北海道立総合研究機構研究職員データベース

山越 幸康 ( やまこし ゆきやす )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所資源エネルギー部エネルギー利用グループ 
役職研究主幹
資格博士(工学)
研究分野反応工学
キーワードバイオディーゼル/バイオマス
所属学会日本化学会/日本エネルギー学会/開発技術学会/化学工学会
自己PRバイオマス利活用技術に取り組んでおります。お気軽にご相談ください。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
平成30年度循環資源利用促進重点課題研究開発事業費補助金農業用廃プラスチックの地域内資源循環システムの社会実装に係る研究H27H31
戦略研究地域・産業特性に応じたエネルギーの分散型利用モデルの構築H26H30
循環資源利用促進特定課題研究開発事業農業用廃プラスチックの再利用に関する研究H24H26
公募研究農産廃棄物カスケード型循環利用バイオエタノール製造システムに関する研究H23H25
戦略研究地球温暖化と生産構造の変化に対応できる北海道農林業の構築H22H25

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第18回北海道エネルギー資源環境研究発表会富良野市でのRDFの利用山越幸康・上出光志・藤澤拓己・富樫憲一・丹羽忍・山口勝透日本エネルギー学会北海道支部札幌市2018
第17回北海道エネルギー資源環境研究発表会低品位バイオマスのサーマルリサイクル山越幸康・上出光志・藤澤拓己・丹羽忍・山田敦日本エネルギー学会北海道支部札幌市2017
平成28年度農偉業用廃プラスチック適正処理推進研修会長いもネットのサーマルリサイクルについて山越幸康北海道農業用廃プラスチック適正処理対策協議会岩見沢市2016
化学工学会第78年会固体触媒による草本系バイオマスからのキシリトールの製造山越幸康・北口敏弘・上出光志・小林広和・福岡淳化学工学会豊中市2014
自然エネルギー実践講座2013植物由来燃料の特性と利用方法山越幸康NPO法人北海道新エネルギー普及促進協会札幌市2013
平成24年度北海道開発局機械技術検討会寒冷地におけるバイオディーゼル燃料の現状と技術開発について山越幸康北海道開発局札幌市2012
第2回BDFセミナー寒冷地でのバイオディーゼル燃料の取り組み山越幸康三重大学伊賀市2010
北海道ビジネス政策フォーラム2010北海道とバイディーゼルビジネスの可能性山越幸康・大嶋武社団法人北海道未来総合研究所札幌市2010
Korea and Japan joint symousium, Possibility of biomass energyUtilization of biodiesel fuel in winter of cold region山越幸康・上出光志・北口敏弘NPO Hokkaido Bio-industry Association札幌市2009

5件表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
廃食用油のディーゼル燃料化(第3報)-バイオディーゼル燃料の高品質化-山越幸康・上出光志・北口敏弘・富田恵一北海道立工業試験場報告3084146 2009
廃食用油のディーゼル燃料化(第2報)-低温特性の改善-山越幸康・岡喜秋・北口敏弘・上出光志・三津橋浩行・鎌田樹志・佐々木雄真北海道立工業試験場報告30633372007
廃食用油のディーゼル燃料化(第1報)-廃食用油の性状と製造工程-山越幸康・岡喜秋・北口敏弘・上出光志北海道立工業試験場報告305 71772006
廃食用油のディーゼル燃料化山越幸康・岡喜秋・北口敏弘・上出光志北海道機械工業会会報102004
低圧ハイドレート技術のバイオガス貯蔵・分離技術への応用山越幸康・岡喜秋・北口敏弘・上出光志・白土博康・保科秀夫・富田和彦北海道立工業試験場報告303 47552004

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
H2SO4/CaO-Catalyzed Process for Biodiesel Production from High Acid Value Jatropha curcas Crude OilTsuchiya Y. Kaneki Y. & Yamakoshi Y.Joyrnal of Chemical Engineering of JapanVol.44No.75295332011
副産物グリセリンの有効活用を目的とした酸化カルシウム系固体触媒バイオディーゼル燃料製造技術の開発金木裕一・井上真二・吉田荘貴・山越幸康・田村修二日本機械学会論文集B編757514934952009
Catalytic effect of slags on the formation of bio-diesel fuelKashiwaya Y. Toishi K. Kaneki Y. & Yamakoshi Y.ISIJ International47182918312007
Hydrogen Sulfide Separation Using Tetra-n-butyl Ammonium Bromide Semi-clathrate (TBAB) HydrateKamata Y. Yamakoshi Y. Ebinuma T. Oyama H. Shimada W. & Narita H.Energy and Fuels19171717222005
定電位クロノアンペロメトリーによる Pt/YSZ 高温空気電極の速度解析山越幸康・見城忠男日本化学会誌65175241996

技術支援
支援内容対応年外部リンク
技術指導(液体燃料燃焼性能評価)2012
技術指導(バイオマス燃料化、熱分解、ペレット化)2009
技術指導(バイオディーゼル燃料製造及び評価技術等に係る指導)2001-2012

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
スラグを触媒とした脂肪酸メチルエステルの生成方法特許第5736569号

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西12丁目
TEL011-747-3521
FAX011-747-3254
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.