北海道立総合研究機構研究職員データベース

高橋 徹哉 ( たかはし てつや )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所 
役職専門研究主幹
資格
研究分野資源工学/地熱・温泉資源/掘削技術/資源開発・管理利用/温泉熱利用
キーワード地熱・温泉/掘削技術(ボーリング)/エネルギー/坑井(井戸)/地熱発電
所属学会石油技術協会/日本地熱学会/日本温泉科学会
自己PR地熱・温泉の適正な開発利用と資源管理に関する研究を行っております。2011年3月11日の東日本大震災を契機に国のエネルギー施策は転換を迎え、再生可能エネルギーとして地熱が注目されています。2012年7月から固定価格固定制度も始まり、地熱発電は天候に左右されることがなく安定した稼働が見込めるベースロード電源として期待され、道内でも各地で地表調査やボーリング調査が始まっています。地質研究所は、開所初期から長年、全道域を対象に地熱・温泉に係る調査研究を行い、北海道地熱・温泉ボーリングデータ集をはじめ、多くの研究成果を公表してきています。これらデータの蓄積や知見を有していることから、市町村を始め地熱開発事業者や温泉事業者等からも多くの技術相談や技術支援の要望が寄せられ、対応してきております。2012年以降は、道庁、市町村および民間事業者等の地熱開発理解促進事業(2017~地熱発電理解促進事業)(経済産業省公募事業)にもアドバイザー機関として参画し支援を行ってきています。
私自身は約20年間、直接、温泉ボーリング探査事業にも携わった経験を有し、掘削技術や温泉・水井戸の開発や利活用に関することは、ご相談に応じることが可能です。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
重点研究ニセコ地域における地熱構造モデル構築と地熱資源量評価H29H31
経常研究伊達市北湯沢地区および周辺地域における温泉資源の適正な開発・利用に関する研究H28H31
経常研究広域熱水系モデルの構築と地熱資源の持続的利用に関する研究H27H30
戦略研究地域・産業特性に応じたエネルギーの分散型利用モデルの構築H26H30
受託研究適正な温泉資源量評価に係る研究H26H26

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
地熱シンポジウム in 函館北海道における地熱開発の動向と今後の展望高橋徹哉(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)函館市2017.10
阿寒湖温泉 地熱資源利用に関するシンポジウム地熱・温泉資源の探査と地熱開発のあるべき姿高橋徹哉阿寒湖温泉地熱利用推進協議会釧路市2017.11
ニセコ・蘭越地区地熱資源利活用勉強会(住民向け地熱講演会)北海道における地熱資源の開発・利用の動向と今後の展望高橋徹哉日本重化学工業㈱ 三井石油開発㈱蘭越町2017.2
洞爺湖町地熱開発理解促進事業(住民向け地熱講演会)北海道における地熱資源開発の現状と利活用高橋徹哉洞爺湖町地熱利用検討協議会洞爺湖町2017.1
H28年度北海道・資源フォーラム[北海道での地熱開発とその将来」北海道のおける地熱調査の経過と最近の動向高橋徹哉資源・素材学会北海道支部札幌市2016.12
壮瞥町地熱開発理解促進事業(地熱利用に関する学習会)道内の地熱資源の動向と今後の展望高橋徹哉壮瞥町地熱利用検討会壮瞥町2017.1
第5回再生可能エネルギー活用講座真狩村温泉の現状と課題、温泉熱利用の可能性について高橋徹哉真狩村地域資源エネルギー事業化研究会真狩村2016.2
第1回温泉発電導入促進勉強会「温泉排湯調査と資源量評価」~未利用温泉排湯の利用拡大に向けて~高橋徹哉北海道温泉協会札幌市2016.12
第3回小規模地熱発電・熱水利用研究会北海道における地熱資源と地熱開発の動向について高橋徹哉(財)エンジリアリング協会東京都2016.11
弟子屈町地熱開発理解促進事業 地元住民向け勉強会北海道における地熱資源開発の現状とその利活用について高橋徹哉弟子屈町地熱理解促進協議会弟子屈町2016.1
重点研究成果普及セミナー温泉排湯調査と資源量評価~未利用温泉排湯の利用拡大を目指して~高橋徹哉道総研(工試、地質研)、㈱テスク登別市2016.1
第1回登別市地熱利用検討会道内における地熱開発の動向と地熱温泉エネルギー利用について~登別温泉のポテンシャルと温泉熱エネルギー価値は?~高橋徹哉登別市地熱利用検討会登別市2015.9
八雲町鉛川地区における地熱開発構想に関する説明会北海道における地熱資源開発の現状とその利活用について高橋徹哉八雲町八雲町2015.7
地熱温泉熱アドバイザー事業北海道内の地熱温泉エネルギー利用~北海道における温泉熱のエネルギー価値は?~高橋徹哉美瑛町役場エネルギー等勉強会美瑛町2015.3
北海道庁地熱開発理解促進事業 地熱活用セミナーin釧路北海道における地熱資源開発の動向と今後の課題~道東地域のポテンシャルと今後の展開は?~高橋徹哉北海道経済部環境エネルギー室釧路市2015.12
羅臼町地下資源利活用に関する地域協議会 研修会地熱・温泉はどのように探すのか?高橋徹哉羅臼町地下資源利活用に関する地域協議会羅臼町2015.10
八雲町地熱開発理解促進勉強会八雲町熊石地域における地熱・温泉資源調査の経過と今後の展望高橋徹哉八雲町熊石総合支所八雲町2015.1
H26年度洞爺湖地域温泉保護対策協議会地熱構造試錐井(KH-1号井)調査概要高橋徹哉洞爺湖地域温泉保護対策協議会洞爺湖町2014.5
ニセコ蘭越地区地熱資源利活用検討協議会温泉はどのように探すのか?高橋徹哉ニセコ蘭越地熱検討協議会ニセコ町2014.12
北海道地熱開発理解促進事業 地熱利活用シンポジウム北海道内の地熱温泉エネルギー利用高橋徹哉北海道経済部環境エネルギー室釧路・函館・札幌2014.11
第28回北海道高圧ガス保安大会記念講演北海道における地熱温泉のエネルギー利用と今後の展望高橋徹哉高圧ガス保安協会北海道支部札幌2014.10
日本温泉科学会第65回大会函館湯川温泉地区における源泉の集約化と管理システムの構築高橋徹哉・萬年英博・櫻井年匡・森田昭彦・藤井浩詞日本温泉科学会第65回大会(登別温泉)登別市2013.9
人材育成事業 新エネルギー導入触診研修会北海道における地熱温泉のエネルギー利用と最近の話題高橋徹哉北海道経済部環境エネルギー室胆振/渡島2013.10

