北海道立総合研究機構研究職員データベース

石井 旭 ( いしい あきら )
所属建築研究本部北方建築総合研究所地域研究部地域システムグループ 
役職主査
資格博士(工学)/技術士(建設部門・都市及び地方計画)
研究分野地域計画/住宅復興計画
キーワード土地利用/都市構造/地域/集落/自然災害
所属学会日本都市計画学会/日本建築学会
自己PR津波被災地域の市街地形成のあり方や住宅再建推進策、農村地域における住まい・生活基盤施設インフラの再編方法など、自然災害に備えた都市づくりや人口減少社会における都市・集落づくりのための研究を行っています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究積雪寒冷地の被災小規模自治体における住まいの再建・改修過程とその課題20212022
経常研究道内日本海沿岸の漁村集落の生活環境向上と産業振興の相乗的展開に向けた基礎研究20202022
戦略研究持続可能な農村集落の維持・向上と新たな産業振興に向けた対策手法の確立20202024

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本建築学会北海道支部研究発表会北海道胆振東部地震からの住まいの再建と地域定住方策 第1報 被災小規模自治体における住まいの再建動向石井旭日本建築学会北海道支部札幌市2021
日本建築学会北海道支部研究発表会人口減少時代の農村集落の維持・再編に関する研究 その1~9石井旭・牛島健・松村博文・福井淳一他日本建築学会北海道支部2016~2018
日本建築学会大会陸前高田における地域居住へむけた取り組みその1~12石井旭・鈴木大隆・齊藤茂樹・川村壮日本建築学会2015~2020

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
大規模津波災害に対応した地域住宅再建推進体制づくりに関する考察−岩手県陸前高田市の住宅再建推進活動を通じて−石井旭・鈴木大隆日本建築学会技術報告集27668598642021
住宅復興シナリオ構築に向けた津波被災地の宅地供給手法石井旭・鈴木大隆・瀬戸口剛日本建築学会計画系論文集83749127312832018
南西沖地震における復興計画が奥尻町のまちづくり及ぼした影響(特集 臆し痔災害復興過程における生活環境の変容に関する研究報告)石井旭・大柳佳紀・南慎一北海道地区自然災害科学資料センター報告2725312014
提案型都市計画の定着へ向けた協働のプロセス : 北海道中核都市を事例として石井旭・小林英嗣日本建築学会技術報告集10202672702004

技術支援
支援内容対応年外部リンク
平成27年度都市計画実務担当者会議、全道水道行政担当者会議等において研究成果に基づき講演2014~

連絡先
郵便番号078-8801
住所旭川市緑が丘東1条3丁目1番20号
TEL0166-66-4211
FAX0166-66-4215
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.