北海道立総合研究機構研究職員データベース

藤井 貴志 ( ふじい たかし )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部生物工学グループ 
役職研究主任
資格博士(農学)/家畜人工授精師(牛)
研究分野家畜繁殖学/動物生殖工学
キーワード胚移植/体外受精/遺伝学的検査/凍結保存/ゲノミック評価
所属学会日本繁殖生物学会/日本畜産学会/北海道牛受精卵移植研究会/日本胚移植技術研究会/International Embryo Technology Society
自己PRウシ胚移植技術の高度化に関する研究を行っています。特に、ウシ精子および胚の凍結保存技術や着床前遺伝子診断技術に関する研究に重点的に取り組んでいます。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
受託(民間)研究牛受精卵ゲノム選抜技術の高度化に関する研究R3R4
受託(独法)研究牛体外受精胚に関する研究R2R4

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第114回日本繁殖生物学会大会ウシ体内生産胚および体外受精胚における遺伝子発現の比較解析藤井貴志日本繁殖生物学会WEB開催(京都大学)2021
令和2年度受精卵移植関連新技術全国会議黒毛和種における着床前ゲノム選抜に関する研究藤井貴志農研機構、家畜改良センターWEB開催2021
第4回日本胚移植技術研究大会黒毛和種における着床前ゲノム選抜技術の実証試験藤井貴志日本胚移植技術研究会WEB開催(鳥取県)2021
第113回日本繁殖生物学会大会割球分離法を活用したウシ体外受精胚における着床前ゲノム選抜技術の検討藤井貴志日本繁殖生物学会WEB開催(東北大学)2020
45th IETS meetingEvaluation of the genomic estimated breeding value of carcass traits in blastocyst-stage embryos derived from Japanese Black cattle藤井貴志IETSアメリカ合衆国ルイジアナ州ニューオーリンズ2019

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Potential of preimplantation genomic selection using the blastomere separation technique in bovine in vitro fertilized embryosFujii T, Naito A, Moriyasu S, Kageyama SJ Reprod Dev6721551592021外部リンク
Potential of preimplantation genomic selection for carcass traits in Japanese Black cattle.Fujii T, Naito A, Hirayama H, Kashima M, Yoshino H, Hanamure T, Domon Y, Hayakawa H, Watanabe T, Moriyasu S, Kageyama SJ Reprod Dev6532512582019外部リンク
Expression and localization of aquaporins 3 and 7 in bull spermatozoa and their relevance to sperm motility after cryopreservation.Fujii T, Hirayama H, Fukuda S, Kageyama S, Naito A, Yoshino H, Moriyasu S, Yamazaki T, Sakamoto K, Hayakawa H, Takahashi K, Takahashi Y, Ken Sawai KJ Reprod Dev6443273352018外部リンク
Production of calves by the transfer of cryopreserved bovine elongating conceptuses and possible application for preimplantation genomic selection.Fujii T and Hirayama H, Naito A, Kashima M, Sakai H, Fukuda S, Yoshino H, Moriyasu S, Kageyama S, Sugimoto Y, Matsuyama S, Hayakawa H, Kimura KJ Reprod Dev6354975042017外部リンク
Changes in the expression patterns of the genes involved in the segregation and function of inner cell mass and trophectoderm lineages during porcine preimplantation development.Fujii T, Sakurai N, Osaki T, Iwagami G、Hirayama H, Minamihashi A, Hashizume T, Sawai KJ Reprod Dev5921511582013外部リンク

全て表示
著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
普及と研究が連携した受胎率向上技術の経済効果試算方法山岸修一、藤井貴志、森安悟、陰山聡一、平山博樹、片桐成二農業普及研究第43号北海道農業普及学会2017
乳牛の子宮内膜上皮成長因子(EGF)濃度を指標にした受胎性評価とその治療による経済効果山岸修一、藤井貴志、森安悟、陰山聡一、平山博樹、片桐成二畜産の研究第70巻第3号養賢堂2016

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
The JRD Outstanding Paper Award 2017Production of calves by the transfer of cryopreserved bovine elongating conceptuses and possible application for preimplantation genomic selection2018

連絡先
郵便番号081-0038
住所上川郡新得町字新得西5線39番地1
TEL
FAX0156-64-6151
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.