北海道立総合研究機構研究職員データベース

木村 稔 ( きむら みのる )
所属水産研究本部 
役職本部長
資格博士(水産学)/技術士(水産部門)
研究分野水産加工/食品衛生
キーワード鮮度/品質/微生物/タンパク質/未利用資源
所属学会日本水産学会
自己PR研究開発に関するご要望、技術相談等ありましたら、お気軽にご相談ください。
主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
北日本漁業経済学第47回大会本道水産業をめぐる水産試験研究の歩みと今後の課題・展望木村 稔北日本漁業経済学会札幌2018
平成19年度日本水産学会大会給餌飼育で毒化したホタテガイの麻痺性貝毒成分組成木村 稔、嶋田 宏、三上加奈子日本水産学会東京2007
平成18年度日本水産学会北海道支部大会ホッコクアカエビの死後変化について木村 稔、三上加奈子、阪本正博日本水産学会札幌2006
第4回 日本機能水学会学術大会市民公開講座-水産物の腸炎ビブリオ対策-木村 稔日本機能水学会函館市2005
平成16年日本水産学会大会電解海水によるウニの除菌効果について木村 稔、三上加奈子、干川 裕、森 立成、笠井久会、吉水 守日本水産学会東京2004
平成15年度水産学会北海道支部大会ウニと漁場環境における腸炎ビブリオの季節変化について木村 稔、三上加奈子、干川 裕、山口敬治、吉水 守日本水産学会函館市2003

5件表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
生鮮水産物の鮮度保持木村 稔育てる漁業2009
ホタテガイ貝柱の品質保持に関する研究木村 稔北水試研報651472003
ホタテ加工場における危害分析及び衛生管理に関する調査研究武士甲一、熊田洋行、小村哲生、木村 稔道衛研所報5237442002

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Effectiveness of biological filter media derived from sea urchin skeletonsMasaki Akino・Shingo Aso・Minoru KimuraFisheries Science8159239272015
Toxin profile of Alexandrium tamarense (Dinophyceae) from Hokkaido, northern Japan and southern Sakhalin, eastern RussiaHiiroshi Shimada・Irina Victorovna Motylkova・Tatyana Alexandrovna Mogilnikova・Kanako Mikami・Minoru KimuraPlankton & Benthos Reserch6135412011
電解海水を用いた蓄養によるVibrio parahaemolyticus除菌効果について 木村 稔、三上加奈子、干川 裕、森 立成、笠井久会、吉水 守 日本水産学会誌 721152006
ホタテガイ貝柱成分の季節変化木村 稔、今村琢磨、成田正直、潮 秀樹、山中英明 日本水産学会誌 68172772002
ホタテガイ生鮮貝柱の硬化発現の季節変化木村 稔、成田正直、今村琢磨、潮 秀樹、山中英明日本水産学会誌 6722802852001

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
ホタテガイ自動貝むき機に関する技術支援2013
マツカワ脱血手法に関する技術講習会2010
身欠きニシン製造における衛生管理講習会2008
塩水ウニ製造における衛生管理講習会2007
乾しホタテ貝柱製造における製品品質向上のための技術研修会2006

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
全国水産加工総覧光琳

連絡先
郵便番号046-8555
住所余市郡余市町浜中町238番地
TEL0135-23-7451
FAX0135-23-3148
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.