北海道立総合研究機構研究職員データベース

釣賀 一二三 ( つるが ひふみ )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所自然環境部生物多様性保全グループ 
役職研究主幹
資格獣医師/博士(獣医学)
研究分野野生動物保護管理/生態学/分子生物学
キーワードヒグマ/生息密度/遺伝的多様性/被害防除
所属学会日本哺乳類学会/日本獣医学会/日本野生動物医学会/International Bear Association/日本クマネットワーク
自己PRヒグマの保護管理に関わる調査・研究を行っています。近年は、遺伝子分析技術を用いて、体毛試料などからの個体識別や遺伝的多様性の解析などを実施しています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究ヒグマの生息およびあつれき動向の把握に関する研究20172021
経常研究痕跡試料を用いたヒグマ個体識別法の確立20172019
共同研究札幌市内に出没するヒグマに関する研究20172017
公募型研究ロシア極東部に同所的に生息するツキノワグマとヒグマの種間関係と保全に関する研究20132017

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本哺乳類学会2017年度大会農業被害を及ぼすヒグマが移動に利用する環境の解析釣賀一二三ほか5名日本哺乳類学会富山市2017
24th International Conference on Bear Research & ManagementUtilization of UAV for brown bear damage detection at corn fields in Hokkaido, JapanHifumi Tsuruga et al.International Association for Bear Research & Managementアンカレッジ市(アメリカ)2016
日本哺乳類学会2016年度大会農地で採取したヒグマ食痕を用いた遺伝子分析による個体識別法に関する検討(予報)釣賀一二三・近藤麻実日本哺乳類学会つくば市2016
Vth International Wildlife Management CongressShift in Focus of Brown Bear Management in Hokkaido: From a Region to the Whole Island, in Response to the Increasing ConflictHifumi Tsuruga日本哺乳類学会・アメリカ野生生物管理学会札幌市2015
Vth International Wildlife Management CongressApplying a Brown Bear Density Estimation Method Using Hair Samples and a Spatially Explicit Mark‐Recapture Model to a Moderately Dense Local Population in HokkaidoHifumi Tsuruga et al.Hifumi Tsuruga日本哺乳類学会・アメリカ野生生物管理学会札幌市2015

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
3-5 現地調査の実施と生息密度の推定釣賀一二三・近藤麻実・深澤圭太平成23~25年度重点研究報告書「環境情報得を活用した遺伝子マーカーによる個体識別を用いたヒグマ生息密度推定法の開発」55662012
3-4 自動撮影装置を用いたヒグマによる送電線施設用地利用状況の把握釣賀一二三重点領域特別研究「ヒグマとのあつれき回避のための研究(ヒグマ出没ハザードマップ作成に関する研究)」研究報告書34362011
3-3 GPS装置を用いた農地周辺を利用するヒグマの行動追跡釣賀一二三・石田千晶重点領域特別研究「ヒグマとのあつれき回避のための研究(ヒグマ出没ハザードマップ作成に関する研究)」研究報告書23332011
(2)の1 研究結果:積丹・恵庭(石狩西部)地域ヒグマ個体群の遺伝的多様性の評価釣賀一二三・間野勉・近藤麻実重点領域特別研究「北海道生物多様性保全モニタリングに関する研究」研究報告書1671762011

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
ヒグマの体毛の採取効率はヘア・トラップの立地条件から影響を受けるか?―北海道南西部渡島半島での調査結果を用いた検討―寺田文子・釣賀一二三・長坂晶子・近藤麻実・深澤圭太哺乳類科学5722973062017
Estimation of reproductive parameters and their annual variation in brown bears of Hokkaido, JapanJun Moriwaki, Michito Shimozuru, Hifumi Tsuruga, Tsutomu Mano and Toshio TsubotaUrsus272991092016
Adaptive management of the brown bear population in Hokkaido, JapanUmika Ohta, Marko Jusup, Tsutomu Mano, Hifumi Tsuruga, Hiroyuki MatsudaEcological Modelling24220272012
北海道渡島半島地域におけるヘア・トラップ調査の実施例釣賀一二三哺乳類科学4811191232008
北海道渡島半島におけるヒグマ保護管理計画とモニタリング釣賀一二三・間野勉哺乳類科学481911002008

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
ヒグマ被害防除に係る技術指導
エゾシカライトセンサス調査に係る技術指導

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
オホーツクの生態系とその保全分担執筆北海道大学出版会2013
日本のクマ分担執筆東京大学出版会2011
渡島半島地域におけるヒグマの保護管理とモニタリング共著獣医畜産新報64文永堂出版2011
野生動物の研究と管理技術文永堂出版2001

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西12丁目
TEL011-747-3521
FAX011-747-3254
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.