北海道立総合研究機構研究職員データベース

農業研究本部の検索結果

古原 洋 ( こはら ひろし )
所属農業研究本部
役職本部長
PR水稲の栽培、水稲作における雑草防除の研究を行ってきました。この他に食クラスターに関わるコーディネート業務に経験もあります。現在は総合調整窓口を担当しています。共同研究等の相談、連絡を待っています。

吉村 康弘 ( よしむら やすひろ )
所属農業研究本部企画調整部
役職部長
PR麦類、主にコムギの育種・品種改良を行ってきました。現在は、水稲、畑作物、果樹等の品種開発、品種特性についての研究開発を行う作物開発部の進行管理を行っています。病気や障害に強く、多収で栽培しやすい品種開発と多用途化する食生活や道産食材の利用促進に対応する品種開発と普及拡大に関わる研究を推進しています。

美濃 健一 ( みの けんいち )
所属農業研究本部企画調整部
役職研究主幹
PR作物の病害に係る調査・試験を担当しています。現在の担当は施設野菜と露地野菜の病害試験と診断試験です。これまで、野菜病害の減農薬栽培試験、土壌還元消毒に係る試験、カボチャの突起症状防除対策、ジャガイモやタマネギの土壌病害や秋まき小麦の雪腐病の試験などを担当し、さらに、病害虫発生予察事業に係る調査や事務を担当しました。

菅原 章人 ( すがわら あきと )
所属農業研究本部企画調整部
役職主査
PR馬鈴しょ、大豆、小豆、飼料用とうもろこしの栽培試験を行っています。

富沢 ゆい子 ( とみざわ ゆいこ )
所属農業研究本部企画調整部
役職主査
PR現在は地域の問題解決のための支援活動を行っています。過去にはメロンの栄養診断技術、りんごのお酒であるシードルの製造技術、菜豆の品質評価技術や機能性成分、子実用とうもろこしの食材利用と栽培技術、醸造用ぶどう畑の土壌物理性改善、長ねぎの栽培方法や局所施肥技術、リーキの栽培技術、トマトやかぼちゃの有機栽培用育苗培土の作製法、セルリーのかん水および施肥対応技術、レタスに対する窒素固定微生物の利用、野菜類の硝酸塩含量の課題を扱っています。

三宅 規文 ( みやけ のりふみ )
所属農業研究本部企画調整部
役職主査
PR害虫防除を担当しています。
畑作物(小麦、馬鈴しょ、てん菜、豆類)の害虫防除、植物ウィルス媒介虫の防除方法を研究しています。

神野 裕信 ( じんの ひろのぶ )
所属農業研究本部企画調整部企画課
役職課長
PR農業および畜産関係試験場全体の窓口および連絡調整業務を担当しています。どこに相談してよいかわからない案件がありましたら、まずは当方にご相談ください。

専門は作物育種で、小麦、大麦、豆類などの育種及び栽培試験経験があります。中央農試勤務のおかげで洋梨のおいしさを知りました。

山崎 敬之 ( やまざき ひろゆき )
所属農業研究本部企画調整部企画課企画グループ
役職主任主査
PRこれまで、豆類(特に大豆育種)に係る開発研究に主に携わり、平成27年度から、道総研本部において、産学官連携や各種相談に係る仕事を担当してきました。
令和元年度からは、農業研究本部企画課で成果普及のための発表会の開催や刊行物の発行、ホームページ発信などの業務を行っています。

木村 文彦 ( きむら ふみひこ )
所属農業研究本部企画調整部企画課企画グループ
役職主査
PR専門は野菜です。これまで、いちごの新品種育成や栽培技術の研究、ほうれんそう・キャベツなど葉菜類の栽培技術を研究してきました。
現在は、農業研究本部において研究課題の進行管理に関する事務業務を担当しています。

牧野 司 ( まきの つかさ )
所属農業研究本部企画調整部企画課企画グループ
役職主査
PR

大越 安吾 ( おおこし あんご )
所属農業研究本部企画調整部企画課企画グループ
役職研究主任
PR自立可能な北海道酪農を構築するために、巨視的な視野で酪農に必要とする技術開発を行なっています。担当分野は、排水処理と粗飼料調製・品質ですが、昨年から鳥害対策を中心としたバイオセキュリティや家畜ふん尿の悪臭対策と高度利用についても研究対象にしています。必要があれば、自分の専攻分野に固執すること無く、工学や理学など他の分野の知識を吸収し、活用する柔軟性も持ち合わせています。次年度以降からは畜産業における省エネルギー対策にも取り組む予定です。

笛木 伸彦 ( ふえき のぶひこ )
所属農業研究本部企画調整部地域技術グループ
役職研究主幹
PR現場の問題を研究テーマにし、速やかな解決につなげる仕事を最重要視しています。特に土づくりや施肥管理・有機物管理に関しては、現場との連携プレイを得意としています。現場・地域と一緒にやった研究成果を学術論文にすることをモットーとしています。

稲川 裕 ( いながわ ゆたか )
所属農業研究本部企画調整部地域技術グループ
役職主任主査
PR専門は果樹です。
現在は、地域農業技術センター連絡会議(NATEC)の運営や
農業研究ニーズ情報検索サービス(ARIRES)の管理
に携わっています。

野津 あゆみ ( のつ あゆみ )
所属農業研究本部企画調整部地域技術グループ
役職主査
PR作物病害防除技術の開発、発生生態の解明等に取り組んでいます。

山野寺 元一 ( やまのでら もとお )
所属農業研究本部中央農業試験場
役職副場長
PR

鈴木 孝子 ( すずき たかこ )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部
役職部長
PRDNAマーカーに関する仕事、小麦縞萎縮病に関する仕事に長く従事していました。

