北海道立総合研究機構研究職員データベース

橋場 参生 ( はしば みつお )
所属産業技術環境研究本部企画調整部 
役職部長
資格博士(工学)
研究分野福祉工学/音声処理技術
キーワード音声/音響/人工喉頭/ユアトーン/メロディーロード
所属学会ヒューマンインタフェース学会/日本音響学会/日本ロボット学会/電子情報通信学会
自己PR主に、音声・音響技術を活用した製品開発を道内企業と共同で行っています。リアルタイム音声生成アプリ「ゆびで話そう」、喉頭摘出者のための電気式人工喉頭「ユアトーンII」、音楽を奏でる舗装道路「メロディーロード」、風に揺らめくインタラクティブ型LED照明などの開発実績があります。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究バイノラール技術を用いた音響計測処理手法の高度化に関する研究H24H25
職員研究奨励事業発声障がい者支援のための人工喉頭技術の高度化と海外展開に向けた研究開発H24H24
重点研究人間親和型ICTシステム開発のためのインタラクティブインタフェース技術に関する研究H21H23
公募型研究喉頭摘出者の社会復帰を支援する身体装着型人工喉頭システムの実用化開発H21H22
公募型研究屋内自律移動体のための時空間画像を用いた自己位置同定システムの実用化開発H21H21

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
技術移転フォーラム2012 工業試験場成果発表会風に揺らめくインタラクティブ型LED照明の開発橋場参生道総研 工業試験場札幌2012
技術移転フォーラム2011 工業試験場成果発表会音楽を奏でる舗装道路の事業化と音声発生への取り組み橋場参生・保科秀夫道総研 工業試験場札幌2011
技術移転フォーラム2010 工業試験場成果発表会時空間画像を用いた各種移動体向け自己位置同定システムの開発橋場参生・大村功道総研 工業試験場札幌2010
技術移転フォーラム2009 工業試験場成果発表会聴覚による品質評価を代行する自動化システムの開発橋場参生・大村功・髙橋裕之北海道立工業試験場札幌2009
技術移転フォーラム2009 工業試験場成果発表会道内企業と創り出す発声障がい者のための福祉ITシステム橋場参生北海道立工業試験場札幌2009

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
ウェーブレット変換を用いた音質評価システムに関する研究橋場参生・大村功・髙橋裕之北海道立工業試験場報告3081091132009
CANを用いた移動ロボット開発用プラットフォーム―プラットフォーム構想に基づく移動ロボットの構築実験―橋場参生・髙橋裕之・中西洋介・長尾信一北海道立工業試験場報告3049162005
画像情報を用いた屋内移動ロボットの自己位置同定方法橋場参生・吉川毅・鈴木慎一北海道立工業試験場報告3019152002
自己組織化ニューラルネットワークを用いた感性情報分析支援システムの開発橋場参生・及川雅稔・万城目聡・髙橋裕之・本間稔規北海道立工業試験場報告3001031102001
福祉施設における自律型運搬ロボットの開発(第1報:全体システムの構成/第2報:実地評価試験)吉川毅・橋場参生・鈴木慎一・本間稔規・澤山一博北海道立工業試験場報告299951102000

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
喉頭摘出者の発声を支援するウェアラブル人工喉頭の開発と評価橋場参生・須貝保徳・泉隆・井野秀一・伊福部達ヒューマンインタフェース学会論文誌921631722007
狭い空間における音声指令による電動車椅子走行テスト小宮加容子・中島康博・橋場参生・景川耕宇・黒須顕二日本機械学会論文集(C)69688335033572003
抑揚制御機能を備えた電気式人工喉頭の製品化とユーザによる評価橋場参生バイオメカニズム学会誌2641821872002
抑揚制御機能を備えた電気式人工喉頭の製品化と評価橋場参生・上見憲弘・及川雅稔・山口悦範・須貝保徳・伊福部達電子情報通信学会論文誌D-Ⅱ846124012472001
母音の自然性における「波形ゆらぎ」の役割伊福部達・橋場参生・松島純一日本音響学会誌47129039101991

技術支援
支援内容対応年外部リンク
音声処理技術に係る技術指導
音・音声の計測・分析
ヒューマンインタフェース技術に係る技術指導

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
特許権電気人工喉頭 特許第2123888号
特許権移動ロボットの環境地図作成方法特許第2992883号
特許権メロディーロードおよびメロディーロード設計プログラム特許第4708354号

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
道総研理事長賞喉頭摘出者のための電気式人工喉頭「ユアトーンⅡゆらぎ」の開発と製品化2010
モノづくり連携大賞特別賞電気式人工喉頭「ユアトーンⅡゆらぎ」の開発2009
ヒューマンインタフェース学会第8回論文賞喉頭摘出者の発声を支援するウェアラブル人工喉頭の開発と評価2008
ものづくり日本大賞優秀賞抑揚を制御できる電気式人工喉頭(ユアトーン)の商品化2007
中小企業優秀新技術・新製品賞 優良賞電気式人工喉頭「ユアトーン」1998

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西11丁目
TEL011-747-2321
FAX011-726-4057
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.