北海道立総合研究機構研究職員データベース

森 武士 ( もり たけし )外部リンク
所属産業技術環境研究本部工業試験場材料技術部化学プロセスグループ 
役職研究職員
資格博士(工学)
研究分野化学工学/材料工学
キーワード多孔質材料/ポストハーベスト工学
所属学会化学工学会/炭素材料学会
自己PR多孔質材料の開発や分析を得意としています。最近は、青果物の鮮度保持に利用可能な吸着剤や触媒材料などの開発を研究しています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
公募型研究プラチナ触媒による青果物鮮度保持の貯蔵庫での検証20202020
経常研究熱湿気同時移動解析を活用した調湿材の開発と使用条件の最適化20182019

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
化学工学会第86年会若手シンポジウムエチレンの低温分解に有効な低コスト触媒の開発森武士、野村隆文、山岸暢、中島清隆、福岡淳化学工学会東京都(オンライン)2020
フードロス削減コンソーシアム 第1回フォーラムプラチナ触媒を用いた青果物の鮮度保持技術福岡淳、森武士北海道大学COI『食と健康の達人』拠点札幌市2020
活性炭技術勉強会第169回講演会精密制御可能な細孔の階層構造を有する炭素材料の開発森武士活性炭技術研究会大阪市(オンライン)2020

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Cost-effective synthesis of activated carbons with high surface areas for electrodes of non-aqueous electric double layer capacitorsTakeshi Mori, Shinichiroh Iwamura, Isao Ogino and Shin R. MukaiSeparation and Purification Technology21411741802019
Optimization of practical activation depth for effective CO2 activationTakeshi Mori, Shinichiroh Iwamura, Isao Ogino and Shin R. MukaiJournal of Porous Materials246149715062017
PMMA-templated carbon gel monoliths with independently tunable micro-, meso-, and macroporesTakeshi Mori, Shinichiroh Iwamura, Isao Ogino and Shin R. MukaiJournal of Chemical Engineering of Japan 5043153232017

技術支援
支援内容対応年外部リンク
無機天然原料の高度利用技術に係る技術指導
セラミックス及び無機天然原料の評価に係る技術指導
セラミックス及び無機天然原料の評価に係る依頼試験対応

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
ポーラスカーボン材料の合成と応用(分筆)森武士シーエムシー出版2019

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
第53回炭素材料夏季セミナー ポスター賞PMMA 粒子-フェノール樹脂複合体を出発物質とした多孔質炭素の製造 と炭酸ガス賦活による超高表面積化2015

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西11丁目
TEL011-747-2321
FAX011-726-4057
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.