北海道立総合研究機構研究職員データベース

速水 将人 ( はやみず まさと )
所属森林研究本部林業試験場森林環境部環境グループ 
役職研究職員
資格博士(環境科学)/潜水士
研究分野植物生態学/生態遺伝学/底生生物学/大規模撹乱/人為的撹乱
キーワード繁殖様式/胆振東部地震/地形変化/植生回復
所属学会日本生態学会/日本森林学会/北方森林学会/日本ベントス学会
自己PR北海道胆振東部地震の大規模自然撹乱が森林環境(地形と植生)に与える影響について研究しています。また、人為的撹乱と森林環境との関係についても研究を進めており、1)治山ダムなどの河川横断工作物の設置が周辺の地形や生育する植物種に与える影響、2)治山ダム改良工事の渓流魚への効果検証、3)伐採・草刈りなど森林管理施業がそこに生息する希少種に与える影響、などをテーマにしています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
受託研究北海道胆振東部地震による崩壊斜面における植生回復手法の開発20192022
経常研究治山ダム設置前後の地形・植生変化の効率的な把握手法の検討20192021
公募型研究河川横断工作物の改良による森里川海のつながり再生の影響把握20182020
研究開発推進費北海道胆振東部地震で発生した崩壊地における生育基盤の実態把握20182018
経常研究十勝地域における効果的な内陸防風林更新手法の提案20172019

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
JpGU-AGU Joint meeting 2020Spatiotemporal analysis of topography and vegetation in check dams using RTK-UAV and SfM-MVS photogrammetry Masato Hayamizu, Yasutaka Nakata, Satoshi Hasui, Hajime Sato, Yu Nagasaka, Akiko NagasakaJpGU,AGUVirtual meeting2020
第67回日本生態学会全国大会大規模斜面崩壊直後の地形と植生に迫る観測技術の実態と生態学的展望速水将人・中田康隆・菅井徹人・和田尚之日本生態学会誌上開催2020
第131回日本森林学会全国大会森林火災後の掻き起し地ダケカンバ若齢林の生存状況速水将人・中田康隆・鳥田宏行日本森林学会誌上開催2020
第131回日本森林学会全国大会RTK-UAVを用いた崩壊地斜面における初期の表層動態の観測 中田康隆・速水将人・蓮井聡・佐藤創日本森林学会誌上開催2020
第131回日本森林学会全国大会平成30年北海道胆振東部地震で発生した崩壊斜面の植生基盤評価(速報) 蓮井聡・佐藤創・速水将人・中田康隆日本森林学会誌上開催2020

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
北海道の防風保安林に息づく絶滅のおそれのある野生動植物 ―生息環境と防風林管理の関係 ―速水将人・岩崎健太・新田紀敏・中濵直之光珠内季報19411162020外部リンク
北海道胆振東部地震による北方林の大規模崩壊に直面して―高精度測量用小型ドローンを活用した森林再生への取り組み―速水将人森林科学89562020外部リンク
高精度位置情報の取得 ~低価格2周波GNSS受信機の可能性~蝦名益仁・速水将人・竹内史郎・大野泰之・中田康隆光珠内季報1947102020外部リンク
平成30年北海道胆振東部地震からの森林再生の取り組み蓮井聡・佐藤創・速水将人・中田康隆砂防学会誌72574772020外部リンク
北海道胆振東部地震による森林被害とその対策佐藤創・速水将人・中田康隆グリーントピックス582019外部リンク

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
RTK-UAVを用いた地形変化の観測と応用の可能性:北海道胆振東部地震で発生した森林域の崩壊跡地における検証中田康隆・速水将人・輿水健一・竹内史郎・蝦名益仁・佐藤創景観生態学251印刷中2020
北海道更別村の防風林で絶滅危惧種ヤチカンバ集団を発見.(Discovery of a population of endangered dwarf birch Betula ovalifolia in a shelterbelt at Sarabetsu in Hokkaido, Japan.)速水将人・岩﨑健太・新田紀敏・中濵直之植物研究雑誌(The journal of Japanese botany)9421171222019外部リンク
Intraspecific variation in life history traits of Viola brevistipulata (Violaceae) in Hokkaido.Hayamizu Masato・Hosokawa Ichijitsu・Kimura Osamu・Ohara MasashiPlant Species Biology29185912014外部リンク
Reproductive ecology of Viola mirabilis var. subglabra representing intermediate flowering characteristics between stemless and stemmed ViolaShinohara Yoshinori・Yamagishi Hiroki・Hayamizu Masato・Onishi Ohjiro・Ohara MasashiPlant Species Biology3244324392017外部リンク
Moth floral visitors of the three rewarding orchids Platanthera revealed by interval photography with a digital camera.Suetsugu Kenji・Hayamizu MasatoJournal of Natural History48110311092014外部リンク

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
国内希少野生動植物アサマシジミ北海道亜種の現状に関する講師2019~外部リンク
防風林に生息する希少種(絶滅危惧種・国内希少野生動植物)情報共有2019~

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
日本生態学会北海道地区会, 若手研究奨励賞オオバキスミレにおける繁殖戦略の種内変異2013
種生物学会, ポスター賞オオバキスミレにおける繁殖戦略の種内変異−開放花・閉鎖花形成パターンの集団間比較−2012
第59回日本生態学会EAFES国際学会合同大会, Excellent Poster AwardIntraspecific variation in life history traits of Viola brevistipulata (Violaceae) in Hokkaido.2012
北方森林学会学生ポスター賞(共同受賞)高齢級トドマツ人工林と広葉樹天然林における落葉の窒素無機化の比較2019

連絡先
郵便番号079-0198
住所美唄市光珠内町東山
TEL0126-63-4164
FAX0126-63-4166
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.