北海道立総合研究機構研究職員データベース

大井 幹記 ( おおい もとき )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部肉牛グループ 
役職主査
資格和牛地方審査員
研究分野畜産物利用学/家畜育種学/家畜栄養学/家畜飼料学
キーワード肉質評価/官能評価/黒毛和種/アンガス種
所属学会日本畜産学会/北海道畜産草地学会/食肉研究会/肉用牛研究会/北海道肉牛研究会/環境リサイクル肉牛協議会/北海道あか牛研究会
自己PR アンガス種の種雄牛生産・配布(日本では道総研畜試だけ)、牛枝肉の脂肪酸組成の調査、試験牛群の管理を担当しています。
 また、理化学分析や官能評価の手法を用いて牛肉の品質評価の研究を行っています。こちらの方がお役に立てるかと思います。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
一般共同黒毛和種肥育牛の早期出荷に適した育種価評価法と育成・肥育技術20182020
奨励研究北海道産放牧和牛肉の可能性を探る20162016
経常(理事長枠)研究道産赤身型牛肉の評価方法の開発20162018
一般共同道産和牛肉の付加価値向上を目指した遺伝的改良指標の探索20152017
経常(各部)研究北海道優良基幹種雄牛育成事業(外国種)20152019

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本畜産学会第124回大会ウエットエージングにおける長期熟成が乳用種牛肉胸最長筋の理化学特性に及ぼす影響○大井幹記・奥村幸広日本畜産学会東京大学2018
日本畜産学会第122回大会ウエットエージングにおける熟成期間が乳用種牛肉胸最長筋の理化学特性に及ぼす影響○大井幹記・奥村幸広日本畜産学会神戸大学2017
第55回肉用牛研究会北海道における黒毛和種経産牛の放牧肥育の試み○大井幹記・奥村幸広肉用牛研究会島根県2017
日本畜産学会第121回大会国産乳用種牛肉と種々の牛肉における理化学特性の比較○大井幹記・佐々木啓介・名倉直登・宝寄山裕直・西邑隆徳日本畜産学会日本獣医生命科学大学2016
日本畜産学会第119回大会国産乳用種牛肉と輸入牛肉および和牛肉の理化学特性の比較○大井幹記・佐々木啓介・遠藤哲代・宝寄山裕直日本畜産学会宇都宮大学2015
日本畜産学会第119回大会国産乳用種牛肉と輸入牛肉および和牛肉の理化学特性の比較○大井幹記・佐々木啓介・遠藤哲代・宝寄山裕直日本畜産学会宇都宮大学2015
第50回肉用牛研究会ブラウンスイス種去勢牛の産肉特性○大井幹記・及川学・斉藤利朗・齋藤早春・杉本昌仁・藤川朗肉用牛研究会宮崎県2014
第52回肉用牛研究会北海道におけるジャージー種雄子牛の活用 トムラウシ☆ジャージーの取り組み○大井幹記・関谷達司肉用牛研究会京都府2014
日本畜産学会第114回大会濃厚飼料中のイアコーンサイレージの混合割合が黒毛和種去勢牛の消化性・第一胃内発酵に及ぼす影響○大井幹記・齋藤早春・遠藤哲代・及川学・杉本昌仁・藤川朗日本畜産学会北里大学2011
日本畜産学会第112回大会加圧過熱熱水蒸気処理した小麦稈の粗飼料特性○大井幹記・原悟志・齋藤早春・及川学・杉本昌仁・斉藤利朗日本畜産学会明治大学2010
第48回肉用牛研究会トウモロシサイレージ多給による黒毛和種去勢牛の肥育○大井幹記・齋藤早春・及川学・藤川朗・杉本昌仁肉用牛研究会京都大学2010
日本畜産学会第110回大会コーンサイレージ給与時の尿素添加でん粉粕サイレージの給与水準が黒毛和種去勢牛の消化率・第一胃内発酵に及ぼす影響○大井幹記・武田かおり・齋藤早春・杉本昌仁・日高智・斉藤利朗日本畜産学会日本大学2009
日本畜産学会第111回大会放牧時のでん粉粕サイレージの給与水準が黒毛和種去勢牛の採食量および消化率、第一胃内発酵に及ぼす影響○大井幹記・武田かおり・齋藤早春・杉本昌仁・及川学・日高智・斉藤利朗日本畜産学会琉球大学2009

5件表示
学術論文
表題著者名学会誌名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
黒毛和種の脂肪交雑形状および消費者型官能評価との関係性阿佐玲奈・岡本匡代・佐々木可奈恵・大井幹記・竹尾麻紗美・萩谷功一・口田圭吾日本畜産学会報8821391432017外部リンク

連絡先
郵便番号081-0038
住所上川郡新得町字新得西5線39番地1
TEL
FAX0156-64-6151
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.