会/木質炭化学会
自己PR木材加工における技術開発を担当しています。専門は木材切削(製材、粉砕)、リサイクル、バイオマスです。木材はエネルギー源として有望ですが、まずはマテリアルとしてを主としたカスケード利用の重要性について広めています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
戦略研究「新たな住まい」と森林資源循環による持続可能な地域の形成H22H26

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第61回日本木材学会大会CCA処理木材の薬剤除去方法の検討(2)-蒸煮処理-山崎亨史・檜山 亮・阿賀裕英日本木材学会京都府2011
『持続可能な新エネルギー戦略セミナー2』-北海道農業とバイオマスエネルギーの活用について-木材のエネルギー利用とマテリアル利用の重要性山崎亨史北海道産学官研究フォーラム札幌市2011
第7回バイオマス科学会議木材のマテリアル利用優先とエネルギー化山崎亨史・有馬孝禮日本エネルギー学会・バイオマス部会大阪府2011
第46回日本水環境学会年会CCA処理木材からの重金属除去に使用した希硫酸の処理法の検討~ 硫酸とヒ素の分離 ~阿賀裕英・山崎亨史・檜山 亮日本水環境学会福岡県2010
第20回日本エネルギー学会大会ヤナギの濃硫酸による糖化(加水分解)性-トドマツとの比較-山崎亨史・檜山 亮・重枝哲夫山崎亨史・檜山 亮・重枝哲夫札幌市2009

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
ソーシャルネットワークサービスを用いた日本の森林の有効利用の検討松村幸彦・山崎亨史・吉岡拓如日本エネルギー学会誌9276196262013
CCA処理木材からCCA成分の除去方法の検討山崎亨史林産試だより2011年7月号92011
合板の濃硫酸木材糖化における接着剤の影響檜山 亮・山崎亨史・関 一人・折橋 健林産試験場報539号11152010
木製ガードレール「ビスタガード」の設置山崎亨史林産試だより2010年7月号13152010
炭化物を用いた化学物質吸着材料の開発(第1報)梅原勝雄・澤田哲則・伊佐治信一・朝倉靖弘・秋津裕志・阿部龍雄・清水光弘・山崎亨史林産試験場報538号6102009

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Waste wood recycling as animal bedding and development of bio-monitoring tool using the CALUX assayAsari M. Takatsuki H. Yamazaki M. Azuma T. Takigami H. & Sakai S.Environment International3056396492004

技術支援
支援内容対応年外部リンク
木質系廃棄物の有効活用に関する技術指導
木質系家畜敷料の製造方法と性能に関する技術指導
木材加工用機械作業の安全に関する技術指導
製材工場の機械診断

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
木質系敷料の全て(連載)主著デーリィマン62巻デーリィマン社2012
木材のマテリアル利用の重要性とエネルギー主著ケミカルエンジニアリング56巻化学工業社2011
続マニュア・マネージメント共著デーリィマン社2011
建設廃木材のバイオマス利用と木材糖化主著ALIANEWSリビングアメニティ協会2007
ドイツエネルギー事情主著ウッディエイジ2005年北海道林産技術普及協会2005

連絡先
郵便番号071-0198
住所旭川市西神楽1線10号
TEL0166-75-4233
FAX0166-75-3621
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.