北海道立総合研究機構研究職員データベース

古田 智絵 ( ふるた ともえ )
所属産業技術環境研究本部食品加工研究センター食品開発部食品開発グループ 
役職研究職員
資格
研究分野水産食品
キーワード水産食品/食品加工
所属学会日本水産学会
自己PR近年は、水産物の臭気評価、道東産のイワシ・サバの高度利用に関する研究を行っています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究道東産マイワシ・サバ類の消費拡大を目指した高度加工技術の開発20172019
重点研究魚貝類の加工・保存に伴う「におい」発生要因の解明と抑制技術の開発20152017

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
平成29年度第1回食品加工技術講習会「ライフスタイルの変化に対応する食品加工技術の展開」現代の消費者が求める水産食品とは?-魚を「手軽に」「おいしく」食べるための技術開発-古田智絵2017
平成29年度日本水産学会北海道支部大会早採りマコンブのペースト製法と品質改良について武田忠明・三上加奈子・菅原 玲・成田正直・飯田訓之・辻 浩司・小玉裕幸・蛯谷幸司・佐々木茂文・古田智絵・吉川修司公益社団法人 日本水産学会2017
平成29年度日本水産学会春季大会多変量解析を用いたホタテ貝冷凍貝柱の臭気評価古田智絵・吉川修司・五十嵐俊成公益社団法人 日本水産学会2017
平成28年度日本水産学会秋季大会凍結解凍に伴うホタテガイ冷凍貝柱の臭気変化古田智絵公益社団法人 日本水産学会2016
平成28年度水産利用関係研究開発推進会議 利用加工技術部会研究会凍結解凍に伴うホタテガイ冷凍貝柱の臭気変化古田智絵・吉川修司・成田正直・宮崎亜希子2016

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Structural properties of phycoerythrin from dulse palmaria palmataY.Miyabe, T.Furuta, T.Takeda, G.Kanno, T.Shimizu, Y.Tanaka, Z.Gai, H.Yasui, H.Kishimura Journal of Food Biochemistry411e123012017
5℃で保蔵した生鮮ホタテガイの官能評価と臭気成分成田正直,古田智絵,宮崎亜希子,佐藤暁之,清水茂雅,蛯谷幸司,佐々木茂文日本食品科学工学会誌64266732017
Angiotensin I converting enzyme inhibitory peptides derived from phycobiliproteins of dulse Palmaria palmataT.Furuta, Y.Miyabe, H.Yasui, Y.Kinoshita, H.KishimuraMarine Drugs 141102016
著しく脆弱な物性を呈するボイルナマコ製品の性状成田正直,水田尚志,若林克典,宮崎亜希子,佐藤暁之,清水茂雅,古田智絵,辻 浩司日本水産学会誌8158498512015
高グリコーゲン含量のホタテガイから製造した乾貝柱の性状について成田正直・清水茂雅・宮崎亜希子・佐藤暁之・古田智絵・辻浩司水産技術7145472014

連絡先
郵便番号069-0836
住所江別市文京台緑町589番地4
TEL011-387-4111
FAX011-387-4664
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.