北海道立総合研究機構研究職員データベース

渡辺 一郎 ( わたなべ いちろう )
所属森林研究本部林業試験場森林経営部経営グループ 
役職主任主査
資格車両建設機械運転技能
研究分野森林利用学/森林生態学
キーワード森林経営/林業機械/作業システム/林床植生/シナノキ
所属学会日本森林学会/森林利用学会/日本生態学会
自己PR森林生態系(林床植生、野鳥、埋土種子やシナノキの生態)から森林利用(林業機械作業システム、バイオマス利用)まで幅広く興味を持っています。一見して相反する分野ですが、私の中では矛盾なく共存しています。特に,現在は林業機械を活用した林業作業システムの調査に重点的に取り組んでいます。
主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第128回日本森林学会大会小型自走式草刈機の林地導入への可能性渡辺一郎,八坂通泰,対馬俊之,巻口公治,寺島幸弘,山田健,佐々木尚三日本森林学会鹿児島市2017
第127回日本森林学会大会緩傾斜地における機械地拵えの功程とコストおよびその効果渡辺一郎,酒井明香,寺田文子日本森林学会藤沢市2016
第65回北方森林学会大会保残伐施業(REFRESH)におけるトドマツ人工林伐採功程への影響渡辺一郎,対馬俊之北方森林学会札幌市2016
第126回日本森林学会大会カラマツ主伐林分におけるバイオマス収集対応型フォワーダの生産性(速報)渡辺一郎、酒井明香、北畠琢郎日本森林学会札幌市2015
先進林業機械を活用した作業システム現地検討会BEAVERを活用した作業システム実証試験報告渡辺一郎網走西部流域森林・林業活性化協議会、佐藤木材工業(株)、(株)自然作業研究所紋別市2011

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
北海道における育林作業機械化の現状と展望渡辺一郎森林科学80692017
自走式刈り払い機の林地導入の可能性渡辺一郎機械化林業7689142017
北海道における林業機械化の特徴渡辺一郎グリーンテクノ情報5230332017
オーストリアの小さな山村でのバイオマス地域温熱利用システム渡辺一郎ほか北方林業78314172014
最新型ホイール型ハーベスタ(PONSSE Beaver H60e)の期待される生産性渡辺一郎機械化林業69835402012

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
森林作業道を活用した欧州製ホイール式ハーベスタとフォワーダによる作業システムの生産性渡辺一郎,木幡靖夫,佐々木尚三森林利用学会誌31121252016
ウダイカンバ二次林での間伐効果と樹冠衰退渡辺一郎・寺澤和彦・八坂通康・梅木 清北海道林業試験場研究報告3955682002
トドマツ人工林における間伐が広葉樹の天然下種更新に及ぼす影響今 博計・渡辺一郎・八坂通泰日本森林学会誌8963954002007
Variation in seed production among years and among individuals in 11 broadleaf tree species in northern Japan八坂通泰・滝谷美香・渡辺一郎・大野泰之・水井憲雄Journal of Forest Research1383882008

技術支援
支援内容対応年外部リンク
低コスト施業に係る技術指導(石狩)2012
各種研修での技術指導(5件)2011
先進林業機械導入に係る技術指導(A事業体・B事業体・鶴居村森林組合)2010・2011・2012
林業機械作業システム構築に係る技術指導(13市町村)2009・2010・2011
作業路網と林業機械作業システムの技術指導(C事業体・NPO団体)2009・2010・2011

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
長伐期林を解き明かす共著林業改良普及双書2006
北海道森林物語共著北方林業会2005
食品加工総覧共著農山漁村文化協会2003
おもしろい森の生き物の話共著北海道林業改良普及協会2002

連絡先
郵便番号079-0198
住所美唄市光珠内町東山
TEL0126-63-4164
FAX0126-63-4166
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.