北海道立総合研究機構研究職員データベース

酒井 明香 ( さかい さやか )
所属森林研究本部林産試験場利用部資源・システムグループ 
役職主査
資格
研究分野林業経済学/森林政策論/木質エネルギー利用技術
キーワード木質バイオマス/林業/原木生産
所属学会森林利用学会/北方森林学会/日本森林学会
自己PR森林資源を循環させながら上手に利用するために、林業生産の効率化や木質バイオマスの有効利用についての研究を、道水産林務部や森林総研北海道支所等と共に行っています。市町村や集落など、地域単位で木質バイオマスをエネルギーとして利用する取組を考えている方、ご相談に応じます。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
経常研究木材需給の変動要因分析と需給変動への対応策に関する研究H30H32
戦略研究地域・産業特性に応じたエネルギーの分散型利用モデルの構築H25H30
戦略研究新たな住まいと森林資源循環による持続可能な地域の形成H22H26

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第127回日本森林学会北海道における発電所向け未利用材の供給ポテンシャル二関する考察酒井明香・古俣寛隆ほか日本森林学会神奈川県藤沢市2016
第126回日本森林学会マーケットイン志向での原木供給の可能性酒井明香・津田高明ほか日本森林学会札幌市2015
ノースジャパン素材流通協同組合林業講演会木質バイオマスを効率的に搬出するために~北海道での事例と搬出コストについて酒井明香東北地区広域原木流通児湯議会・ノースジャパン素材流通協同組合岩手県盛岡市2015
第125回日本森林学会森林バイオマスのエネルギー利用に向けた効率的な集荷運搬システムの検討:チップ化とバンドル化の比較酒井明香・渡辺一郎ほか日本森林学会埼玉県大宮市2014
青森県燃料チップ供給システム検討会北海道の木質バイオマス資源活用促進事業の実証結果について酒井明香青森県庁青森県2011

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
木質バイオマス利用の現状と課題酒井明香北海道自然エネルギー研究1019262016
マーケットイン志向による原木供給酒井明香戦略研究報告書「新たな住まいと森林資源循環による持続可能な地域の形成」1321412015
農林バイオマス資源の有効利用に向けた技術開発酒井明香戦略研究報告書「地球温暖化と生産構造の変化に対応できる北海道農林業の構築」49522014
皆伐跡地で林地残材を効率的に集める酒井明香光珠内季報1605102010
林地残材の集荷・チップ化システムの現状と課題酒井明香光珠内季報15612182009

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
北海道における発電所向け未利用材の供給ポテンシャルの試算酒井 明香・津田 高明・八坂 通泰日本森林学会誌9962332402018
木材生産とバイオマス集荷の効率化を目指したハーベスタ・グラップルシステムの生産性酒井 明香・栃木 幸浩森林利用学会誌31113192016
北海道における機械作業システムと林地残材率を考慮した林地残材集荷可能量の推定酒井明香・寺田文子・渡辺一郎・佐々木尚三森林利用学会誌30271782015

技術支援
支援内容対応年外部リンク
木質バイオマスの集荷・チップ化・運搬に関する技術指導2008~
燃料用木質チップの含水率測定試験対応2008~

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
森林のはたらきを評価するー市民による森づくりに向けて共著北海道大学出版会2009

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
北海道科学技術省(グループ受賞)カラマツ・トドマツ人工林資源の持続可能な管理手法の開発と普及2015

連絡先
郵便番号071-0198
住所旭川市西神楽1線10号
TEL0166-75-4233
FAX0166-75-3621
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.