北海道立総合研究機構研究職員データベース

岡元 英樹 ( おかもと ひでき )
所属農業研究本部酪農試験場天北支場地域技術グループ 
役職主査
資格博士(農学)/学芸員/大特免許
研究分野草地学/植物栄養学/作物学/土壌肥料学/園芸学
キーワードペレニアルライグラス/環境耐性/寒地型牧草/水稲/冬野菜
所属学会日本草地学会/日本作物学会/根研究学会/日本土壌肥料学会/北海道畜産草地学会
自己PR入庁後15年間、寒地型牧草の適正な栽培管理や、環境耐性(特に干ばつ)を研究してきました。その後は水稲と冬野菜の研究をしています。海外の農業にも興味があり、海外研修で中国へ行ったり、JICAの短期専門家としてインドに着任したりした経験もあります。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
その他農業農村整備事業等に係る土壌調査
民間受託多様なニーズに対応する米品種並びに栽培技術早期確立(第4期)H31R5
公募型研究(新稲作研究会)水稲湛水直播栽培における機械点播技術の確立H29R元
公募型研究(国費)北海道における冠水による水稲減収尺度の解明とほ場施設改善・管理技術の開発H27R元

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
The 7th Japan-China-Korea Grassland ConferenceSweet sorghum production and forage quality at Minqin Oasis, Gansu, ChinaH Okamoto, JL Zhang, XP Lü, J Kashiwagi and P An日本草地学会、Chinese Grassland Society、Korean Society of Grass and Forage Science札幌市2018
XXIIIInternational Grassland CongressAbility of three temperate grasses to compete with Phalaris arundinacea L.Hideki Okamoto, Kazuyoshi Oka, Keiji Oshiro, Keiya Yoshikawa, Masanobu Takahashi, Mieko AdachiICAR, RMSI, IGFRIインド共和国デリー市2015
The 4th Japan-China-Korea Grassland ConferenceEffects of soil moisture deficit on the chemical composition of four temperate grassesHideki Okamoto、 Ping An、 Kazushige Ishii、 Akihiro Furudate日本草地学会、Chinese Grassland Society、Korean Society of Grass and Forage Science愛知県常滑市2012
日本作物学会第243回講演会Drastic improvement of soybean production in Madhya Pradesh, India(日本語題:インド共和国マディヤ・プラデシュ州におけるダイズ収量改善の実証)H. Okamoto, K. Nishiwaki, S. K. Rao, S. B. Nahatkar, S. K. Sharma日本作物学会東京都文京区2017
2017年度日本草地学会弘前大会Alfalfa (Medicago sativa L.) production and establishment in Minqin Oasis, Gansu, China(日本語題:中華人民共和国甘粛省民勤オアシスにおけるアルファルファ栽培と更新草地の調査)H Okamoto, C Huang, X Xue, J Zhang, L Jun, X Lü, J Kashiwagi and P An日本草地学会青森県弘前市2017

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
中国甘粛省における牧草・飼料作物生産に関する共同研究 1.共同研究および現地研究機関の研究視察について岡元英樹北農851931012018
中国甘粛省における牧草・飼料作物生産に関する共同研究 2.現地の農業・畜産および諸生活事情について岡元英樹北農8521851952018
国際協力機構「インド共和国マディヤ・プラデシュ州大豆増産プロジェクト」への参画 その1.2013年における短期専門家派遣岡元英樹北農8532732862018
国際協力機構「インド共和国マディヤ・プラデシュ州大豆増産プロジェクト」への参画 その2.2016年における短期専門家派遣岡元英樹北農8543853972018
北海道の草地造成・更新時におけるリン酸施肥量の新しい算出法松本武彦・岡元英樹・酒井 治・大橋優二・三枝俊哉・出口健三郎・常田大輔日本土壌肥料学雑誌(技術レポート)8532412442014

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
天北地方のチモシー草地における干ばつリスクの試算とリスクマップの作成岡元英樹・牧野 司・新宮裕子・古館明洋日本草地学会誌6331351412017
Effects of potassium fertilizer on water-soluble carbohydrate content of timothy (phleum pratense L.), silage fermentation, nutritive values, and nutrient intake.Peng Wang, Kousaku Souma, Hideki Okamoto, Satomi Kin, Akane Sugita, Akihiro Furudate, Chihiro Sato, Akio Nibe, Yimin Cai, Takayoshi MasukoAmerican Journal of Plant Sciences5103010382014
Effects of Addition of Lactobacillusplantarum and Enterococcus faeciumInoculants to High-nitrogen fertilized timothy (phleum pratense L.) on fermentation, nutritive value, and feed intake of silagePeng Wang, Kousaku Souma, Hideki Okamoto, Tatsunori Yano, Masayuki Nakano, Akihiro Furudate, Chihiro Sato, Jiabao Zhang, Takayoshi MasukoAmerican Journal of Plant Sciences5388938972014
Effects of soil moisture deficit and subsequent watering on the growth of four temperate grassesHideki Okamoto、 Kazushige Ishii、 Ping AnGrassland Science5741921972011
窒素施肥量がチモシー(Phleum pretense L.)の飼料成分とサイレージ発酵に及ぼす影響岡元英樹・古館明洋・増子孝義日本草地学会誌5642742772011

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
JAひがし宗谷自給飼料向上対策協議会2013-2015
農協や普及所主催の勉強会、研修会における講師(年間4-7回)2009-2015
普及所の課題解決研修や諸プロジェクトにおける助言と土壌、堆肥分析の手伝い2007-

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
施用有機物のリン酸肥効評価主著農業共済新聞7月19日号農業共済新聞社2017
なるほど新技術 水稲 有機物が含むリン酸を有効活用して減肥する主著ニューカントリー9月号北海総協同組合通信社2017
寒地型イネ科牧草の耐乾性と天北地方の干ばつリスクマップ主著農業共済新聞8月28日号農業共済新聞社2013
高品質牧草サイレージ調製の取組み共著農業技術体系畜産編追録32-7農文協2013
第5章草地の土壌と肥培管理 第2節牧草の栽培管理 1.牧草の栄養整理と肥培管理 2)ペレニアルライグラス.主著北海道農業と土壌肥料2010(日本土壌肥料学会北海道支部編)北農会2011

全て表示
受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
日本草地学会研究奨励賞(三井賞、単独)ペレニアルライグラスの窒素施肥法と採草利用時の生育・飼料特性について2010
北農賞(論文部門、連名)チモシー草地におけるふん尿主体施肥設計法2005
ホクレン夢大賞優秀賞(研究普及部門、連名)道立農試・畜試家畜ふん尿プロジェクト研究チーム2005
北農賞(論文部門、連名)天北地域における集約放牧技術の現地実証と経営成果2002

連絡先
郵便番号098-5738
住所枝幸郡浜頓別町緑ヶ丘8丁目2番地
TEL01634-2-2111
FAX01634-2-4686
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.