北海道立総合研究機構研究職員データベース

及川 雅稔 ( おいかわ まさのり )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所 
役職所長
資格
研究分野製品デザイン/人間中心設計/デザインマネジメント/ブランドデザイン
キーワードデザイン支援ツール/地域ブランド/ゲーミングシミュレーション
所属学会日本デザイン学会/日本感性工学会/人間中心設計機構/日本シミュレーション&ゲーミング学会/北海道デザインマネジメントフォーラム
自己PR これまで地場中小企業に対するデザイン開発支援、支援技術の高度化を目的としたデザイン関連の試験研究などに従事。 具体的には、デザイン開発基盤技術の研究として、3次元CADを活用したデザイン開発、情報機器・システムのユーザビリティ向上、人間中心設計プロセスの実践、製品コンセプトづくり支援、感性工学のデザイン開発への応用と言ったテーマに係わってきました。 また、特定の製品等の分野に係るデザイン開発研究として、自然な声を実現する電気式人工喉頭のデザイン開発、洗車関連機器のデザイン開発、歩行者用砂箱のデザイン開発などに携わり、その多くが商品化されています。 近年は、デザインマネジメントやデザイン活用によるブランドづくりの重要性を強く意識し、この分野での研究テーマに係わっています。2008年には、デザイン活用に関心のある道内企業等のデザインマネジメント力の向上をねらいとする研究会「北海道デザインマネジメントフォーラム」を産学官のメンバー有志数名と立ち上げ、精力的に活動を展開中。地域の優れたデザイン参謀の育成と相互交流を促す中核拠点を目指しています。
主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本デザイン学会春季大会デザイン活用における成熟度モデルの提案及川雅稔日本デザイン学会札幌市2012
経営イノベーション第3回セミナーデザインが誘発するイノベーション及川雅稔北海道中小企業家同友会札幌市2010
技術移転フォーラム2010 北海道立総合研究機構 工業試験場 成果発表会中小製造業における戦略的デザイン活用支援ツールの開発及川雅稔北海道立総合研究機構 産業技術研究本部 工業試験場札幌市2010
特産品のブランド化にむけてセミナー地域ブランドづくり、正しい理解がスタートです及川雅稔後志支庁倶知安町2010
地域ブランドセミナーin渡島地域ブランドづくりのためのデザイン活用及川雅稔北海道経済部函館市2010

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
中小製造業における戦略的デザイン活用支援ツールの開発及川雅稔・日高青志・万城目聡・細谷多聞・酒井正幸・浜田良樹・金子友海北海道立総合研究機構工業試験場報告No.30930977962010
製品コンセプト設計支援技術に関する研究日高青志・及川雅稔・安河内義明北海道立工業試験場報告No.306306951072007
観光情報システム・機器のコンセプト開発 : 「ニーズ強度に基づくユーザー体験シナリオ生成手法」と「コミュニケーション支援システムのための要求抽出手法」の活用及川雅稔デザイン学研究・研究発表大会概要集2005/05/30522342352005
タスク分析による要求抽出を導入したデザイン開発 : 重度障害児用チェアスキーのプロトタイプ開発を事例として及川雅稔・金児信男設計工学・システム部門講演会講演論文集2005/08/02153563592005
感性工学のデザイン開発への応用に関する研究及川雅稔・日高青志・万城目聡北海道立工業試験場報告No.3022003

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
顧客やユーザの感性を意識した地域でのものづくり実践及川 雅稔感性工学6424302006

技術支援
支援内容対応年外部リンク
車両乗降補助装置のデザイン開発支援2007
農業機械製品ラインナップへの戦略的デザイン導入2006
ユーザリサーチを活用した新製品開発(有酸素運動促進マスク)2006
自社製品への戦略的なデザイン導入と活用2005
重度障害児用チェアスキーのプロトタイプ開発2003

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
地域ブランドづくりのためのデザイン・IT活用ガイドの概要主著開発こうほうNo.564(財)北海道開発協会2010
ホロニックデザイン--イノベーションを誘発する新たなアプローチ主著産業立地No.48日本立地センター2009
地域ブランドづくりのためのデザイン・IT活用ガイド共著北海道2009
HCDハンドブック「3.4 福祉機器を設計する-重度障害児用チェアスキーの設計-」主著丸善2006
自然な『声』を実現する電気式人工喉頭の製品化まで共著ほっかいどう政策研究No.10北海道自治政策研修センター政策研究室2000

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
防滑材収納箱特許権4080368
防滑材収納箱意匠権1207613
防滑材収納箱意匠権1208029
防滑材収納箱意匠権1341662

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
ものづくり日本大賞優秀賞抑揚を制御できる電気式人工喉頭(ユアトーン)の商品化2007
平成11年度北海道職員表彰(発明発見表彰)自然な『声』を実現する電気式人工喉頭の製品化1999
1998通産省グットデザイン賞電気式人工喉頭「ユアトーン」1998
中小企業優秀新技術・新製品賞 優良賞電気式人工喉頭「ユアトーン」1998

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西12丁目
TEL011-747-3521
FAX011-747-3254
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.