黒島 学 ( くろしま まなぶ )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部作物グループ
役職研究主幹
PRほうれんそう、レタスなどの葉茎類やメロンなどの野菜品目の栽培試験と貯蔵試験、デルフィニウム、輪ぎく、かすみそう等の切り花の栽培試験と品質保持技術に取り組んできました。現在は、果樹関係および道央部で畑作物関係の試験課題に関する業務を行っています。

吉田 昌幸 ( よしだ まさゆき )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部作物グループ
役職主査
PR果樹の育種(オウトウ)・栽培関連の研究を担当しています。

鴻坂 扶美子 ( こうさか ふみこ )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部作物グループ
役職主査
PR大豆の品種改良が主たる業務ですが、なかでも作物の耐湿性に関心があります。

井上 哲也 ( いのうえ てつや )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部作物グループ
役職主査
PR以前はおうとう、りんごなど果樹の育種や栽培に関する研究に携わり、現在は麦類など畑作物の地域適応性試験や栽培に関する試験を担当しております。北海道の気象にあった作物の導入・新品種の育成・栽培法の改善に関心があります。

佐藤 三佳子 ( さとう みかこ )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部作物グループ
役職研究主任
PR平成26年から、春まき小麦、大豆、てんさいの試験に従事しています。以前は、小麦の栽培管理や秋まき小麦の育種に携わっていました。

池永 充伸 ( いけなが みつのぶ )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部作物グループ
役職研究主任
PR

菅原 彰 ( すがわら あきら )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部作物グループ
役職研究主任
PR水稲の品種改良・水田雑草防除、および小麦と小豆について研究を行っています。

平間 琢也 ( ひらま たくや )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部作物グループ
役職研究職員
PR主にオウトウの育種とブドウの苗木増殖に関する研究をしています。

奥山 昌隆 ( おくやま まさたか )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部生物工学グループ
役職研究主幹
PR小豆・菜豆(いんげんまめ)について、北海道における生産安定性と品質の向上を目標に、各専門の研究員、普及センターおよび関係機関と連携し新品種開発等の試験に取り組んでいます。

相馬 ちひろ ( そうま ちひろ )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部生物工学グループ
役職主査
PR水稲、小麦、小豆などの品種判別やってます

道満 剛平 ( どうまん こうへい )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部生物工学グループ
役職研究職員
PR道総研の各作物育種に関わるDNAマーカー検定、マーカーの開発、遺伝解析を行っています。小麦の病害抵抗性遺伝子(縞萎縮病やなまぐさ黒穂病)、除草剤に強い小豆の探索、小豆ゲノムに関する研究を行っています。平成26~30年度には北海道米の品種開発を行っていました。

丸田 泰史 ( まるた たいし )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部生物工学グループ
役職研究職員
PR現在、小麦の葯培養や小豆、馬鈴薯の組織培養、水稲の遺伝子解析を中心として業務を行っております。
また平成27~29年度までは、水稲の育種を担当しておりました。

佐藤 圭 ( さとう けい )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部生物工学グループ
役職研究職員
PR小豆茎疫病の接種検定や馬鈴薯の自殖系統の遺伝子型同定を主な業務としています。

阿出川 さとみ ( あでがわ さとみ )
所属農業研究本部中央農業試験場作物開発部生物工学グループ
役職研究職員
PR業務では小麦、水稲、馬鈴薯の育種ニーズに合わせた遺伝子マーカー解析(MAS解析)や、葯培養を担当しています。大学時代は土壌細菌Bacillus thuringiensisが産生する、昆虫だけを選択的に殺すタンパク質毒素について研究していました。遺伝子工学を中心とした分子生物学的手法、および膜タンパク質の精製やタンパク質-タンパク質間の相互作用関係解析を中心とした生化学的手法の経験があります。

五十嵐 俊成 ( いがらし としなり )
所属農業研究本部中央農業試験場水田農業部
役職部長
PR水稲栽培研究、食品加工、小麦栽培試験、農業改良普及員の研修など幅広い業務に従事してきました。最近では中国からの招聘により各地のシンポジウムで講演活動を行っています。

黒崎 英樹 ( くろさき ひでき )
所属農業研究本部中央農業試験場水田農業部水田農業グループ
役職研究主幹
PR大豆の育種、白花豆や虎豆などの栽培試験に従事してきました。ご一緒にお仕事できることがありましたら、お声をかけていただければ幸いです。

細淵 幸雄 ( ほそぶち ゆきお )
所属農業研究本部中央農業試験場水田農業部水田農業グループ
役職主査
PRこれまで、農産物のカドミウム吸収抑制技術の開発および園芸作物の施肥技術や生理障害を担当してきました。これらの経験を生かして、新たな課題に取り組んでいきたいと思います。

西村 努 ( にしむら つとむ )
所属農業研究本部中央農業試験場水田農業部水田農業グループ
役職主査
PR平成30年度から極多収米(業務用向け)、直播栽培向けおよび酒造好適米など水稲の新品種改良試験を担当しています。多収性育種に関する基礎研究にも取り組んでいます。以前は小麦の品種改良や穂発芽耐性育種に従事し、ソバの試験研究なども担当していました。

