北海道立総合研究機構研究職員データベース

島村 崇志 ( しまむら たかし )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所自然環境部生物多様性保全グループ 
役職主査
資格
研究分野植物生態学
キーワード湿原/希少植物/マルハナバチ/生態系保全
所属学会日本生態学会/日本湿地学会/日本景観生態学会
自己PR
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
受託研究北海道希少野生動植物種調査H14
経常研究劣化した原生花園の再生に関する研究20202022
経常研究劣化した湿原の保全対策に関する研究20182022
経常研究生物多様性からみた農村地域における自然環境の現状と評価に関する研究20172021

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本生態学会第63回大会長期植生モニタリングデータを用いた釧路湿原におけるシカの影響評価島村崇志・ 稲富佳洋・西川洋子・宇野裕之・日野貴文・宮木雅美・吉田剛司日本生態学会仙台2016
日本生態学会第62回大会遊水地計画のある北海道安平川湿原の植生と水文化学環境との関係島村崇志・石川靖・矢部和夫・玉田克巳・西川洋子・山口高志日本生態学会鹿児島2015
日本生態学会第61回大会マルハナバチ3種の採餌場所利用パターンの比較西川洋子・島村崇志日本生態学会広島2014
日本生態学会第60回大会北海道上美唄湿原の植生劣化要因の検討島村崇志・高田雅之日本生態学会静岡2013
日本生態学会第59回大会北海道上美唄花資源量の違いが海岸地域のマルハナバチ3種の訪花パターンに与える影響西川洋子・島村崇志日本生態学会大津2012

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
クッチャロ湖湿原における14年間の植生変化島村崇志・西川洋子環境科学研究センター所報445522015
西別湿原の希少種ヤチカンバの現状矢部和夫・島村崇志NC HOKKAIDO163672014
サロベツ湿原泥炭採掘跡地の植生回復過程島村崇志・西川洋子・宮木雅美北海道環境科学研究センター所報3677812010
石狩浜の海岸植生衰退と砂の移動量との関係島村崇志・宮木雅美・濱田誠一・西川洋子北海道環境科学研究センター所報3339432006

学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
Effects of alien invasion by Bombus terrestris L. (Apidae) on the visitation patterns of native bumblebees in coastal plants in northern JapanYoko Nishikawa, Takashi ShimamuraJournal of insect conservation20171842016

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西12丁目
TEL011-747-3521
FAX011-747-3254
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.