北海道立総合研究機構研究職員データベース

青木 元彦 ( あおき もとひこ )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部作物病虫グループ 
役職主査
資格
研究分野応用昆虫学/昆虫学
キーワード害虫防除/物理的防除/殺虫剤
所属学会日本応用動物昆虫学会/日本昆虫学会/北日本病害虫研究会
自己PR害虫の生態や光や超音波を用いた物理的防除法など、害虫防除に関する研究を行っております。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究(各部)有機栽培・特別栽培で利用可能な光防除技術の開発R3R5
公募型研究有機圧電膜を利用した超音波発信デバイスによる害虫飛来阻止技術の創出R3R3

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第73回北日本病害虫研究会北海道南部地方の無加温温室におけるオオタバコガの越冬の可能性青木元彦北日本病害虫研究会秋田市2020
第63回日本応用動物昆虫学会近年の北海道渡島地方におけるダイズクキタマバエの被害状況と防除時期の検討青木元彦・寺山徹・植松徹日本応用動物昆虫学会つくば市2019
第72回北日本病害虫研究会北海道の夏秋どりイチゴにおける紫外光(UV-B)照射と光反射シートを用いた病害虫防除法の実証青木元彦北日本病害虫研究会盛岡市2019
2015年度日本応用動物昆虫学会・日本昆虫学会共催支部大会2015年の道央・道南地域におけるアワノメイガの発生消長と被害青木元彦日本応用動物昆虫学会・日本昆虫学会北海道支部札幌市2016
第58回日本応用動物昆虫学会北海道におけるイミダクロプリド及びフィプロニル抵抗性イネドロオイムシの発生青木元彦日本応用動物昆虫学会高知市2014

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
枝豆の有機栽培におけるタネバエ及びダイズわい化病被害軽減対策青木元彦北海道立総合研究機構農試集報9739442013
種ばれいしょ圃場周辺に存在するウイルス罹病株の感染源としての危険性青木元彦・佐々木純北海道立農業試験場集報9273782008
種ばれいしょ栽培における茎葉処理後のウイルス感染の可能性青木元彦北海道立農業試験場集報9279802008

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
北海道南部地方で採集したオオタバコガに対する有効薬剤の検索青木元彦北日本病害虫研究会報691251272018
北海道の夏秋どりネギにおけるタマネギバエに対するクロラントラニリプロール・チアメトキサム水和剤の効果青木元彦北日本病害虫研究会報691641672018
北海道におけるイミダクロプリド抵抗性イネドロオイムシ個体群の発生と有効薬剤の検索青木元彦北日本病害虫研究会報651101152015
イチゴ葉縁退緑病を媒介する可能性のあるヒシウンカと北海道における生活史青木元彦・田中穣・成松靖北日本病害虫研究会報621691732011
2010年のテンサイにおける飛来性害虫シロオビノメイガの多発生と効果的薬剤の検討岩崎暁生・青木元彦・妹尾吉晃北日本病害虫研究会報621941982011

技術支援
支援内容対応年外部リンク
害虫診断対応H13~

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
ダイズクキタマバエの発生生態と薬剤防除主著ニューカントリー11北海道協同組合通信社2021
ダイズクキタマバエの発生生態と薬剤防除法主著農家の友10北海道農業改良普及協会2021
北海道の夏秋どりイチゴにおけるUV-B照射と光反射シートによるうどんこ病に対する効果三澤知央・青木元彦北農87(1)公益財団法人 北農会2020
光を利用した害虫防除技術主著グリーンテクノ情報15(3)NPO法人グリーンテクノバンク2019
紫外光照射がハダニ類、うどんこ病防除に効果主著ニューカントリー9北海道協同組合通信社2019

全て表示 連絡先
郵便番号041-1201
住所北斗市本町680番地
TEL0138-77-8116
FAX0138-77-7347
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.