北海道立総合研究機構研究職員データベース

濱原 和広 ( はまはら かずひろ )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所環境保全部水環境保全グループ 
役職主査
資格
研究分野環境リモートセンシング/地理情報学
キーワード画像解析/GIS/統計モデリング
所属学会
自己PR衛星リモートセンシングから得られる環境情報や地理空間情報の活用に係る調査研究、統計モデリング手法を用いた野性生物の生息環境解析や分布拡大シミュレーションなどを行っています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究北海道の温室効果ガスインベントリの構築20152017
経常研究時間帯補正等価騒音レベル(Lden)に対応した航空機騒音予測コンターマップの作成20132014
受託研究エゾシカ現況マップ作成委託業務20152015
戦略研究地域・産業特性に応じたエネルギーの分散型利用モデルの構築20142018
受託研究釧路湿原の水環境・生態系への影響調査における現地調査業務20192019

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
H27年度全環研騒音振動担当者会議INMを用いたLden予測コンターマップの作製濱原和広、芥川智子、高橋英明全国環境研協議会東京都2015
第31回全国環境研究所シンポジウムオープンソースGISを用いたエゾシカ関連情報の可視化・閲覧システムの作成濱原和広、小野理、福田陽一朗、宇野裕之、稲富佳洋国立環境研究所茨城県2015
H27年度環境・地質研究本部調査研究発表会航空機騒音をシミュレーションする濱原和広、芥川智子環境・地質研究本部札幌市2015
H26年度環境・地質研究本部調査研究成果発表会地域スケールの温室効果ガス排出インベントリ ―家庭から排出される二酸化炭素の見積もり―濱原和広・芥川智子 環境・地質研究本部札幌市2014
FOSS4G 2014 hokkaido 環境と防災に配慮した地域づくりを支援するためのGIS情報共有に関する研究.濱原和広、小野理、丹羽忍、大津直、小澤聡OSGeo財団日本支部札幌市2014

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
世帯属性を考慮した家庭部門エネルギー起源二酸化炭素排出量の市区町村別推計濱原和広環境科学研究センター所報6号25312016
階層ベイズモデルを用いたMODIS Level-2雪プロダクト時系列データからの積雪期間マップの作成濱原和広北海道環境科学研究センター所報36号21272009

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
衛星リモートセンシングを用いた海鳥類の潜在的生息域予測モデルの構築濱原和広・長雄一沿岸域学会誌23日本沿岸域学会2011

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西12丁目
TEL011-747-3521
FAX011-747-3254
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.