田村 元 ( たむら はじめ )
所属農業研究本部中央農業試験場水田農業部水田農業グループ
役職研究主査
PRジャガイモそうか病、畑土壌の有機物連用、食用ばれいしょの有機栽培、てんさいのリン酸減肥に関する試験研究に携わってきました。現在はばれいしょ・てんさいの品種比較やばれいしょの貯蔵・栽培法に取り組んでいます。

山下 陽子 ( やました ようこ )
所属農業研究本部中央農業試験場水田農業部水田農業グループ
役職研究主任
PR水稲の品種開発に携わっています。
以前は、水稲、大豆、小麦、馬鈴しょ、おうとうのDNAマーカー開発に携わっていました。

佐藤 博一 ( さとう ひろかず )
所属農業研究本部中央農業試験場水田農業部水田農業グループ
役職研究主任
PR水稲品種開発(極多収米・直播栽培用米・酒造好適米)に取り組んでいます。
また、水稲の生育・収量予測にも取り組んでいます。

小杉 重順 ( こすぎ しげより )
所属農業研究本部中央農業試験場水田農業部水田農業グループ
役職研究職員
PR水稲の多収要因の解明に取り組んでいます。以前は大学院で、土壌コロイド(粘土鉱物)のリン酸吸着モデル、およびコロイド溶液の分散凝集性の研究に取り組んでいました。

富山 博之 ( とみやま ひろゆき )
所属農業研究本部中央農業試験場水田農業部水田農業グループ
役職研究職員
PR大学では果樹園芸学を専門に研究を行っていました。また、前職では、除草剤に関する探索研究および開発研究を担当していました。現在は、水稲の栽培について研究を行っています。業績は外部リンクからご確認ください。

田村 吉史 ( たむら よしふみ )
所属農業研究本部中央農業試験場加工利用部
役職部長
兼務産業技術環境研究本部食品加工研究センター 研究参事
PR

後藤 英次 ( ごとう えいじ )
所属農業研究本部中央農業試験場加工利用部農産品質グループ
役職研究主幹
PRこれまで主に水稲の肥料および栽培技術、水田土壌に関する研究機会が多かったのですが、小麦・大豆など畑作物や園芸作物(メロン、イチゴ、花き)についても担当してきたので、土壌肥料・植物栄養に関する試験について、ある程度幅広く対応いたします。現在は、農産品質グループの研究主幹として、グループの研究管理等を担当しています。

中道 浩司 ( なかみち こうじ )
所属農業研究本部中央農業試験場加工利用部農産品質グループ
役職主査
PR品種開発にかかわる業務(育種・検定・品質)を主に担当しておりました。また、シードルに関する研究開発も行ってきました。
特に小麦に関する情報に興味があります。
現在は、冷凍パン生地開発、りんご加工残渣から製造するシロップ様食素材の実用化を担当しています。

梶田 路津子 ( かじた るつこ )
所属農業研究本部中央農業試験場加工利用部農産品質グループ
役職研究主査
PR

佐々木 亮 ( ささき まこと )
所属農業研究本部中央農業試験場加工利用部農産品質グループ
役職研究主任
PR北海道の生産者への貢献を目指して、水稲の栽培技術開発を中心に取り組んでいます。

竹内 薫 ( たけうち かおる )
所属農業研究本部中央農業試験場加工利用部農産品質グループ
役職研究職員
PR

田中 義則 ( たなか よしのり )
所属農業研究本部中央農業試験場遺伝資源部遺伝資源グループ
役職部長
PR

鈴木 和織 ( すずき かずおり )
所属農業研究本部中央農業試験場遺伝資源部遺伝資源グループ
役職研究主幹
PR水稲、麦類、豆類の健全種子の生産、管理、供給に日々努めています。また、保存遺伝資源の保存管理全般を担当しています。

千田 圭一 ( せんだ けいいち )
所属農業研究本部中央農業試験場遺伝資源部遺伝資源グループ
役職主任主査
PRバレイショ新品種の育成に従事し、「ムサマル」「サクラフブキ」「花標津」「スタークイーン」「ナツフブキ」「スノーマーチ」「オホーツクチップ」「ゆきつぶら」「さやあかね」「コナユキ」「コナユタカ」「リラチップ]「北育22号」の育成に関与してきました。現在は麦類の基本種子の生産および植物遺伝資源の保存管理を担当しています。

植野 玲一郎 ( うえの れいいちろう )
所属農業研究本部中央農業試験場遺伝資源部遺伝資源グループ
役職主査
PR2020年4月に花野技セから中央農試遺伝資源部へ異動し、遺伝資源保存・貯蔵・備蓄管理と豆類(大豆・小豆・菜豆・花豆・豌豆)種子生産担当になりました。
米麦豆の遺伝資源管理を通して、北海道農業の発展に関わりたいと思っています。

吉村 徹 ( よしむら とおる )
所属農業研究本部中央農業試験場遺伝資源部遺伝資源グループ
役職研究主査
PR・水稲優良品種の種子の生産、管理、供給に携わっています。・また、道総研で保有している陸稲を含む約4,200点の稲類の遺伝資源の保存、管理、再生産を行っています。貯蔵している遺伝資源はインターネットで検索が可能で提供できるものもあります(一部有償)。・道総研で開発したDNAマーカーを用いた北海道優良品種判別の依頼試験(有償)も実施しています。

佐藤 仁 ( さとう ひとし )
所属農業研究本部中央農業試験場遺伝資源部遺伝資源グループ
役職研究主任
PR小豆の多収性、機械化収穫特性に係る研究を実施。

江部 成彦 ( えべ しげひこ )
所属農業研究本部中央農業試験場農業システム部
役職部長
PRいんげんまめ(菜豆)と馬鈴しょの品種改良のほか、畑作物の栽培法や生産システムに関する試験に従事してきました。

