北海道立総合研究機構研究職員データベース

雲野 明 ( うんの あきら )
所属本部研究事業部研究グループ 
役職主査
資格
研究分野鳥類学/生態学/哺乳類学
キーワード森林性鳥類/クマゲラ/森林管理/生物多様性/ノネズミ
所属学会
自己PR共同研究のご要望をお待ちしています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
公募型研究保残伐の大規模実験による自然共生型森林管理技術の開発H30R4
公募型研究小鳥の渡りルートの解明は東南アジアの環境保全への支払意志増額につながるか?H29R2
重点研究牧草被害低減と利活用率向上に向けたエゾシカ捕獲技術の確立H30R2
経常研究保残伐施業が伐採直後の鳥類群集に与える影響の解明と植生変化の把握H28H31
公募型研究人工林において生物多様性保全と木材生産は両立できるか? -保残伐実験による検証と普及方法の提案-H25H27

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第64回北方森林学会大会保残伐施業(REFRESH):第1セット伐採前後の鳥類相の比較雲野 明・山浦悠一北方森林学会札幌2015
第63回北方森林学会大会小面積造林地における小哺乳類の生息数とマイマイガ蛹への捕食雲野 明・尾崎研一・弘中 豊・中田圭亮・南野一博北方森林学会札幌2014
国際鳥類学会2014Variable responses of the black woodpecker Dryocopus martius to call-playbacks in breeding season Akira Unno国際鳥類学会東京都2014
2012年日本鳥学会大会クマゲラとオオアカゲラの採餌痕の比較雲野 明日本鳥学会東京都2012
第26回北方圏国際シンポジウム オホーツク海と流氷 公開講座 森から海の連環をを考えるシンポジウムクマゲラから森林の生物多様性を考える雲野 明北方圏国際シンポジウム実行委員会紋別市2011

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
造林地内に残された樹洞木を利用したキツツキ雲野 明森林保護32825262012
冬のクマゲラ採餌木とその見分け方雲野 明グリーントピックス43442010
カラマツ中高齢林分の野ネズミ被害実態と枯死木の発生過程雲野 明光珠内季報144132006
繁殖期の野鳥の採餌樹種について -樹種による餌量の違いと採餌方法の違いから考える-雲野 明光珠内季報13718222004

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
降雪期におけるクマゲラとオオアカゲラの採餌痕の比較と識別雲野 明日本鳥学会誌6521431522016
プレイバック法をもちいたクマゲラの生息調査雲野 明Bird Research8A1A102012
Effects of deer abundance on broad-leaf tree seedling establishment in the understory of Abies sachalinensis plantationsAkashi N. Unno A. & Terazawa K.Journal of Forest Research165005082011
Characteristics of tree damage by the grey red-backed vole (Myodes rufocanusu bedfordiae) in a deciduous forest in Hokkaido, JapanUnno A. & Nakata K.Journal of Forest Research152592642010
The effect of the fungus Phellinus hartigii on woodpecker habitat quality in Hokkaido, JapanUnno A.Ornithological Science31591612004

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
森林性鳥類全般に関する相談
野ネズミ全般に関する相談

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
特許権動物忌避剤特許第3567231号

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西11丁目
TEL011-747-0200
FAX011-747-0211
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.