北海道立総合研究機構研究職員データベース

山口 高志 ( やまぐち たかし )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所環境保全部水環境保全グループ 
役職主査
資格博士(地球環境)
研究分野環境学/大気化学/降水化学
キーワード対流圏オゾン/エアロゾル/大気沈着/植物影響/酸性雨・霧・雪
所属学会大気環境学会/日本生態学会
自己PR大気汚染物質として対流圏オゾンや窒素酸化物、硫黄酸化物などのガスとその変化した形態(エアロゾル、霧)による沈着量への影響や植物影響に関する研究を行っています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
科研費PM2.5の健康影響評価と対策立案に対するセンサー技術の展開H28H30
科研費森林源流域から進行する窒素飽和メカニズムの解明と森林炭素蓄積能力への影響評価H27H29
公募型研究山地森林生態系の保全に係わる生物・環境モニタリングH27H29
科研費山地森林の霧水沈着分布と空間不均一性の評価手法の開発H27H29
共同研究弟子屈町における環境モニタリングH26未定

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
IUFRO Tokyo 2017 Forest declining symptom of mountain birch (Betula ermanii) in northern JapanTakayoshi Koike, Makoto Watanabe, Xiaona Wang, Shinpei Tatsuta, Akira Sakuma, Takashi Yamaguchi, Izumi Noguchi and Yasutomo Hoshika Conference Comitee東京2017
第63回日本生態学会仙台大会摩周湖における樹木減少について山口 高志、野口泉日本生態学会仙台2016
第57回大気環境学会年会北海道内積雪内の大気汚染物質の変動について (1988-2016)○山口高志, 野口泉 ,鈴木啓明大気環境学会札幌2016
THE 13TH INTERNATIONAL CONFERENCE ON ATMOSPHERIC SCIENCES AND APPLICATIONS TO AIR QUALITYFog and atmospheric chemistry at the tree decline site on the rim of Lake Mashu 山口高志、野口 泉Conference Comitee神戸2015
第56回大気環境学会年会Fog and atmospheric chemistry at the tree decline site on the rim of Lake Mashu山口 高志、野口泉大気環境学会東京2015

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Tree decline at somma of Lake Mashu in northern JapanTakashi Yamaguchi , Makoto Watanabe , Izumi Noguchi and Takayoshi KoikeAir Pollution Impacts on Plants in East Asia1351502016

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Long-term trends for nitrate and sulfate ions in snowcover on Hokkaido, northern JapanTakashi Yamaguchi, Izumi NoguchiJournal of Agricultural Meteorology7131962012015

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西12丁目
TEL011-747-3521
FAX011-747-3254
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.