北海道立総合研究機構研究職員データベース

齋藤 茂樹 ( さいとう しげき )
所属本部研究戦略部企画グループ 
役職主査
資格博士(工学)
研究分野建築構法/建築社会システム
キーワード建築ストック/建築統計/空き家
所属学会日本建築学会
自己PR建築ストックの量・質に着目した統計調査などを行っており、最近では市町村の空き家数推定に取り組んでいます。また、新たな建材や構法の開発に係る検討を行っています。その他、国の省エネ基準策定に係る委員会等に参画しています。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
科研費・若手Bベイズ理論を用いた小規模町村の住宅ストック予測モデルの構築20172019
一般共同研究ポリカーボネート板の建築的特性の把握と建築物への適用に関する技術開発20162018
経常研究非住宅建築物及び住宅の省エネ適合義務化対応と将来目標水準に関する研究20162018
重点研究カラマツ中大径木による心持ち平角材の利用拡大技術の開発20152017

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本建築学会大会学術講演会北海道における中大規模木造建築物への地域材利活用に係る現状と課題について齋藤 茂樹・渡邊 和之・糸毛 治・宮内 淳一日本建築学会九州2016
日本建築学会北海道支部研究発表会北海道における住宅ストック数の将来推計と推計精度に関する考察齋藤 茂樹・深尾 精一日本建築学会北海道支部北海道2016
日本建築学会大会学術講演会住宅ストックの将来推計に基づく築年数別住宅ストック構成に関する考察齋藤 茂樹・深尾 精一・安達 功・呉 祐一郎日本建築学会関東2015
日本建築学会大会学術講演会住宅ストックの構造、建て方、建設年代別の滅失傾向と将来推計に関する考察齋藤 茂樹・深尾 精一・西本 賢二・村田 幸隆・秋林 徹日本建築学会北海道2013
日本建築学会大会学術講演会空き家率の推移による都道府県の類型化齋藤 茂樹・鈴木 昌治・西本 賢二・深尾 精一日本建築学会東海2012

全て表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
戸建住宅の外壁に関する地震時損傷リスク評価手法の提案とその適用結果齋藤茂樹・深尾精一日本建築学会計画系論文集74641153915462009
比例ハザードモデルを用いた戸建住宅の外壁改修周期の推定齋藤茂樹・深尾精一・門脇耕三日本建築学会計画系論文集73628123112362008
戸建住宅の外壁改修周期に関する研究 : 複数の市街地における比較分析齋藤茂樹・深尾精一・門脇耕三日本建築学会計画系論文集61561672007

連絡先
郵便番号060-0819
住所札幌市北区北19条西11丁目
TEL011-747-0200
FAX011-747-0211
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.