北海道立総合研究機構研究職員データベース

新宮 裕子 ( しんぐう ゆうこ )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ 
役職研究主任
資格博士(農学)
研究分野放牧/家畜行動学/草地学
キーワード放牧/乳牛/行動/植生
所属学会日本畜産学会/日本草地学会/北海道草地研究会/北海道畜産学会/応用動物行動学会/International Society for Applied Ethology
自己PR酪農の分野において放牧地のウシの採食行動や植生に関する研究を行っている
主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
応用動物行動学会・日本家畜管理学会合同発表会放牧未経験乳用育成牛の食草時の移動速度に及ぼす放牧経験牛の影響新宮裕子・山川歩実・三谷朋弘・上田宏一郎・高橋誠・近藤誠司応用動物行動学会・日本家畜管理学会広島市2013
日本畜産学会放牧酪農家におけるペレニアルライグラスサイレージ給与時の採食量および乳生産新宮裕子・岡元英樹日本畜産学会名古屋市2012
北海道草地研究会ペレニアルライグラス(Lolium perenne L.)主体兼用地における秋の終牧時期の延長が牧草生産量および植生に及ぼす影響新宮裕子・岡元英樹北海道草地研究会札幌市2011
日本畜産学会傾斜放牧地の泌乳牛の採食移動時における心拍数とエネルギー消費量の推定新宮裕子・森 光生・中辻浩喜日本畜産学会東京都2010
北海道草地研究会異なる放牧強度下でのリードカナリーグラス主体放牧地の植生変化新宮裕子・宮崎 元北海道草地研究会帯広市2009

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
リードカナリーグラスを用いた水田放牧技術の開発新宮裕子研究成果第488集粗飼料多給による日本型家畜飼養技術の開発75792013
2乳牛の放牧時におけるエネルギー要求量増加割合の査定とその要因解明 (2)傾斜地輪換放牧における査定新宮裕子研究成果第488集粗飼料多給による日本型家畜飼養技術の開発55592013

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
傾斜放牧地での移動傾斜角度が泌乳牛の採食時心拍数に及ぼす影響新宮裕子・森光生・中辻浩喜・近藤誠司・梅村和弘日本畜産学会報83147562012
作溝法によるオーチャードグラス主体放牧地へのペレニアルライグラスの追播効果新宮裕子・堤 光昭北海道草地研究会報4539442011
Differences in grazing behavior of horses and cattle at the feeding station scale on woodland pastureYuko Shingu・Seiji Kondo・Hiroshi HataAnimal Science journal813843922010
ペレニアルライグラス新品種「ポコロ」を活用した放牧草地の維持管理・利用技術の開発新宮裕子・中村直樹・吉田昌幸・石田 亨・藤井弘毅・井内浩幸・宮崎 元北海道農研プロジェクト成果シリーズ 寒地中規模酪農における集約放牧技術の確立460662008
Digestibility and number of bites and chews on hay at fixed level in Hokkadio native horses and light half-bred horsesYuko Shingu・Seiji Kondo・Hiroshi Hata・Masahiko Okubojournal of equine science1241451472001

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
集約放牧導入マニュアル共著独立行政法人 農業・食品産業技術総合研究2008

連絡先
郵便番号086-1135
住所標津郡中標津町旭ヶ丘7番地
TEL0153-72-2004
FAX0153-73-5329
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.