北海道立総合研究機構研究職員データベース

谷川 珠子 ( たにがわ たまこ )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ 
役職主査
資格博士(農学)
研究分野乳牛生理・栄養/飼料評価
キーワード乳牛/自給飼料/飼料評価
所属学会日本畜産学会/北海道畜産草地学会/ルーメン研究会
自己PR自給飼料を活用した乳牛の飼養法に関わる研究を行っています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究泌乳牛の乾物摂取量を最大化するための牧草サイレージの繊維消化性R2R4
重点研究現地牛群データに基づく乳牛の周産期疾病低減を目指した乾乳期飼養管理法の体系化H28H30
経常研究乳量および体格の向上を目指した初産牛の飼養技術の開発H27H30

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本畜産学会第128回大会一乳期高栄養飼養における初産分娩後体重が初産次の乳生産に及ぼす影響谷川珠子・堂腰顕(社)日本畜産学会福岡県(web)2021
日本畜産学会第125回大会初産牛における乾乳期飼養法が2産次の305日乳生産性に及ぼす影響谷川珠子・小山毅・杉本昌仁(社)日本畜産学会神奈川県2019
北海道畜産草地学会ワークショップ酪農畜産における自給飼料のさらなる高栄養価に向けた技術展望-飼料利用の観点からの現状と展望-谷川珠子北海道畜産草地学会札幌市2017
日本畜産学会第124回大会乳牛における乾乳期飼養法の違いが305日乳生産に及ぼす影響谷川珠子・小山毅・杉本昌仁(社)日本畜産学会東京都2016

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
破砕処理トウモロコシサイレージにおけるローラ間隔の違いが乳牛の炭水化物およびタンパク質利用に及ぼす影響谷川珠子・大坂郁夫・川本哲・原悟志日本畜産学会報8144214292010
Effects of length of cut and mechanical processing on utilization of corn silage harvested at black line stage of maturity by lactating dairy cowsHara S. & Tanigawa T.Animal Science Journal8121871932010
トウモロコシサイレージにおける破砕処理が乳牛の炭水化物およびタンパク質利用に及ぼす影響谷川珠子・大坂郁夫・川本哲・原悟志日本畜産学会報81111192010
とうもろこしサイレージ主体飼養時の泌乳牛における摂取量および乳生産谷川珠子・伊藤めぐみ・大坂郁夫日本畜産学会報8017152009

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
飼料設計・給餌の基本と実践共著Dairy man2020
ルーメン8共著Dairy Japan2010

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
(地独)北海道立総合研究機構職員表彰知事表彰近赤外分析による高精度な飼料成分推定用検量線の開発とその統一供用などによるフォレージテストの普及促進(団体受賞)

連絡先
郵便番号086-1135
住所標津郡中標津町旭ヶ丘7番地
TEL0153-72-2004
FAX0153-73-5329
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.