北海道立総合研究機構研究職員データベース

小宮山 誠一 ( こみやま せいいち )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部生産技術グループ 
役職研究主幹
資格博士(農学)
研究分野農産物の品質研究/青果物の貯蔵技術
キーワード野菜/畑作物/食味/調理加工適性/品質評価法
所属学会日本食品科学工学会/園芸学会/日本土壌肥料学会/北海道園芸研究談話会
自己PR農産物の品質(食味、調理加工適性、機能性成分など)について、その客観的評価法や非破壊選別技術の開発を行ってきました。品質向上を目指し、品種・系統、栽培、貯蔵、加工法との関係についても検討しています。現在は、花きと野菜の生産技術を担当する部署の管理業務に励んでいます。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
受託研究近赤外分光法によるてん菜の根中糖分非破壊評価技術の開発H29H31
戦略研究素材・加工・流通技術の融合による新たな食の市場創成H27H31
奨励研究近赤外分光法による特産果樹(西洋なし、プルーン)の非破壊品質評価技術H25H25
公募型研究インゲンマメの難消化性成分「ルミナコイド」に着目した機能性成分の実態と変動要因の解明H26H28
経常研究春夏まきレタスの窒素施肥改善と食味評価に基づく品質向上技術の開発H26H28

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本食品科学工学会北海道支部大会近赤外分光法によるてん菜糖含量の非破壊迅速評価小宮山誠一,池谷聡,本田博之,佐々木亮,佐藤恵理,竹内薫(社)日本食品科学工学会北海道支部帯広市2020
日本食品科学工学会北海道支部大会シンポジウム新たな加熱殺菌済み果実加工品「レアフル」の開発と普及小宮山誠一(社)日本食品科学工学会北海道支部札幌市2017
日本食品科学工学会北海道支部大会近赤外分光法による西洋なしの熟度(糖度,果肉硬度)非破壊評価法小宮山誠一・内田哲嗣(社)日本食品科学工学会北海道支部函館市2015
連携協定に基づく研究交流2010オータムセッション光センサーで見る農産物の品質小宮山誠一北海道大学農学研究院札幌市2010
日本食品科学工学会北海道支部大会光センサーによるダイコン内部障害の非破壊評価小宮山誠一・相馬ちひろ・鳥越昌隆・五十嵐正和(社)日本食品科学工学会北海道支部札幌市2009

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
近赤外分光法による小麦「きたほなみ」のフォーリングナンバー迅速評価技術小宮山誠一、国中泉、相馬ちひろ、柳原哲司北海道立総合研究機構農業試験場集報9882892014
野菜類の品質向上のための栽培および評価法に関する研究小宮山誠一北海道立総合研究機構農業試験場報告1281802010
菜豆類の白あんテクスチャー(ねばり)評価手法小宮山誠一、加藤淳北海道立農業試験場集報8665722004
夏どりキャベツのビタミンC含有率の実態と変動要因小宮山誠一、古館明洋、目黒孝司北海道立農業試験場集報7765681999

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
可視・近赤外分光法によるダイコンバーティシリウム黒点病症状の非破壊計測小宮山誠一ら園芸学研究922292332010
ダイコンのテクスチャー評価法と浅漬け加工に伴うテクスチャーの変化小宮山誠一ら園芸学研究811011072009
可視および近赤外分光法によるジャガイモデンプン価の非破壊計測と選別技術への応用小宮山誠一ら日本食品科学工学会誌5463043092007
窒素栄養条件がキャベツのビタミンU含有率に及ぼす影響小宮山誠一ら園芸学研究322212242004
ジャガイモのデンプン含量が調理特性に及ぼす影響小宮山誠一ら日本調理科学会誌3543363422002
セイヨウナシ ‘バートレット’ およびチュウゴクナシ ‘千両’ のセミドライフルーツ加工適性藤原孝之、乾良充、池永充伸、小宮山誠一、柳原哲司日本食品科学工学会誌67103843912020
マイクロドウラボによる小麦粉生地物性の少量・簡易評価法阿部珠代、小宮山誠一、小林聡、西村努、神野裕信日本作物学会紀事8544354422016
Evaluation of a Method to Quantify Isoflavones in Soybean by Single and Multi-laboratory Validation StudiesOgita, T., Watanabe, J., Wakagi, M., Nakamichi, K., Komiyama, S., Takebayashi, J., Mano, J., Kitta, K., Koyano, S., Takano-Ishikawa, Y.Food Science and Technology Research2134734772015
メロン 8 品種の追熟にともなう果実軟化の官能および客観的評価ならびにペクチン溶解度との関係平井剛、小宮山誠一、山口敦子、山本愛子、増田清園芸学会雑誌7632372432007
スイカの裾換気型トンネル栽培における密閉および固定管理が生育, 収量および果実品質向上に及ぼす影響平井剛、後藤英次、中村隆一、大橋優二、小宮山誠一園芸学研究433193222005
メロンの栄養障害・病害虫診断のためのビジュアル情報赤司和隆、小宮山誠一、稲津脩日本土壌肥料学雑誌7033283311999
スイカに対する各種有機質肥料の肥効評価小宮山誠一、赤司和隆、山上良明、熊谷秀行日本土壌肥料学雑誌6844584611997

5件表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
シネンシス系スターチスの春植え作型の生産安定2020-2021
低温貯蔵中の馬鈴しょの糖含量評価2019-2020
近赤外分光法による春まき小麦のフォーリングナンバー簡易迅速評価技術2018-2019
加熱殺菌済み果実加工品「レアフル」の製造技術2015-2020

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
レアフル技術の開発と事業化主著北農87公益財団法人北農会2020
「レアフル」で美味しい果実を一年中!ー常温長期保存が可能な果実加工品で高付加価値化ー主著農業1667公益社団法人大日本農会2020
秋まき小麦「きたほなみ」近赤外分光法によるフォーリングナンバー迅速評価主著ニューカントリー712株式会社北海道協同組合通信社2013
園芸作物の品質評価と利用技術共著北海道農業と土壌肥料2010財団法人北農会2010
北海道農業と土壌肥料:この 10 年 生産物の品質評価,貯蔵・流通技術主著北海道 土壌肥料研究レター4一般社団法人日本土壌肥料学会 2022

全て表示
知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
果実を含む常温保存が可能な真空包装体及びその製造方法特許6308556号
レアフル商標5804734号

受賞
受賞名受賞課題名受賞年外部リンク
北海道地方発明表彰発明協会会長賞無添加で長期常温保存が可能な果実加工品2020
全国食品関係試験研究場所長会優良研究・指導業績表彰光センサーによるだいこんバーティシリウム黒点病の非破壊計測技術の開発2011
日本応用糖質科学会北海道支部技術奨励賞馬鈴薯に対する調理・加工適性の解明とデンプン価非破壊選果機の開発2011

連絡先
郵便番号073-0026
住所滝川市東滝川735番地
TEL0125-28-2800
FAX
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.