5件表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
低コスト地中採熱システム及び温泉排湯等の熱回収システムの開発 高橋徹・白土博康・高橋徹哉・月館司・桜庭髙光ほか重点研究課題 研究成果報告書75922016
洞爺湖温泉金比羅火口近傍における地熱調査ボーリング(KH-1)高橋徹哉・柴田智郎・高橋良・林圭一・四宮博・大塚行紀北海道地質研究所報告No88No881162016
ニセコ地域における温泉湧出量と降水量の関係柴田智郎・秋田藤夫・高橋徹哉・岡崎紀俊北海道地質研究所報告No83No8363652012
未利用温泉水の資源量評価と有効利用高橋徹哉地質研究所ニュースVOL27No3442011
ニセコ地域南部から東部山麓における温泉の地域的特徴について柴田智郎・高橋徹哉・岡崎紀俊・高橋良・秋田藤夫北海道地質研究所報告No82No82182011

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
樹枝製柵状熱交換器,温泉水を用いた熱湯余熱システムに関する研究白土博康・保科秀夫・村田さやか・高橋徹哉・鈴木隆広・櫻庭高光・井浦奉昭・山田英和空気調和・衛生工学会論文集No236
多変量解析法を用いた北海道函館平野における深部地下水の供給源の推定柴田智等・丸岡照幸・高橋徹哉・松田准一地球化学vol42No113212008
温泉資源の多目的利活用に向けた複合解析研究鈴木隆広・高見雅三・秋田藤夫・藤本和徳・高橋徹哉・柴田智郎・小澤聡ほか情報地質vol19No21541572008
関東平野、大阪平野、石狩平野、濃尾平野、伊勢・志摩・鈴鹿地方における大深度温泉宮崎哲朗・柴田智郎・秋田藤夫・高橋徹哉・青柳直樹・中山憲司・内野栄治・橋爪清・甘露寺康雄温泉科学vol57NO2991142007

技術支援
支援内容対応年外部リンク
地熱発電理解促進事業(経済産業省)、地熱温泉熱アドバイザー(道庁経済部)随時(毎年)
地熱資源開発アドバイザー(JOGMEC)随時(年4回程度)
源泉の障害、利用管理に関する技術指導相談、技術指導随時(毎年)
ボーリング技術に関する技術指導相談、技術支援随時(毎年)
地熱・温泉開発に関わる技術指導相談、技術支援随時(毎年)

全て表示 連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西12丁目
TEL011-747-3521
FAX011-747-3254
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.