北海道立総合研究機構研究職員データベース

上野 真由美 ( うえの まゆみ )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所自然環境部生物多様性保全グループ 
役職主査
資格農学博士/獣医師
研究分野野生動物管理学/個体群生態学/人口動態
キーワードエゾシカ/保護管理/個体数推定/捕獲/狩猟管理
所属学会哺乳類学会/エゾシカ協会/日本生態学会
自己PR社会との軋轢が大きいエゾシカやアライグマを適切に管理するため、個体数や人口動態といった個体群生態学的研究を行っています。また、野生動物管理の仕組みや運用面に関する社会科学的検討も行っています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究エゾシカ総合対策事業H29H33
経常研究エゾシカ経常研究(地域管理)H9H30
重点研究牧草被害低減と利活用率向上に向けたエゾシカ捕獲技術の確立H30H32
経常研究生物多様性からみた農村地域における農耕地以外の自然環境の現状と評価に関する研究H29H31
共同研究白糠町におけるエゾシカ資源有効活用に関する研究H27H29

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本生態学会エゾシカの捕獲対策を統括する行政単位は?上野真由美日本生態学会 札幌2018
日本哺乳類学会 モバイルカリングから見える捕獲事業の可能性と課題上野真由美日本哺乳類学会 富山2017
日本哺乳類学会 高密度ニホンジカ個体群の不安定な動態:密度と冬季気象の影響上野真由美,飯島勇人,竹下和貴,高橋裕史,吉田剛司,上原裕世,伊吾田宏正,松浦友紀子,池田敬,東谷宗光,梶光一日本哺乳類学会 筑波2016
日本哺乳類学会 北海道の事例:単純なモデルでも個体数や増加率が推定できないこともある?上野真由美日本哺乳類学会岡山2013

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
ノルウェーにおけるシカ類の管理と有効活用システムの調査研究.上野真由美環境科学研究センター所報573782015

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Robustness of adult female survival maintains a high-density sika deer (Cervus nippon) population following the initial irruptionH. Iijima, K. Takeshita, H. Takahashi, T. Yoshida, H. Uehara, H. Igota, Y. Matsuura, T. Ikeda, M. Azumaya and K.KajiWildlife Research431431542018
モバイルカリングから見える捕獲事業の可能性と課題上野真由美,稲富佳洋,宇野裕之,明石信廣,南野一博森林防疫677152018
Performance of hunting statistics as spatiotemporal density indices of moose (Alces alces) in NorwayUeno M, Solberg E.J., Iijima H, Rolandsen C.M., Gangsei L.E. Ecosphere51202014
Culliing versus density effects in management of a deer populationUeno M・Kaji K・Saitoh TJournal of Wildlife Management74147214832010

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
第1章 個体群の密度依存性共著梶光一・飯島勇人編:日本のシカ 増えすぎた個体群の科学と管理東京大学出版会2017

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西12丁目
TEL011-747-3521
FAX011-747-3254
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.