白井 康裕 ( しらい やすひろ )
所属農業研究本部中央農業試験場農業システム部農業システムグループ
役職研究主幹
PR新たに戦略研究(地域関連)の試験課題に取り組むことになりました。

山田 洋文 ( やまだ ひろふみ )
所属農業研究本部中央農業試験場農業システム部農業システムグループ
役職主査
PR大規模稲作地帯である空知や上川地域を対象とした農業経営研究に従事しています。

原 圭祐 ( はら けいすけ )
所属農業研究本部中央農業試験場農業システム部農業システムグループ
役職主査
PR農業機械全般にわたった試験研究をしています。最近は特にスマート農業に関わる研究に従事しています。

石井 耕太 ( いしい こうた )
所属農業研究本部中央農業試験場農業システム部農業システムグループ
役職研究主査
PR

吉田 裕介 ( よしだ ゆうすけ )
所属農業研究本部中央農業試験場農業システム部農業システムグループ
役職研究職員
PR

松本 匡祐 ( まつもと きょうすけ )
所属農業研究本部中央農業試験場農業システム部農業システムグループ
役職研究職員
PR消費者の心理的な面に踏み込んだ研究に取り組むことになりました。
テキストマイニング等を活用し、クリーン農業の理解促進に向け重要となるキーワードの特定を目指しています。

稲野 一郎 ( いなの いちろう )
所属農業研究本部中央農業試験場農業システム部農業システムグループ
役職専門研究員
PR 農作業の省力化、自動化、精密化を目指し、農業機械のICT化にも取り組んできました。てん菜の直播栽培の機械化、小麦の簡易耕栽培の研究実績もあります。現在は主に乳牛のふん尿処理に関する研究に従事しています。

渡邊 祐志 ( わたなべ ゆうじ )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部
役職部長
PR秋まき小麦、水稲の土壌肥料、栄養生理に関する試験研究に携わった後、土壌肥料に関する技術普及に従事しました。土づくり、作物の施肥管理、農業環境部門において、農業者、地域農業関係者に対して指導、助言することができます。所属する農業環境部には、土壌改良、排水改良など土壌物理性改善の専門家、畑作物・園芸作物などの栽培・施肥改善、クリーン農業・有機農業の専門家、環境保全などの専門家が在籍しています。メンバー共々ご相談に応じますのでお気軽にお声がけください。

谷藤 健 ( たにふじ けん )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部環境保全グループ
役職研究主幹
PR小麦品種育成、大豆品種の加工適性評価、畑作施肥技術開発等に携わった後、食加研にて道産素材の加工研究に従事し、現在は、畑作物、大規模露地野菜の適応性評価や栽培試験、地域への技術支援を統括しています。農作物は、加工者や消費者に喜ばれる品質特性を備えて供給されることが重要であり、そうした生産物を安定して得られる技術を生産者へ提案できる試験研究に取り組みます。

塚本 康貴 ( つかもと やすたか )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部環境保全グループ
役職主査
PRこれまで水田ならびに転換畑での作物生育と土壌理化学性(特に土壌物理性)に関する研究や、暗渠排水など農地圃場整備での排水改良に関する研究を行っています。近年は農家が所有する溝掘機による灌漑排水技術、暗渠清掃用施設「集中管理孔」を利用した作物への地下灌漑技術の開発、醸造用ぶどう畑の土壌物理性改良試験などを実施してます。共同研究などのご要望をお待ちしております。

八木 哲生 ( やぎ てつお )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部環境保全グループ
役職主査
PR

須田 達也 ( すだ たつや )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部環境保全グループ
役職研究主任
PR以前は水質や生物多様性、環境教育についての課題を担当しました。最近は、温室効果ガスについての課題に取り組んでおります。

藤井 はるか ( ふじい はるか )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部環境保全グループ
役職研究主任
PR土壌由来重金属の作物への吸収実態試験や、作物栽培による土壌物理性改善に取り組んでいます。
また、農業試験場で受ける依頼分析の窓口業務を担当しております。

巽 和也 ( たつみ かずや )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部環境保全グループ
役職研究職員
PR近年増加傾向にある異常気象に対応する農業技術に関する研究に取り組んでいます。最近では衛星やUAVを活用したリモートセンシングによる農地排水性診断に関する研究に従事しています。また、GIS技術を利用した広域評価などにも興味があり、共同研究のお誘いなどお待ちしております。

藤田 一輝 ( ふじた かずき )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部環境保全グループ
役職研究職員
PR土壌に関する研究を行なっています。

福川 英司 ( ふくかわ えいじ )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部生産技術グループ
役職研究主幹
PR今年から中央農試農業環境部生産技術グループにて、土壌肥料と園芸研究を担当することになりました。専門は園芸(野菜)の栽培で、これまでにいちご品種育成(ゆきララ、けんたろう、きたのさち、なつじろう)や、いちごの高設栽培に関する研究メロンの貯蔵試験などに携わってきました。野菜花きの栽培、クリーン農業・有機農業などでお困りのことがありましたら、よろずご相談にのります。

杉川 陽一 ( すぎかわ よういち )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部生産技術グループ
役職主査
PR転換畑が多い道央地域での小麦栽培研究や、気象と作物生育に関する研究を行っています。

