北海道立総合研究機構研究職員データベース

窪 友瑛 ( くぼ ともあき )外部リンク
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ 
役職研究職員
資格博士 (獣医学)/獣医師
研究分野家畜繁殖学/繁殖生理学/臨床内分泌学
キーワード乳牛/黄体/妊娠診断/育成牛/ケトーシス
所属学会日本繁殖生物学会/日本獣医学会/北海道獣医師会/北海道家畜人工授精師協会/日本畜産学会/日本胚移植技術研究会
自己PR繁殖分野と周産期病分野を担当します。乳牛の妊娠率向上や周産期病低減にかかる技術開発を行い、道内の酪農業の振興に貢献したいと考えています。また、外部機関との共同研究も積極的に実施していきます。御用があれば下記連絡先にご一報ください。
kubo-tomoaki@hro.or.jp
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
受託(独法)研究牛子宮内胚情報の直接検出技術開発事業 20222025
公募型(科研費)研究着床前後胚情報の低侵襲取得と母体情報との複合解析によるウシ早期妊娠状態の評価20222025
公募型研究内腔の有無に着目したウシ形成期黄体の機能解析20212021
公募型(科研費)研究ウシ視床下部で発見された泌乳・加齢による繁殖障害の原因物質:現場での応用に向けて20212023
職員研究奨励事業ウシ黄体に存在する内腔は黄体機能に影響するのか?20192019

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第164回日本獣医学会学術集会ホルスタイン種泌乳牛群における社会的順位と発情行動および採食行動との関連性窪 友瑛;古山 敬祐;堂腰 顕;田辺 智樹;松井 義貴;陰山 聡一;大和田 勇人日本獣医学会Web(酪農学園大学)2021
第4回日本胚移植技術研究会鳥取大会 泌乳牛における黄体内腔の存在と受胎性および黄体機能との関係 窪 友瑛, 古山敬祐, 田辺智樹, 松井義貴, 堂腰 顕, 陰山聡一日本胚移植技術研究会 Web(鳥取県)2021
第76回北海道家畜人工授精技術研修大会高受胎率であると予測されたホルスタイン種泌乳牛の栄養代謝状態および繁殖性の精査 窪友瑛, 小山毅, 田辺智樹, 松井義貴, 堂腰顕, 古山敬祐北海道家畜人工授精師協会書面2020
第47回家畜人工授精優良技術発表全国大会高受胎率が期待できるショートシンク開始時の卵巣所見窪友瑛日本家畜人工授精師協会東京2019
第74回北海道家畜人工授精技術研修大会ホルスタイン種泌乳牛におけるショートシンク開始時の卵巣所見と受胎率との関係性窪友瑛・高橋透北海道家畜人工授精師協会札幌2018

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
高受胎率であると予測されたホルスタイン種泌乳牛の栄養代謝状態および繁殖性の精査窪友瑛;小山毅;田辺智樹;松井義貴;堂腰顕;古山敬祐繁殖技術4161441462021
ホルスタイン種泌乳牛におけるショートシンク開始時の卵巣所見と受胎率との関係性窪友瑛、髙橋透繁殖技術391572019
高受胎率が期待できるショートシンク開始時の卵巣所見 窪友瑛家畜人工授精3014582019

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Image Processing of Low-Cost Endoscope for Observation of Blood Vessel of External Uterine Ostium and Vaginal WallToshikazu Kawaguchi, Hiroki Kunii, Tomoya Shimasaki, Tomoaki Kubo, Masashi TakahashiClinical Case Reports International612632022
Loop-mediated isothermal amplification (LAMP) and machine learning application for early pregnancy detection using bovine vaginal mucosal membraneHiroki Kunii, Tomoaki Kubo, Natsuki Asaoka, Ahmed Z. Balboula, Yu Hamaguchi, Tomoya Shimasaki, Hanako Bai, Manabu Kawahara, Hisato Kobayashi, Hidehiko Ogawa, Masashi TakahashiBiochemical and Biophysical Research Communications5691791862021
Development of enzymeimmunoassay for chromogranin A (CgA) and profiling of plasma CgA concentrations in the cow Chihiro Saito, Haruka Ido-Matsumoto, Hiromasa Kumazaki, Tomoaki Kubo, Tomomi Kanazawa, Toru TakahashiAnimal Science Journal92e135422021
Development of the Timed Re-Insemination (TRI-synch) program re-inseminating 24 days after the initial service in dairy cows Marina AIizu, Haruka Matsumoto, Natsumi Wada, Hiromasa Kumazaki, Tomoaki Kubo, Tomomi Kanazawa, Yashiaki Izaike, Toru TakahashiAnimal Science Journal91e134772020
Different prostaglandin F2 α secretion in response to oxytocin injection between pregnant and non-pregnant cows: effect of the day of oxytocin challenge test for determining the differenceKubo T, Iga K, Fukuju N, Kizaki K, Osawa T, Izaike Y, Takahashi TAnimal science journal 8923323392018

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
乳牛の繁殖成績の改善に向けた講習会の支援2019~
牛の繁殖領域における超音波画像診断に関する講習会の支援2018~

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
繁殖 高受胎率予測牛の共通点とは ―高受胎率と予測されたホル種泌乳牛の栄養状態および繁殖性の精査窪友瑛Dairy Japan7月号Dairy Japan社2021年

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
第164回日本獣医学会 獣医繁殖学・優秀発表賞ホルスタイン種泌乳牛群における社会的順位と発情行動および採食行動との関連性2021年
北海道家畜人工授精師協会 優良賞 高受胎率であると予測されたホルスタイン種泌乳牛の栄養代謝状態および繁殖性の精査 2020年
道東3地区家畜人工授精師協会 優秀技術特別功労賞2019年
北海道家畜人工授精師協会 優秀賞ホルスタイン種泌乳牛におけるショートシンク開始時の卵巣所見と受胎率との関係性2018年

連絡先
郵便番号086-1135
住所標津郡中標津町旭ヶ丘7番地
TEL0153-72-2004
FAX0153-73-5329
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.