北海道立総合研究機構研究職員データベース

山田 加一朗 ( やまだ かいちろう )
所属産業技術環境研究本部食品加工研究センター食品開発部食品開発グループ 
役職主査
資格
研究分野食品科学/微生物学
キーワード加工用トマト/水産加工/食肉製品/非加熱食肉製品/バクテリオシン
所属学会日本官能評価学会
自己PRこれまでに食肉加工、発酵食品、発酵微生物に関する研究を行ってきました。現在は、水産加工品の研究を行っています。生ハム様食感のサケ加工品の開発、チーズホエイを利用したサバ一夜干しの食感改良や魚臭を低減し身が柔らかで骨まで食べられ、常温保存可能である水産加工品の開発に取り組んでいます。
主な研究課題
研究制度研究課題名開始年終了年
外部資金研究加工用トマトの機械化栽培技術体系における品質評価と加工用一次素材試作20172019
経常研究流動層造粒乾燥を用いた有用微生物の粉末化に関する研究20132014
経常研究バクテリオシン生産微生物を活用した発酵食品の安全性向上に関する研究20112013
重点研究北海地鶏の新飼育方式の開発とブランド向上20082010
重点研究エゾシカ肉の品質評価と加工技術の開発20072008

主な研究実績
発表会・講演会・学会等での発表
学会名またはシンポジウム名発表テーマ名発表者名主催団体開催場所発表年外部リンク
日本育種学会・日本作物学会北海道談話会加工用トマト成分の品種間差と登熟過程における成分の変化山田加一朗・五十嵐俊成日本育種学会・日本作物学会北海道支部会江別市2017
北海道醸造技術研究会H23年度第2回例会独自乳酸菌スターターを活用した生ハム製造の試み山田加一朗・井上貞仁・川上誠北海道醸造技術研究会札幌市2011
アカデミックプラザ2011道産魚貝類を原料とした新しい発酵食品「北海道さかな味噌」の開発濱岡直裕・山田加一朗・柿本雅史(社)日本食品機械工業会東京2011
日本畜産学会第111回大会乳原料による麹およびこれを用いた発酵調味料の開発川上誠・山田加一朗・河野慎一日本畜産学会沖縄2009
平成20年度日本食品科学工学会北海道支部大会エゾシカ肉を主原料とした発酵調味料およびその加工品について山田加一朗・井上貞仁・川上誠日本食品科学工学会北海道支部大会札幌市2009

刊行物等での発表
題名著者名刊行物名巻数号数開始頁終了頁刊行年外部リンク
北海道産加工用トマトの品質に関する研究山田加一朗・吉川修司食品加工研究センター事業報告1527312020
食品に利用可能な抗菌物質「バクテリオシン」生産菌の探索とその特徴の解明山田加一朗・八十川大輔食品加工研究センター事業報告18192010
北海地鶏の新飼育方式の開発とブランド向上山田加一朗・八十川大輔・川上誠・柿本雅史食品加工研究センター事業報告16172010
抗菌ペプチドを利用した発酵食肉製造技術の開発山田加一朗・八十川大輔・川上誠食品加工研究センター事業報告14152009
エゾシカ肉の品質評価と加工技術の開発山田加一朗・井上貞仁・川上誠食品加工研究センター事業報告18192008

全て表示
技術支援
支援内容対応年外部リンク
加工用トマトを原料とした製品開発2017~
ホエイを利用した非加熱発酵食肉製品の開発2011
エゾシカ肉を原料としたペットフードの開発2011
魚貝類を原料とした味噌の開発2004~

著書(書籍、雑誌)
書名著者雑誌名(書籍未記入)巻号数(書籍未記入)出版社刊行年(書籍)外部リンク
肉の発酵食品その他生物工学会誌88(社)生物工学会2010

知的財産権(特許等)
発明の名称権利の種類登録番号外部リンク
味付米菓の製造方法特許(出願中)特願2017-185621

連絡先
郵便番号069-0836
住所江別市文京台緑町589番地4
TEL011-387-4111
FAX011-387-4664
URLこちらをご覧ください。

印刷ボタン トップに戻る 前に戻る
印刷がうまくいかないときはこちらもお試し下さい
「印刷する」をクリックすると、印刷用のページが表示されます。そのページの右クリック、もしくはメニューの「印刷」から印刷してください。サイズが合わない場合は、メニューの「印刷プレビュー」から「100%」または「用紙に合わせて縮小」を選んでから印刷して下さい。
Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.