北海道立総合研究機構研究職員データベース

西道 由紀子 ( にしみち ゆきこ )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部肉牛グループ 
役職研究主任
資格農学博士
研究分野畜産学/放牧技術
キーワード畜産/草地/放牧/牧草/乳牛
所属学会日本草地学会/日本畜産学会/応用動物行動学会/北海道畜産草地学会/北海道肉牛研究会
自己PR肉用牛の飼養管理について研究しています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究放牧草の季節変動に対応した乳用育成牛の放牧開始時期H24H27
経常研究牧草地の植生改善効果による産乳性向上の実証H23H26

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本草地学会メドウフェスクの放牧管理西道由紀子・三枝俊哉・牧野司・松村哲夫・須藤賢司日本草地学会宮城県2008

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
北海道東部のメドウフェスク(Festuca pratensis Huds.)草地における放牧開始および掃除刈りの適期西道由紀子・三枝俊哉・牧野司・須藤賢司・松村哲夫日本草地学会誌5918132013
泌乳牛を輪換放牧したペレニアルライグラス優占草地における放牧前イネ科草高が牧草生産量と利用草量に及ぼす影響西道由紀子・八代田真人・八代田千鶴・中辻浩喜・近藤誠司・大久保正彦日本草地学会誌475945982002
泌乳牛の輪換放牧下における放牧頭数および放牧開始時期が年間利用草量に及ぼす影響西道由紀子・八代田真人・中辻浩喜・近藤誠司・大久保正彦日本草地学会誌4822262002
春季の放牧開始時のイネ科草高が牧草生産量および泌乳牛の利用草量に及ぼす影響西道由紀子・八代田真人・谷川珠子・中辻浩喜・近藤誠司・大久保正彦日本草地学会誌472692732001
泌乳牛を輪換放牧したペレニアルライグラス優占草地における分げつ密度の4年間の推移西道由紀子・中辻浩喜・近藤誠司・大久保正彦北海道草地研究会報3522272001

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
草は泣いている②雑草を飼料利用するための注意点デイリーマン62デイリーマン2012
しっかり牛に食べさせ、しっかり草を休ませるデイリーマン61デイリーマン2011
循環型酪農へのアプローチ共著酪農学園大学エクステンションセンター2010
短草利用と放牧地の効率的利用酪農ジャーナル62酪農学園大学エクステンションセンター2009
チモシー主体の放牧地における飼養技術デイリーマン54デイリーマン2004

連絡先
郵便番号081-0038
住所上川郡新得町字新得西5線39番地1
TEL
FAX0156-64-6151
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.