北海道立総合研究機構研究職員データベース

湊 啓子 ( みなと けいこ )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部飼料生産技術グループ 
役職主査
資格
研究分野農業微生物/畜産環境/ふん尿処理/温室効果ガス
キーワード畜産環境/家畜ふん尿/マイコトキシン/GHG
所属学会日本畜産学会/日本草地学会/日本畜産環境学会/マイコトキシン学会/土壌微生物学会
自己PR畜産を取り巻く環境問題や飼料の安全性に関する研究に取り組んでいます。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究とうもろこしサイレージ中デオキシニバレノール濃度の簡易スクリーニング法の開発H29H31
受託研究高水分牧草サイレージ調製時における菌株を変更した乳酸菌・酵素製剤の添加効果H29H30

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
マイコトキシン学会市販キットを用いたとうもろこしサイレージ新鮮物中 デオキシニバレノールの迅速測定技術湊啓子,出口健三郎マイコトキシン学会愛知2020
日本畜産学会第124回大会堆肥化過程における食中毒菌の動態解析に用いる封入体の開発湊啓子,木嶋伸行日本畜産学会東京2018
損傷菌セミナー2018牛ふん堆肥化過程におけるリステリアの動態把握のための指標菌としての 大腸菌の可能性湊啓子,木嶋伸行日本損傷菌研究会東京2018
損傷菌セミナー2017牛ふん堆肥化過程におけるSalmonellaおよびListeriaの生残性と損傷菌の発生実態湊啓子,木嶋伸行日本損傷菌研究会東京2017
日本草地学会飼料用トウモロコシの赤かび病抵抗性評価法湊啓子,飯田憲司,山川政明日本草地学会長野2015

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
飼料用とうもろこしの赤かび病とデオキシニバレノール汚染湊啓子北海道獣医師学雑誌5611162012
トウモロコシ赤かび病の最近の発生状況とサイレージのかび毒汚染 湊啓子植物防疫6395575602009
でん粉粕中に存在するジャガイモそうか病菌の飼料利用場面における動態 湊啓子新しい研究成果78822006
乳牛ふん尿の処理・利用過程における大腸菌の動態と流出防止対策湊啓子畜産技術6046102005
家畜糞尿の有効利用 湊啓子農家の友55482842003

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
野菜栽培環境における損傷菌の発生と対策木嶋伸行,湊啓子,本城賢一,前田征之Nippon Shokuhin Kagaku Kogaku Kaishi6542052112018
肉牛ふん尿の中温乾式メタン発酵特性湊啓子北海道立総合研究機構農業試験場集報10149532017
北海道におけるトウモロコシサイレージのデオキシニバレノール汚染とその対策湊 啓子日本草地学会誌612971012015
トウモロコシの病害低減の取り組み湊 啓子北海道畜産草地学会報387902014
有傷接種法を用いたFusarium graminearumn s,str.による飼料用トウモロコシ(Zea mays L.)の赤かび病抵抗性検定法湊啓子,飯田憲司,出口健三郎日本草地学会誌6031931992014

全て表示 連絡先
郵便番号081-0038
住所上川郡新得町字新得西5線39番地1
TEL
FAX0156-64-6151
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.