北海道立総合研究機構研究職員データベース

清水 洋平 ( しみず ようへい )
所属水産研究本部栽培水産試験場栽培技術部 
役職部長
資格魚類防疫士/博士(理学)
研究分野水産増養殖学/分子系統学/分子生物学/免疫学
キーワード二枚貝養殖/魚類養殖/増養殖/ビジネスモデル/地域特産化
所属学会
自己PR日本海の漁港を利用した二枚貝の養殖システムを開発しています。分子生物学・組織学的手法も得意です。
魚類養殖に関する研究を始めます。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
重点研究日本海海域における漁港静穏域二枚貝養殖技術の開発と事業展開の最適化に関する研究H28H31
国庫受託新技術による地場採苗を活かしたマガキ養殖システムの開発H27H28
国庫受託地域特産化をめざした二枚貝垂下養殖システムの開発H24H26
奨励事業次世代型二枚貝幼生判別技術の開発H22H23
受託研究日本海ホタテガイ採苗不振対策事業(浮遊幼生判別技術の高度化)H21H23

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本水産学会北海道支部大会公開講座増養殖の話~新しい地域特産品をつくる清水洋平日本水産学会札幌市2019年
全道青年・女性漁業者交流大会漁港静穏域を利用したムールガイの養殖技術の開発及び地域と連携した販売計画について清水洋平北海道・北海道漁業協同組合連合会札幌市2019年
ヒューマンインターフェースシンポジウム2017TouchDeMeasure:タッチ教示を用いた画像計測支援ツール榎本洸一郎・戸田真志・川崎琢真・清水洋平ヒューマンインターフェース学会大阪府2017年
日本水産学会北海道支部大会免疫染色法によるシシャモ仔稚魚の判別技術開発川崎琢真・清水洋平・石田良太郎・中田訓彰・平松尚志・東藤孝日本水産学会網走市2015
日本水産学会大会北海道におけるイワガキ種苗生産に関する研究川崎琢真・清水洋平・岩佐睦日本水産学会函館市2014
日本水産学会大会北海道におけるイワガキ種苗生産に関する研究川崎琢真・清水洋平・岩佐睦日本水産学会函館市2014
日本水産増殖学会北海道産アカザラガイの人工種苗生産に関する研究川崎琢真・清水洋平・森立成・金森誠・奥村裕弥日本水産増殖学会鹿児島県2013
日本水産増殖学会胎生魚クロソイの人工授精川崎琢真・清水洋平・森立成・齊藤節雄日本水産増殖学会鹿児島県2013
2012年度日本水産学会春季大会北海道日本海南部海域におけるキツネメバルの遺伝的多様性と人工種苗放流の影響清水洋平・川崎琢真・高畠真一日本水産学会東京都2012年
日本動物学会第82回旭川大会一般公開なにげない魚や貝の不思議なはなし清水洋平・川崎琢真日本動物学会第82会大会実行委員会旭川市2011年
平成22年度日本水産学会北海道支部大会シンポジウムホタテガイ漁業を支える新技術について-幼生を判別する新技術について清水洋平日本水産学会北海道支部室蘭市2010年
2010年度日本水産学会春季大会免疫染色法によるホタテガイ幼生の判別技術開発-Ⅱ清水洋平・岩井俊治・高畠信一・山下正兼日本水産学会神奈川県2010年
日本動物学会第55回北海道支部大会北海道で放流されたヒラメ人工種苗の遺伝的多様性清水洋平・高畠信一・佐藤一・西村勉・小林聡・表谷光剛・渡邊郁夫・柳澤三朗日本動物学会北海道支部函館市2009年
2009年度日本水産学会春季大会免疫染色法によるホタテガイ幼生の判別技術開発清水洋平・岩井俊治・高畠信一・山下正兼日本水産学会東京都2009年