鈴木 慶次郎 ( すずき けいじろう )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部生産技術グループ
役職研究主査
PRこれまで、主として「土壌環境制御によるジャガイモそうか病防除」、「硝酸性窒素による地下水の汚染防止」に関する研究等に携わってきました。近年は、「たまねぎの肥培管理技術」、「農業分野における有効な地球温暖化対策である土壌炭素貯留」に関する研究を行っています。

杉山 裕 ( すぎやま ゆたか )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部生産技術グループ
役職研究主任
PRこれまで、野菜の栽培試験や品種育成、施肥技術の開発等に従事してきました。
現在は、道産農産物を利用した新たな食の提案、品質評価による新品種の育成支援等に携わっています。

小谷野 茂和 ( こやの しげかず )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部生産技術グループ
役職研究主任
PR畑作物や野菜の収量・品質の向上や安定生産を可能にする、新たな施肥法や栽培技術を開発するための研究をしています。

玉掛 秀人 ( たまがけ ひでと )
所属農業研究本部中央農業試験場農業環境部生産技術グループ
役職専門研究員
PR

浅山 聡 ( あさやま さとし )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部
役職部長
PR令和2年度から道総研農業試験場病虫部会を管轄しています。
これまでに、二条大麦の品種改良、麦類の種苗生産と遺伝資源管理、小麦の品種改良に関する研究課題の管理と研究支援部門の管理に携わってきました。

西脇 由恵 ( にしわき よしえ )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部病害虫グループ
役職研究主幹
PR作物(主に花き・野菜および果樹)の病害に関する診断、病原菌の発生生態の解明や防除対策の確立に取り組んでおります。

新村 昭憲 ( しんむら あきのり )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部病害虫グループ
役職主査
PR

角野 晶大 ( すみの あきお )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部病害虫グループ
役職研究主査
PR作物の病害防除技術や病原菌の発生生態に関する試験研究を行っています。

橋本 直樹 ( はしもと なおき )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部病害虫グループ
役職研究主査
PR農業害虫の防除対策に関する試験研究を行っています。

齊藤 美樹 ( さいとう みき )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部病害虫グループ
役職研究主任
PR生物間の捕食-被食関係(食う-食われるの関係)や、物理的防除など化学農薬を用いない害虫の防除法に興味があります。近年では、施設栽培ホウレンソウで問題になるホウレンソウケナガコナダニの耕種的防除法についての研究を行いました。
現在は光を用いた害虫防除について研究しています。
・・・・・・・・
齊藤美樹
Miki Saito

小松 勉 ( こまつ つとむ )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部予察診断グループ
役職研究主幹
PR病害虫の発生予察調査、予察調査をより高度化するためのICT技術の活用などに取り組む研究グループの総括をしています

小澤 徹 ( こざわ とおる )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部予察診断グループ
役職主査
PRコムギの赤かび病の防除対策に関する試験を担当しております。

山名 利一 ( やまな としかず )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部予察診断グループ
役職主査
PR北海道の作物で発生している病害についての発生予察調査の他、病害の診断方法の開発に取り組んでおります。現在、試験課題としては、病害発生の早期把握技術の開発やAIを活用した診断法などについて研究しております。

武澤 友二 ( たけざわ ゆうじ )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部予察診断グループ
役職研究主任
PR

荻野 瑠衣 ( おぎの るい )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部予察診断グループ
役職研究主任
PR予察診断グループで害虫部門を担当しています。

森 万菜実 ( もり まなみ )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部予察診断グループ
役職研究職員
PR予察診断グループで病害を担当しております。りんご黒星病を中心とした課題に取り組んでおります。

下間 悠士 ( しもつま ゆうし )
所属農業研究本部中央農業試験場病虫部予察診断グループ
役職研究職員
PR害虫の薬剤感受性を守りたいです。

安積 大治 ( あさか だいじ )
所属農業研究本部上川農業試験場
役職場長
PR衛星リモートセンシングやGISを活用して、農地の生産特性や作物の生育状況を広域に把握・評価する手法に関する研究にとりくんできました。現在は研究業務は担当していませんが、農業リモートセンシングに関連するご相談に広く応じます。

竹内 晴信 ( たけうち はるのぶ )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部
役職部長
PR長らく土壌肥料、土地改良、環境保全に関する研究を担当して参りました。現在は北海道の米倉と称される上川で、水稲育種や各種作物の栽培法に関する試験研究の調整と、地域の技術的な諸問題への対応窓口の役割を戴いております。どこに相談して良いかわからないことがございましたら、お気軽にご相談ください。

宗形 信也 ( むねかた しんや )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部水稲グループ
役職研究主幹
PR水稲をはじめ主に作物育種に携わってきました。現在は水稲の品種開発とその栽培、普及に関する仕事をしています。最近、直播向良食味品種「えみまる」や業務用途向品種「そらゆき」、飼料用途向品種「そらゆたか」など特徴のある新品種が次々と開発されています。ぜひ新製品開発にお試しください。

木下 雅文 ( きのした まさふみ )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部水稲グループ
役職主査
PR水稲の品種改良に携わっています。これまで、「ゆめぴりか」、「きたゆきもち」、「きたふくもち」、「そらゆき」、「そらゆたか」等の育成に関わりました。

熊谷 聡 ( くまがい さとし )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部水稲グループ
役職研究主任
PR北海道における水稲栽培技術(白未熟粒対策、減化学肥料栽培)に関する研究に従事し、現在はこれらの知見を水稲品種改良にフィードバックさせる取り組みをしています。また、水稲除草剤の実用化試験についても担当しています。

