北海道立総合研究機構研究職員データベース

折橋 健 ( おりはし けん )
所属森林研究本部林産試験場企業支援部研究調整グループ 
役職主査
資格博士(農学)
研究分野バイオマス利用/森林化学
キーワード森林/バイオマス/エネルギー/成分/改質
所属学会日本木材学会/日本森林学会/廃棄物資源循環学会
自己PR森林由来のバイオマスを中心に、エネルギー利用、成分利用、改質利用に関する研究を行っています。これまでに、木質燃料(チップ、ペレット)製造、木質燃焼灰利用、バイオエタノール生産、早生樹(ヤナギ)や樹皮の成分・改質利用、などの研究に従事してきました。現在、企業支援部にて研究調整を担当しています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
公募型研究木質バイオマスエネルギーの利用拡大に対応する燃焼灰利用の推進に向けた調査R2R3
重点研究木質粗飼料を用いた乾乳牛の過肥対策とその実証R2R2
経常研究木質燃焼灰の酸性土壌向けpH矯正資材としての性能評価H31R2
戦略研究地域・産業特性に応じたエネルギーの分散型利用モデルの構築H26H30
重点研究早生樹「ヤナギ」を活用した高品質シイタケの安定生産システムの開発H26H28

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
第71回日本木材学会乾燥温度がカラマツ材の諸特性に及ぼす影響(第2報)-乾燥温度と化学成分量の関係-折橋 健・原田 陽・石原 亘・ 土橋英亮・大橋義徳日本木材学会東京都2021
第70回日本木材学会木質バイオマス燃焼灰の活用に向けた検討(4)-酸性土壌のpH矯正に関する分析-折橋 健・西宮耕栄・山田 敦・原田 陽日本木材学会鳥取県2020
平成30年北海道森づくり研究成果発表会木質エネルギーの地域利用に関する分析-南富良野町の事例-折橋 健・道総研戦略研究「エネルギー」チーム北海道立総合研究機構札幌市2018
第68回日本木材学会大会チップもしくは薪ボイラーより採取した木質燃焼灰の性状分析折橋 健・安久津久・丹羽 忍・大塚英幸日本木材学会京都府2018
廃棄物資源循環学会第29回研究発表会木質燃焼灰の雪上散布における融雪水の安全性の検討折橋 健・安久津久・丹羽 忍・大塚英幸廃棄物資源循環学会愛知県2018

全て表示
刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
木質バイオマス燃焼灰の融雪資材としての利用折橋 健現代林業65840432021
木質バイオマス燃焼灰の融雪資材としての利用折橋 健公設林業試験研究機関 研究成果集1737382020
カラマツラミナにおけるヤニつぼおよびヤニ垂れの出現頻度折橋 健・檜山 亮・土橋秀亮・松本和茂・中嶌 厚林産試験場報54615192018
シイタケ栽培用の菌床基材としてのヤナギの利用(第1報)折橋 健・檜山 亮・原田 陽林産試験場報546182018
シイタケ栽培用の菌床基材としてのヤナギの利用(第2報)折橋 健・檜山 亮・原田 陽林産試験場報5469142018

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
小~中型木質専焼ボイラーより採取したチップもしくは薪由来の燃焼灰の性状折橋 健・安久津久・丹羽 忍・大塚英幸木材学会誌67133432021
シイタケ菌床栽培における早生樹「ヤナギ」の利用:子実体収量に及ぼすヤナギおが粉の粒度の影響折橋 健・檜山 亮・原田 陽日本きのこ学会誌26285882018
シイタケ菌床栽培における早生樹「ヤナギ」の利用:子実体収量に及ぼすヤナギ樹皮の影響折橋 健・檜山 亮・原田 陽日本きのこ学会誌2631121162018
木質バイオマス燃焼灰の林地還元に向けた基礎知見-カラマツペレット燃焼灰を用いた検討-折橋 健・山田 敦・高橋 徹・田代直明・古賀信也九州大学農学部演習林報告9213182011

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
フェノール類の分離回収方法及び疎水性イオン液体の使用特許特開2016-050192
キノコ栽培用培地添加剤、キノコ栽培用培地、及び同培地を用いたキノコの栽培方法特許特願2018-056254

連絡先
郵便番号071-0198
住所旭川市西神楽1線10号
TEL0166-75-4233
FAX0166-75-3621
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.