北海道立総合研究機構研究職員データベース

髙橋 和寛 ( たかはし かずひろ )
所属水産研究本部中央水産試験場資源増殖部水産工学グループ 
役職主査
資格
研究分野水産増養殖/水産資源/生殖生理
キーワードウニ/藻場造成/貝類/海藻類/ナマコ
所属学会日本水産増殖学会
自己PR北海道周辺海域に分布する水産資源の生態や資源変動、増養殖に関する調査研究に取り組んできました。現在、ウニ類の増養殖研究や藻場造成に関する研究を担当しています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
公募型研究光周期調節を活用したキタムラサキウニの実用的な育成手法の開発20192021
公募型研究道東海域の雑海藻を原料とした水産無脊椎動物用餌料の開発と利用20152017
受託研究藻場施設における機能回復手法の高度化20202021
受託研究藻場施設における機能回復手法の開発20182019

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
令和3年度日本水産学会春季大会全日明期および全日暗期がキタムラサキウニの成熟に及ぼす影響高橋和寛・中島幹二・菅原玲・成田正直・鵜沼辰哉日本水産学会オンライン2021
令和3年度日本水産学会春季大会光周期がキタムラサキウニの成熟に及ぼす影響鵜沼辰哉・長谷川夏樹・中島幹二・菅原玲・成田正直・高橋和寛日本水産学会オンライン2021
令和元年度北海道磯焼け対策連絡会議雑海藻を原料としたウニ養殖用餌料の開発と利用高橋和寛北海道水産林務部札幌市2020
令和2年度日本水産学会春季大会ウニの成熟にともなって起こる「身溶け」を簡便に評価する方法鵜沼辰哉・高橋和寛日本水産学会東京2020
平成30年度日本水産学会秋季大会湯通しスジメを利用したキタムラサキウニ養殖手法の現場海域における実証試験那須俊宏・菅原浩明・菅原玲・武田忠明・三上加奈子・高橋和寛・園木詩織・中島幹二・宮崎亜希子・秋野雅樹・守谷圭介・鵜沼辰哉日本水産学会広島県2019
平成30年度日本水産学会秋季大会湯通しスジメを利用したキタムラサキウニ養殖手法の現場海域における実証試験那須俊宏・菅原浩明・菅原玲・武田忠明・三上加奈子・高橋和寛・園木詩織・中島幹二・宮崎亜希子・秋野雅樹・守谷圭介・鵜沼辰哉日本水産学会広島県2019
令和元年度日本水産学会秋季大会野菜給餌がキタムラサキウニの身入りと品質に及ぼす影響菅原玲・高橋和寛・宮崎亜希子・鵜沼辰哉日本水産学会福井県2019
平成29年度日本水産学会春季大会加工海藻を給餌したウニの生殖巣に生ずる苦味の緩和方法の検討鵜沼辰哉・鬼塚年弘・伊藤明・町口裕二・菅原玲・中島幹二・高橋和寛日本水産学会東京2018
平成29年度日本水産学会春季大会加工スジメを給餌したキタムラサキウニの無給餌及びハクサイ給餌による食味改善菅原玲・武田忠明・三上加奈子・辻浩司・高橋和寛・園木詩織・中島幹二・鵜沼辰哉日本水産学会東京2018
第10回棘皮動物研究集会低温飼育で空ウニを良いウニに変える鵜沼辰哉・村田裕子・長谷川夏樹・澤口小有美・高橋和寛棘皮動物研究会富山県2013
第14回国際棘皮動物学会Improving the food quality of sea urchin gonads by manipulating rearing water temperature.Unuma T.・Murata Y.・Hasegawa N.・Sawaguchi S.・Takahashi Kazuhiro国際棘皮動物学会ベルギー2012
日本藻類学会第35回大会北海道日本海沿岸における大型海藻現存量の年変動に及ぼす環境要因秋野秀樹・高橋和寛日本藻類学会富山県2011
第10回全国漁港漁場整備技術研究発表会波浪によるウニ摂餌圧の制御機能を付加したウニ増殖礁の効果金田友紀・干川裕・秋野秀樹・高橋和寛水産庁徳島県2011
日本藻類学会第34回大会ホソメコンブの初期発生における栄養塩濃度と流速の関係津田藤典・秋野秀樹・高橋和寛・蔵田護日本藻類学会茨城県2010
ニシンミニプラザニシンの産卵藻場について高橋和寛道総研水産研究本部小樽市・石狩市2010
平成20年度育てる漁業研究会本道周辺の浅海資源の変化と磯焼けについて干川裕・高橋和寛北海道栽培漁業振興公社札幌市2009

5件表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
雑海藻を原料としたウニ養殖用餌料の開発と利用高橋和寛・中島幹二・菅原玲北水試だより9811142019
キタムラサキウニの飼育環境について高橋和寛試験研究は今739122013
2008~2010年に小樽市でみられたニシンの群来について高橋和寛試験研究は今669122010
北海道北西部日本海における石狩湾系ニシン産卵床と藻場の分布赤池章一・高橋和寛・干川裕・瀧谷明朗・津田藤典・合田浩明・中島幹二・川井唯史北水試研究報告7729342010
稚ナマコの生息環境について高橋和寛試験研究は今645122009

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
北海道忍路湾における6 月のホソメコンブ現存量と密度に及ぼす秋季から春季の水温の影響について干川裕・秋野秀樹・高橋和寛・津田藤典水産工学5521231332018
Improving the Food Quality of Sea Urchins Collected from Barren Grounds by Short-Term Aquaculture under Controlled Temperature.Unuma T.・Murata Y.・Hasegawa N.・Sawaguchi S.・Takahashi KazuhiroBull. Fish. Res. Agen.4011451532015
エゾアワビ当歳稚貝量に及ぼす親貝密度の影響干川裕・高橋和寛・津田藤典・町口裕二水産総合研究センター研究報告51191262006
地域性ニシンの卓越発生メカニズム解明に迫る 1.2001年の特徴を探る (2)産卵場と産卵数干川裕・高橋和寛・津田藤典・赤池章一・瀧谷明朗水産海洋研究6921101112005
ホタテガイ貝殻リングを用いたエゾアワビ当歳貝の生息量評価干川裕・高橋和寛・津田藤典・町口裕二Nippon Suisan Gakkaisi71183852005

全て表示
著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
マナマコ、「新北の魚たち」共著北海道新聞社2003

連絡先
郵便番号046-8555
住所余市郡余市町浜中町238番地
TEL0135-23-7451
FAX0135-23-3141
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.