粕谷 雅志 ( かすや まさし )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部水稲グループ
役職研究主任
PR「ゆめぴりか」「ななつぼし」「ふっくりんこ」等に置き換わるの良食味品種の改良を行っています。また、糯米も担当しています。また、以前は麦の品種改良を担当しており、麦と米の両方についてみなさんと仕事ができたらと考えています。

森田 耕一 ( もりた こういち )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部水稲グループ
役職研究職員
PR水稲の育種(品種改良)に携わっています。北海道の気象条件に適した、収量が多く食味の優れた品種の開発を目指しています。以前は小麦の育種を担当していました。

鈴木 亮子 ( すずき りようこ )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主幹
PRアルストロメリア、トルコギキョウ、宿根かすみそう、ダリア等切り花の栽培技術や品質保持技術の研究に携わってきました。現在は豆類以外の畑作物と野菜の研究マネジメントを担当しています。また、技術普及室の皆さんと一緒に地域支援の仕事もしています。

藤倉 潤治 ( ふじくら じゆんじ )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職主任主査
PR

長濱 恵 ( ながはま めぐみ )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職主任主査
PR各種病原菌の耐性菌対策・検定に取り組んでいました。水稲の減農薬栽培に関する研究に取り組んでいました。十勝地域における技術的課題等への支援を行っていました。試験場の研究成果を技術体系化チームの現地実証試験を通じて地域に提案・普及します。


内田 哲嗣 ( うちだ てつし )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職主査
PR果樹の試験研究に携わっています。現在空知管内でのワイン用ぶどうの安定生産、普及拡大にかかわる実証試験を行っています。また、石狩管内、胆振管内の農業にかかわる諸問題の解決に当たる農業技術支援会議の活動を行っています。

髙濱 雅幹 ( たかはま まさよし )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職主査
PR北海道での野菜冬季出荷、新規導入作物の栽培法確立などを研究しております。品目は、花き、野菜全般とさつまいもについて担当しています。

大塚 省吾 ( おおつか しようご )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主査
PR北海道北部の農家経営安定のため、多収・省力化技術の開発を目標に、各種畑作物の施肥試験・緩効性肥料を用いた試験を行っている。

平山 裕治 ( ひらやま ゆうじ )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主任
PR畑作物の品種育成に係る仕事をしています。

齋藤 優介 ( さいとう ゆうすけ )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主任
PR豆類の品質や機能性、品種開発に従事してきました。現在は、水稲などの収量性や品質に関する研究を行っています。

堀川 謙太郎 ( ほりかわ けんたろう )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究職員
PR現在の業務では,水稲の育種現場のニーズに合わせたDNAマーカーの開発や,これを用いた検定を行っています.また,過去にはHPLCおよび質量分析計を用いた作物中の成分の同定および定量等,分析化学の経験や,植物培養,土壌微生物の培養などの研究を行っていました.

古山 真一 ( ふるやま しんいち )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究職員
PRパイプハウスで統合環境制御に関する技術開発を行っています。

村田 暢明 ( むらた のぶあき )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究職員
PR病害の担当です。現在の業務では、イネいもち病の防除薬剤を減らす取り組みや、小豆新品種候補の病害抵抗性検定を行っています。
大学では、菌類(Pyricularia属菌)の系統解析を主に行ってきました。

佐々木 大介 ( ささき だいすけ )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究職員
PR害虫の担当で、現在はニンニクのウイルス病を媒介するアブラムシやサビダニの研究をしています。大学時代から公私ともにアブラムシの研究を続けており、アブラムシの種までの同定が可能です。植物病理の研究歴があり、糸状菌を扱うことができます。

中村 隆一 ( なかむら りゆういち )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職専門研究員
PR園芸、畑作物、水稲と幅広い分野の土壌肥料試験を行ってきました。
現在は、木質炭化学会にも所属し、バイオ炭、クレジットにも関心を持って業務を行っております。

古川 勝弘 ( ふるかわ かつひろ )
所属農業研究本部上川農業試験場研究部生産技術グループ
役職専門研究員
PR水稲、畑作、園芸作物の害虫(線虫も含む)の、防除、生態等に関する試験研究に携わってきました。なんでもご相談下さい。また、ゾウムシ類の分類ができます。

小檜山 久寿 ( こひやま ひさとし )
所属農業研究本部道南農業試験場
役職場長
PR

佐藤 毅 ( さとう たかし )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部
役職部長
PR水稲育種に長年携わり、「ゆめぴりか」「きたゆきもち」「ほしまる」などの品種を育成しました。
各種作物の組織培養やゲノム研究も実施してきました。
現在は、施設園芸の盛んな道南農試で勤務しております。

小野寺 政行 ( おのでら まさゆき )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主幹
PR有機物の肥効評価、野菜および畑作物の肥培管理技術、栄養障害診断、粘質土壌の管理技術などに関する研究を行っています。

大橋 優二 ( おおはし ゆうじ )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部生産技術グループ
役職主任主査
PR現在、トマトを用いて近赤外光センサーによる非破壊窒素栄養診断やパイプハウスにおける環境・養分制御による省力多収技術の開発に取り組んでいます。

乙部 裕一 ( おとべ ゆういち )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部生産技術グループ
役職主任主査
PR土、水、大気、肥料、ふん尿、作物は水稲から牧草まで、農業環境全般を研究対象にしています。

江原 清 ( えはら きよし )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主任
PR園芸作物の栽培法を業務としています。現在は、加工用トマトの栽培法および品種特性について研究しています。

菅原 魁人 ( すがわら かいと )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究職員
PR加工・業務用露地野菜の研究に興味があります。
現在はブロッコリーの直播栽培にむけて取り組んでいます。