5件表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
北海道日本海南部海域におけるムール貝養殖技術開発と事業化に関する研究清水洋平・宮園章・菅原玲・成田正直海洋と生物4322082152021
ホタテガイ分布調査に有効な免疫染色技術の実用的改善清水洋平・狩野俊明・成田伝彦・板倉祥一・榎本洸一郞・戸田真志・川崎琢真・高畠信一・岩井俊治・山下正兼北水試研究報告89182016
ホタテガイ幼生分布調査現場への普及に向けた免疫染色技術の簡易化清水洋平・川崎琢真・高畠信一・岩井俊治・山下正兼北水試研究報告8793962015
免疫染色法を応用したホタテガイ幼生判別技術の開発清水洋平・川崎琢真・高畠信一海洋と生物3633413472014
北海道周辺沿岸海域において産卵するニシン(Clupea pallasii)のmtDNAを用いた集団構造の検討清水洋平・髙橋洋・高柳志朗・堀井貴司・山口幹人・田中伸幸・田園大樹・瀧谷明朗・川崎琢真・高畠信一・藤岡崇・三宅博哉北水試研究報告941402018

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
ホタテガイ幼生簡易同定に用いる高特異的ポリクローナル抗体の作製清水洋平・岩井俊治・高畠真一・川崎琢真・山下正兼水産技術7131362014
有珠湾におけるアサリ人工種苗の中間育成清水洋平・板倉祥一・川崎琢真・菊池亜衣子・井上志乃水産技術931191242017
水産資源管理のためのユーザ支援型画像計測システムの提案榎本洸一郎・戸田真志・清水洋平・宮崎義弘・吉田眞也動的画像処理実利用化ワークショップ(DIA2015)CD-ROM42015
Development of artificial insemination techniques for viviparous black rockfish (Sebastes schlegelii)Takuma Kawasaki, Yohei Shimizu, Tatsunari Mori, Naoshi Hiramatsu and Takashi TodoAquacultuer Science65173822017
吸光光度計を利用した餌料用微細藻培養密度の簡易推定法川崎琢真・清水洋平・多田匡秀水産技術9127312017
Growth and maturation in hatchery-reared Pacific herring Clupea pallasii.Yohei Shimizu・Shin-ichi Takabatake・Nobukazu Sato・Takashi FujiokaWater life biology, resources status and condition of inhabitation in Sakhalin-Kuril region and adjoining water areas73984082005
Production of diploid eggs through premeiotic endomitosis in the hybrid medaka between Oryzias latipes and O. curvinorusYohei Shimizu・Naoki Shibata・Mitsuru Sakaizumi・Masakane Yam,ashitaZoological Science179519582000
Differential expression of cyclins B1 and B2 during medaka (Oryzias latipes) SpermatogenesisKoichi Mita・Takayuki Ohbayashi・Kenichi Tomita・Yohei Shimizu・Tomoko Kondo・Masakane YamashitaZoological Science173653742000
Requirement of protamine for maintaining nuclear condensation medaka (Oryzias latipes) sermatozoa shed into water but not for promoting nuclear condensation during spermatogenesisYohei Shimizu・Koichi Mita・Masaru Tamura・Kazuo Onitake・Masakane YamashitaJournal of Developmental Biology441951992000
Spermatogenesis without preceding meiosis in the hybrid medaka between Oryzias latipes and O. curvinotusYohei Shimizu・Naoki Shibata・Masakane Yam,ashitaThe Journal of Experimental Zoology2791021121997

5件表示
受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
全国場長会長賞北海道日本海南部海域におけるムール貝養殖技術の開発と事業化に関する研究2020
職員表彰(研究・発明発見)理事長賞日本海海域における漁港静穏域二枚貝養殖技術の開発と事業展開の最適化に関する研究2020
職員表彰(研究・発明発見)理事長賞免疫染色を応用したホタテガイ幼生判別技術の開発2017
全国場長会長賞免疫染色法を応用したホタテガイ幼生判別技術の開発2013
奨励賞(ヒューマンインターフェースシンポジウム2017)TouchDeMeasure:タッチ教示を用いた画像計測支援ツール2017

全て表示
連絡先
郵便番号051-0013
住所室蘭市舟見1丁目156番3号
TEL0143-22-2320
FAX0143-22-7605
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.