北海道立総合研究機構研究職員データベース

田辺 智樹 ( たなべ ともき )外部リンク
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ 
役職研究職員
資格博士(環境科学)
研究分野家畜管理学/家畜栄養学/家畜行動学/家畜繁殖学
キーワード哺育牛/初乳/飼養管理/BCS
所属学会日本畜産学会/動物の行動と管理学会/日本ウマ科学会
自己PR新生子牛の初乳給与管理および哺育牛の飼養管理に関する研究を行っています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
公募型研究全血Brix値による新生子牛の受動免疫獲得状況の推定20212021
重点研究北海道の気候に適した牛舎の機械換気システムの開発20212023
受託(独法)研究カウシグナルのスコア化・判定システム開発のための教師データの作成20192021

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本畜産学会第125回大会昼夜放牧飼養されているサラブレッド種育成馬の初期・中期育成期における飼料摂取量および採食時間田辺智樹日本畜産学会神奈川県2019
日本畜産学会第124回大会昼夜放牧飼養したサラブレッド種当歳馬の月齢の進行に伴う粗飼料消化率および血中VFA 濃度の変化田辺智樹日本畜産学会東京都2018
日本畜産学会第123回大会冬季積雪期に昼夜屋外飼養したサラブレッド種育成馬の飼料摂取量田辺智樹日本畜産学会長野県2017
The 17th congress of the Animal Science of the Asian Australasian Society of Animal ProductionThe changes of grazing time, suckling behavior and pasture forage intake by Thoroughbred foalsTomoki TanabeThe Asian Australasian Society of Animal Production福岡県2016
The 49th congress of the International Society for Applied EthologyThe changes of grazing time, moving distance and the distance between individuals for Thoroughbred foals until weaningTomoki TanabeThe International Society for Applied Ethology北海道2015

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
The changes of grazing behavior and locomotion activity per day for stocked Thoroughbred foals with growthTanabe T, Mitani T, Ueda K, Matsui A, Kawai MAnimal Behavior and Management56255622020外部リンク
Application of wearable GPS unit for examining interindividual distances in a herd of Thoroughbred dams and their foals Sato F, Tanabe T, Murase H, Tominari M, Kawai MJournal of Equine Science28113172017外部リンク

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
日本畜産学会 優秀発表賞昼夜放牧飼養したサラブレッド種当歳馬の月齢の進行に伴う粗飼料消化率および血中VFA 濃度の変化2018

連絡先
郵便番号086-1135
住所標津郡中標津町旭ヶ丘7番地
TEL0153-72-2004
FAX0153-73-5329
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.