古林 直太 ( ふるばやし なおた )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究職員
PR

安岡 眞二 ( やすおか しんじ )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部作物病虫グループ
役職研究主幹
PR現在はおもにジャガイモの細菌病を対象に発生生態や防除に関する研究を実施している。
地域ニーズ対応として多くの関係機関とともに試験を実施している。

尾﨑 洋人 ( おざき ひろと )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部作物病虫グループ
役職主査
PR寒地における水稲の品種改良に携わっています。「ふっくりんこ」「ゆめぴりか」「しろくまもち」「きたゆきもち」[きたふくもち」「きたくりん」「そらゆき」「きたしずく」「そらゆたか」の育成に関わりました。

青木 元彦 ( あおき もとひこ )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部作物病虫グループ
役職主査
PR害虫の生態や光や超音波を用いた物理的防除法など、害虫防除に関する研究を行っております。

池田 幸子 ( いけだ さちこ )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部作物病虫グループ
役職研究主査
PR病原菌の生態に注目し、より効果的・省力的な防除法を確立することを大きなテーマにしています。

青山 聡 ( あおやま さとし )
所属農業研究本部道南農業試験場研究部作物病虫グループ
役職研究主査
PR これまで小豆育種(主に耐冷性)、豆類(大豆、小豆、菜豆)栽培試験、麦類(春まき小麦、大麦)栽培試験、バレイショ育種(主にでん粉原料用)の業務に携わってきました。現在は、水稲作況、水稲除草剤試験、大豆・小豆の栽培試験に従事し、主に小豆の道南地方での適応性を担当しています。

中本 洋 ( なかもと ひろし )
所属農業研究本部十勝農業試験場
役職場長
PR私は畑作物および野菜の肥培管理技術、環境保全、土壌管理に関する研究を行ってきました。

冨田 謙一 ( とみた けんいち )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部
役職部長
PRこれまで、大豆育種、豆類(大豆、小豆、花豆)栽培技術開発、植物遺伝資源保存管理、馬鈴しょ超低温保存、麦類種苗生産、DNAマーカーによる品種判別、りんどう・てん菜組織培養、馬鈴しょ培養変異個体作出等に関わる業務に携わってきました。また、馬鈴しょ育種・チモシー育種および豆類(小豆・菜豆)育種のマネッジメント業務を行ってきました。現在は、十勝地域の現場の課題を研究につなぐ役割を担っています。

藤田 正平 ( ふじた しようへい )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職研究主幹
PR

大波 正寿 ( おおなみ まさとし )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職研究主幹
PRばれいしょの新栽培法(早期培土栽培、ソイルコンディショニング栽培)、ばれいしょの茎葉処理(薬剤処理、機械処理)、てんさいの直播栽培の研究を行ってきました。現在は、ばれいしょ新品種開発および栽培法改善の研究を実施しています。

来嶋 正朋 ( くるしま まさとも )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職主査
PR十勝農試・豆類畑作Gにて、小麦およびてん菜(ビート)の品種に関する試験に関わっています。十勝地方は北海道の主要な畑作物作付け地帯で、十勝地方に適する品種を選定し、安定的で多収・高品質な品種の情報提供を行いたいと思います。また、そのために必要な育種事業のサポートをしています。
主な担当作物:秋まき小麦、春まき小麦、てん菜、など

小林 聡 ( こばやし さとし )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職主査
PR 平成25年4月から大豆の品種改良に従事し、令和2年4月から現職。北海道農業に貢献できる大豆品種の開発に取り組んでいます。これまでに育成に関わった大豆品種は「とよまどか」です。
 平成14年4月~平成24年3月までの11年間は小麦の品種改良を担当していました。育成に関わった小麦品種は、秋まき小麦「きたほなみ」「きたさちほ」「つるきち」、春まき小麦「はるきらり」です。

堀内 優貴 ( ほりうち ゆうき )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職主査
PR小豆の品種開発に従事し、主に耐冷性を担当しています。

鈴木 千賀 ( すずき ちか )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職研究主査
PR

萩原 誠司 ( はぎはら せいじ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職研究主任
PR 主にダイズの品種改良に長く関わらせていただいたほか、水稲や馬鈴しょの育種にも触れさせていただきました。現在は、菜豆および小豆の育種に関わらせていただいております。

山口 直矢 ( やまぐち なおや )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職研究主任
PRこれまで13年間ダイズの品種改良に取り組んできました。2021年度からはインゲンマメの品種改良に取り組んでいます。2018年からはマメ類の収量性改善のため、雄性不稔系統とミツバチを用いた循環選抜育種法やゲノミックセレクションに取り組んでいます。

中川 浩輔 ( なかがわ こうすけ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職研究主任
PR菜豆(子実用インゲンマメ)の品種開発に主に従事しています。

長澤 秀高 ( ながさわ ひでたか )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職研究職員
PR小豆の品種開発に取り組んでおります。

髙橋 春南 ( たかはし はるな )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職研究職員
PR大豆の品種改良に従事しています。大学時代は、ニンニクのウイルスと、そのウイルスフリー化技術について研究していました。今までとは違う分野の研究ができるので、いろいろなことにチャレンジしたいと思っております。今は特に、大豆の耐冷性、線虫抵抗性について勉強中です。北海道で長く使われる品種を作れるように精進して参ります。

五十嵐 秀成 ( いがらし ひでなり )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職研究職員
PRダイズの品種改良に従事し、主にセンチュウ抵抗性と循環選抜を担当しています。


