北海道立総合研究機構研究職員データベース

佐々木 崇之 ( ささき たかゆき )
所属産業技術環境研究本部食品加工研究センター応用技術部応用技術グループ 
役職研究職員
資格
研究分野水産食品化学
キーワードタンパク質/エキス/冷凍貯蔵
所属学会日本水産学会/日本食品科学工学会/日本冷凍空調学会
自己PR大学在籍時に水産物を貯蔵・加工した時に起こる魚肉中のタンパク質の性状変化とその制御に関する研究を行いました。魚肉が本来もつ特性を十分に理解した上で、水産物の加工・利用に貢献していきたいと考えております。
主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
令和元年度日本水産学会秋季大会エキス濃度の異なるクルマエビ筋肉中の筋原繊維Ca-ATPaseの冷凍貯蔵耐性佐々木崇之・松川雅仁公益社団法人 日本水産学会福井県2019
平成31年度日本水産学会春季大会未洗浄の筋肉ホモジネートを用いたクルマエビ筋原繊維Ca-ATPase活性の測定条件の検討佐々木崇之・松川雅仁公益社団法人 日本水産学会東京都2019
平成30年度日本水産学会春季大会クルマエビ洗浄肉の-20℃貯蔵中に起こる筋原繊維のCa-ATPaseの失活に対する同エビ熱水抽出エキスの保護効果佐々木崇之・松川雅仁公益社団法人 日本水産学会東京都2018
平成30年度日本水産学会春季大会クルマエビ筋肉または単離した筋原繊維の冷凍貯蔵中に起こるCa-ATPase活性の変化の違い佐々木崇之・松川雅仁公益社団法人 日本水産学会東京都2018
The 2nd East Asian Fish Technologist Association Conference Quality improvement of boiled kuruma prawn meat based on characteristic thermal denaturation mode of myofibrillar proteinTakayuki Sasaki・Masahito Matsukawa・Tooru Ooizumi中国2014

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Thermal stability of myosin and protective effect of F‑actin on myosin affect the thermal inactivation of calcium‑ATPase in unstable kuruma prawn myofibrilsTakayuki Sasaki・Masahito MatsukawaFisheries Science8547577652019外部リンク
クルマエビ筋原繊維タンパク質Ca-ATPaseの熱失活様式佐々木崇之・松川雅仁・大泉徹日本水産学会誌8158368422015外部リンク

連絡先
郵便番号069-0836
住所江別市文京台緑町589番地4
TEL011-387-4111
FAX011-387-4664
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.