北海道立総合研究機構研究職員データベース

橋渡 携 ( はしど たずさ )
所属産業技術環境研究本部食品加工研究センター食品開発部発酵食品グループ 
役職主任主査
資格
研究分野微生物利用技術  /発酵醸造技術
キーワード酵母 /乳酸菌/マロラクティック発酵
所属学会日本ブドウ・ワイン学会
自己PR発酵食品中の有用微生物(酵母、乳酸菌など)の検索を行ってきました。近年は、北海道が寒冷地であることに着目し、低温耐性能を持つ有用微生物の探索に力を入れています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究北海道独自の赤ワイン醸造用酵母を活用したワイン製造技術の開発R2(2020)R4(2022)
経常研究ワインの香りに特徴をもたらす醸造用道産酵母を用いたワイン製造技術の開発H28(2016)H30(2018)

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本ブドウ・ワイン学会(ASEV JAPAN) 2009年度大会寒冷地に適したマロラクティック発酵乳酸菌の選抜と試験醸造橋渡携・山岸賢三・内藤彰彦・中林司・橘信孝・高橋克幸・長島浩二ASEV 日本ブドウ・ワイン学会広島県2009

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Lactobacillus plantarum WCFS1 の低温、低pH環境での遺伝子発現解析八十川大輔・橋渡携北海道立総合研究機構 食品加工研究センター 研究報告第9号5122011
道産小麦の特徴を活かした高付加価値食品の開発橋渡携・山木一史北海道立総合研究機構 食品加工研究センター 平成22年度事業報告 平成23年度事業計画892011
DNAマイクロアレイを用いたワイン熟成制御技術のための基礎的研究八十川大輔・橋渡携北海道立総合研究機構 食品加工研究センター 平成22年度事業報告 平成23年度事業計画20212011

技術支援
支援内容対応年外部リンク
微生物に関する依頼分析
発酵食品・発酵飲料に関する技術支援
食品工場の衛生管理に関する技術支援

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
特許権低温および低pHで働く新規マロラクティック発酵乳酸菌とこれを用いた飲食品および製造方法特願2008-113157

連絡先
郵便番号069-0836
住所江別市文京台緑町589番地4
TEL011-387-4111
FAX011-387-4664
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.