北海道立総合研究機構研究職員データベース

昆野 大次 ( こんの だいじ )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部中小家畜グループ 
役職研究主幹
資格博士(農学)/普及指導員
研究分野家畜生理・栄養/飼養管理/飼料利用
キーワード中小家畜/養豚/家きん/めん羊/飼養管理
所属学会日本畜産学会/北海道畜産草地学会/日本養豚学会
自己PRR02年4月より中小家畜グループの研究主幹となりました。
当研究グループでは養豚、家きん、めん羊に対応する業務を担っており、各産業に貢献できるよう取り組みをすすめてまいります。
主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
栄養生理研究会平成30年度秋季集談会乳牛へのしょうゆ油の給与がルーメン内発酵と乳生産に及ぼす影響昆野大次・高橋雅信・大坂郁夫・折橋毅典・酒井清高・世良健司・小原嘉昭家畜栄養生理研究会札幌市2018
日本畜産学会第120会大会乳牛における乾乳期飼養法の違いが飼料摂取量および乳生産に及ぼす影響昆野大次・松井義貴・大坂郁夫・大谷喜永・折橋毅典・寺田文典・中野兼一・小林泰男日本畜産学会江別市2015
日本畜産学会第118回大会牧草サイレージ主体TMR給与におけるDDGSの長期利用が泌乳牛のメタン発生量に及ぼす影響昆野大次・大坂郁夫日本畜産学会茨城県2014
日本畜産学会第116回大会TMRにおける粗飼料品質の違いとDDGS給与が泌乳牛のメタン発生量に及ぼす影響昆野大次・大坂郁夫日本畜産学会広島県2013
北海道畜産学会第66回大会泌乳牛用TMRにおける圧片小麦とビートパルプの混合割合の違いが第一胃内発酵に及ぼす影響昆野大次・大坂郁夫北海道畜産学会札幌市2011

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Effects of ruminal administration of soy sauce oil on functional fatty acids in the rumen, blood and milk of dairy cows Daiji Konno, Masanobu Takahashi, Ikuo Osaka, Takenori Orihashi, Kiyotaka Sakai, Kenji Sera, Yoshiaki Obara, Yasuo KobayashiAnimal Biosciences 34166732021外部リンク
Effect of ruminal administration of soy sauce oil on rumen fermentation, milk production and blood parameters in dairy cows Daiji Konno, Masanobu Takahashi, Ikuo Osaka, Takenori Orihashi, Kiyotaka Sakai, Kenji Sera, Yoshiaki Obara, Yasuo KobayashiAsian-Australasian Journal of Animal Sciences 3311117917862020外部リンク

技術支援
支援内容対応年外部リンク
・中小家畜の飼養管理に係る技術指導

連絡先
郵便番号081-0038
住所上川郡新得町字新得西5線39番地1
TEL
FAX0156-64-6151
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.