北海道立総合研究機構研究職員データベース

大久保 進一 ( おおくぼ しんいち )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部技術研修グループ 
役職主査
資格農業改良普及指導員
研究分野施設園芸/省力栽培技術
キーワードトマト/摘房/側枝葉利用/養液栽培/房どり収穫
所属学会園芸学会/日本養液栽培研究会/北海道園芸研究談話会/北海道養液栽培(植物工場)研究会
自己PRトマトの栽培法および養液栽培について研究を行っています。道産トマトの品薄な時期の作期開発や省力的な栽培、低コストな養液栽培に感心を持っています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
受託研究トマトにおける養液栽培システム「うぃずOne」を用いた省力低コスト栽培法の確立20192021
経常研究低コストに向けた湛液型養液栽培システムおよび果菜類栽培法の確立20142015

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
平成27年度北海道園芸研究談話会年次大会湛液型簡易養液栽培におけるベッド被覆資材および冷却水循環の効果大久保進一北海道園芸研究談話会札幌2015
平成27年度北海道園芸研究談話会年次大会湛液型簡易養液栽培によるリーフレタス栽培の可能性大久保進一・後藤英次北海道園芸研究談話会札幌2015
園芸学会平成26年度春季大会トマト1段密植栽培における葉数の違いが収量に及ぼす影響大久保進一・東出忠桐・金子壮・安場健一郎・大森弘美・中野明正園芸学会茨城県2014
平成23年 農業新技術発表会夏に楽して、秋にとる! ミニトマトの新栽培法大久保進一農業研究本部札幌2011
北海道農業試験会議(成績会議)摘房および側枝葉利用によるミニトマト秋季算定生産技術と経営評価大久保進一農業研究本部札幌2011

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
トマト一段密植栽培における葉数の違いが収量に及ぼす影響大久保進一・東出忠桐・金子壮・安場健一郎・大森弘美・中野明正北海道立農業試験場集報1037122019
中玉トマト「カンパリ」の房どり収穫が収量性、果実品質および作業省力性に及ぼす影響大久保進一・長尾明宣北海道立農業試験場集報9361662009

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
摘房と側枝葉利用、セル成型苗直接定植を導入した新作付け体系その他ニューカントリー58株式会社北海道協同組合通信社2011
摘房と側枝葉利用によるミニトマトの新栽培法その他農家の友63北海道農業改良普及協会2011
地方野菜として注目される札幌大球キャベツの特性その他農家の友60北海道農業改良普及協会2008
品目別栽培のポイント「トマト」共著ニューカントリー2008年秋季臨時増刊「北海道の野菜作り」株式会社北海道協同組合通信社2008
経営のねらいと品種選択(北海道)共著農業技術体系農文教2006

連絡先
郵便番号073-0026
住所滝川市東滝川735番地
TEL0125-28-2800
FAX
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.