北海道立総合研究機構研究職員データベース

立松 宏一 ( たてまつ こういち )
所属建築研究本部北方建築総合研究所建築研究部環境システムグループ 
役職研究主幹
資格博士(工学)/一級建築士/建築基準適合判定資格者/北海道震災建築物応急危険度判定士/第二種電気工事士
研究分野建築環境
キーワード断熱/省エネルギー/温熱環境/太陽熱/産業施設
所属学会日本建築学会
自己PR温熱環境と省エネルギーを専門としており、一般建築物のほか特に農業用ハウスなどの産業施設を対象とした研究を多く担当しています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
戦略研究地域特性に応じた再生可能エネルギー供給と省エネルギー技術の社会実装20192023
重点研究パイプハウスにおける環境および養分制御による省⼒多収技術の開発20202022
重点研究クリーンラーチ挿し木苗の得苗率を向上させる育種管理技術の開発20192022
経常研究エネルギー消費量に関する各種資料の調査と活用方法に関する研究20192020
経常研究建築空間の熱負荷・温熱環境評価-北海道の気候・地域特性を考慮した建築物のエネルギー・環境評価法の開発-20192021

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本建築学会大会北海道支部各種統計資料を活用した市町村の部門別エネルギー消費量推計のケーススタディ立松宏一・遠藤卓日本建築学会釧路2021
日本建築学会大会挿し木用ハウスにおけるミストの飽差改善効果立松宏一日本建築学会紙面開催2020
日本建築学会大会一次エネルギー消費量を指標に確実な省エネルギーと省エネ技術の革新を目指した北方型省CO2住宅プロジェクトの検証立松宏一・遠藤卓・月館司・廣田誠一・鈴木大隆日本建築学会福岡2016
北海道施設園芸高度化フォーラム2017温室における暖冷房設備の効果的運用立松宏一北海道養液栽培研究会札幌2016
道総研ランチタイムセミナー私たちは何ワットで暮らせるか?~住まいと省エネルギー~立松宏一道総研札幌2014

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
パイプハウス内の温熱環境を改善する方法立松宏一・今博計北海道の林木育種641262021
農業施設と自然エネルギー立松宏一・鈴木大隆農作業研究47別号225302012

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
北海道における新築戸建て住宅の断熱および設備仕様調査 一次エネルギー消費量の推定と設備の選択要因に関する考察立松宏一・廣田誠一・高倉政寛・月館司・鈴木大隆・羽山広文日本建築学会環境系論文集8070766772015
グラスウールを対象とした熱,水分因子による長期性状変化に関する研究立松宏一・廣田誠一・鈴木大隆・谷口 円・布井洋二・鵜澤孝夫日本建築学会環境系論文集797037537622014
北海道における高断熱戸建て住宅の温熱環境とエネルギー消費の実態 熱損失係数が1.3W/m2Kレベルの住宅を主たる対象とした調査立松宏一・福島明・鈴木大隆・月館司・廣田誠一・高倉政寛・池田裕雅日本建築学会環境系論文集776797137202012

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
農業用温室に「温室効果」は存在するか立松宏一北海道建築士No.240北海道建築士会2017
次世代太陽熱給湯技術立松宏一熱と環境vol.23ダウ加工2014

連絡先
郵便番号078-8801
住所旭川市緑が丘東1条3丁目1番20号
TEL0166-66-4211
FAX0166-66-4215
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.