北海道立総合研究機構研究職員データベース

山岸 暢 ( やまぎし とおる )
所属産業技術環境研究本部工業試験場材料技術部応用材料グループ 
役職専門研究員
資格
研究分野高分子材料/複合材料・物性/成形加工
キーワード高分子系複合材料/高分子材料物性/プラスチック成形加工
所属学会日本化学会/プラスチック成形加工学会
自己PRプラスチック関連の試験研究・技術支援を担当しています。最近の研究課題では、主にホタテ貝殻や木材等の道産天然素材とプラスチックの複合材料について取り組んでいます。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
公募研究炭素繊維強化熱可塑性プラスチックを用いた装具の製造方法に関する研究R3R5
公募研究装具へのCFRTP導入のための成形方法及び成形装置の開発R2R2
経常研究機能性プラスチックフィルムの設計・成形加工技術の開発R1R2
経常研究環境に優しいBNFシート積層複合材料の開発R3R5
経常研究バイオマスファイバーの解繊および特性評価に関する研究H30R2

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
2010工業試験場成果発表会ホタテ貝殻を利用した水系路面標示用塗料の開発山岸 暢工業試験場札幌2010
2009北海道立工業試験場成果発表会超薄型木製ブラインドの開発山岸 暢工業試験場札幌2009
2008北海道立工業試験場成果発表会亜麻を用いた複合材料の特性評価山岸 暢工業試験場札幌2008
JCOM-37亜麻を用いた複合材料の特性山岸 暢日本材料学会京都2007
2007北海道立工業試験場成果発表会笹を用いた複合材料の創製山岸 暢工業試験場札幌2007

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
ホタテ貝殻を利用した水系路面標示用塗料の開発山岸 暢・可児 浩・吉田昌充・内山智幸・長野伸泰・和田欣也・庄子庸二工業試験場報告3091611642010
超極薄木単板/和紙積層板の特性評価山岸 暢・可児 浩・金野克美・吉田光則・西 良郎北海道立工業試験場報告307971022008
ホタテ貝殻による路面標示用塗料の耐滑走性の改良山岸 暢・可児 浩・吉田昌充・内山智幸・長野伸泰・蓑嶋裕典・和田欣也・庄子庸二北海道立工業試験場報告30655602007
ホタテ貝殻を利用した溶融型路面標示用塗料の開発山岸 暢・可児 浩・吉田昌充・内山智幸・長野伸泰・蓑嶋裕典・和田欣也・庄子庸二北海道立工業試験場報告30587932006
ホタテ貝殻を利用した路面標示用塗料の開発山岸 暢・可児 浩・吉田昌充・内山智幸・長野伸泰・蓑嶋裕典・和田欣也・庄子庸二塗装と塗料693916242006

技術支援
支援内容対応年外部リンク
木単板の利用技術に関する技術開発派遣指導2006~
ホタテ貝殻の利用技術に関する技術開発派遣指導2004~
FRPの製造技術・製品開発に関する技術開発派遣指導1993~
高分子材料・高分子系複合材料に関する依頼試験1991~
プラスチック製品開発に関する技術指導1991~

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
チョーク特許権特許第4565074号
筋力補助具特許権特許第5505625号

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
北海道地方発明表彰 文部科学大臣発明奨励賞ホタテ貝殻を活用したチョーク2011
北海道立総合研究機構職員表彰 研究・発明発見(知事表彰)ホタテ貝殻を活用した高品質なチョークの開発と製品化2011
第2回ものづくり日本大賞 ものづくり地域貢献賞ホタテ貝殻チョーク2007
北海道職員表彰ホタテ貝殻未利用資源の有効利用に関する研究2006

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西11丁目
TEL011-747-2321
FAX011-726-4057
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.