島田 尚典 ( しまだ ひさのり )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部豆類畑作グループ
役職専門研究員
PR専門は小豆(アズキ)育種。耐病性、耐冷性、機械収穫適性を中心に、抵抗性を強化した品種育成に携わってきた。

平石 学 ( ひらいし がく )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部農業システムグループ
役職研究主幹
PR

吉田 邦彦 ( よしだ くにひこ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部農業システムグループ
役職主査
PRこれまで酪農施設機械(ふん尿処理、搾乳システム)、大規模畑作、水田作地域での農業機械の試験研究に携わっています。広く省力化を目指して取り組んでいます。

関口 建二 ( せきぐち けんじ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部農業システムグループ
役職主査
PR北海道農業に不可欠な各種機械や施設設備についての調査研究を担当しています。

三宅 俊輔 ( みやけ しゆんすけ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部農業システムグループ
役職主査
PR酪農経営の経済状況を主に研究してきました。27年度より畑作物を対象としたコスト問題や新技術や事業の経済的な効果等について取り組んでいます。

木村 智之 ( きむら ともゆき )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部農業システムグループ
役職研究職員
PR農業機械に関わる研究を行っています。

渡辺 康平 ( わたなべ こうへい )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部農業システムグループ
役職研究職員
PR新しく畑作経営における経済性評価について取り組んでまいります。

細川 優介 ( ほそかわ ゆうすけ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部農業システムグループ
役職研究職員
PR機械や情報の新しい活用方法を検討して、面白い北海道農業に貢献することを目標にしています。

大畑 美結 ( おおはた みゆ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部農業システムグループ
役職研究職員
PR畑作経営に関わる研究を行っております。

相馬 潤 ( そうま じゆん )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主幹
PR作物における病害の診断、同定、発生生態、防除技術に関する研究を行ってきました。特にコムギ赤かび病、雪腐病に関する研究を主に実施しました。
2017年度からは北海道で突然多発して問題となったコムギなまぐさ黒穂病を解決するプロジェクト研究のリーダーを務めました。
2020年4月より現所属に異動し、栽培環境分野、病害虫分野、園芸分野、地域支援分野を統括する役職(生産技術G研究主幹)として勤務しています。

沢口 敦史 ( さわぐち あつし )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職主任主査
PR

櫻井 道彦 ( さくらい みちひこ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職主査
PRこれまで、野菜の生理障害、窒素肥沃度診断、根圏微生物、有機農業・クリーン農業に関する研究に取り組みました。現在は、畑作物全般の肥培管理について担当しています。

坂口 雅己 ( さかぐち まさみ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職主査
PR野菜の施肥法,栄養診断,生理障害対策を中心に研究してきました。現在は大規模畑作地帯で栽培されている露地野菜を対象とした試験を担当しています。

東岱 孝司 ( とうだい たかし )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職主査
PR現在、線虫および畑作病害の試験業務に従事しています。細菌病および線虫害の専門家を目指します。

白井 佳代 ( しらい かよ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主査
PR植物病理学に関する試験研究を行っています。これまで、水稲、バレイショ、タマネギ、ミニトマト、加工用トマトの病害について主に担当してきました。現在バレイショ黒あし病について主に担当しています。

奥村 理 ( おくむら おさむ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主任
PR園芸作物の栽培に関する試験研究を行っています。

八木 亮治 ( やぎ りようじ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主任
PRメロンは品種改良について、かぼちゃは貯蔵性の向上を目指した栽培技術開発に取り組みました。現在は、ながいもを中心に露地野菜に関する栽培技術の開発に取り組んでいます。

栢森 美如 ( かやもり みゆき )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主任
PR農作物の病害虫診断、対応相談を随時行っております。

丸山 麻理弥 ( まるやま まりや )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究職員
PR虫害担当として減農薬栽培に向けた防除法や新たに問題となっている害虫について調査・試験を行っています。

石倉 究 ( いしくら きわむ )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究職員
PR北海道農業を支えられるような土壌肥料学の研究に邁進したいと思っています。

坂本 樹一朗 ( さかもと きいちろう )
所属農業研究本部十勝農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究職員
PR北海道の農業に貢献できるように頑張ります。

梶山 努 ( かじやま つとむ )
所属農業研究本部北見農業試験場
役職場長
PR これまで、てん菜を中心にナタネ、ソバなどの工芸作物の栽培法に関する研究を行ってきました。
 当場では小麦、馬鈴しょ、飼料作物(チモシー)の品種改良や、地域に適した品種選定ならびに、地域ニーズに対応した肥培管理技術や病害虫防除技術の開発などの研究を行っています。
 今後はオホーツク地域さらには北海道農業の発展のために、努力して参りたいと考えております。

岩﨑 暁生 ( いわさき あけお )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部
役職部長
PR北見農業試験場で、試験研究に関わる窓口を担当しています。
専門は病害虫(害虫)で、畑作、野菜の害虫を主体に幅広く研究を実施してきました。双翅目(ハエ目)ハモグリバエ科の種までの同定、双翅目昆虫の科(一部については属、種)までの同定が可能です。

荒木 和哉 ( あらき かづや )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部麦類畑作グループ
役職研究主幹
PR小麦および大豆の育種に関連した遺伝資源の利用に取り組んできました。

鈴木 剛 ( すずき たけし )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部麦類畑作グループ
役職研究主幹
PR畑作物の農業機械や農業系バイオマス利活用に関する試験研究に取り組んできました。これからの北海道農業を考えながら、畑作研究や研究支援業務に努めていきます。

池谷 聡 ( いけたに さとる )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部麦類畑作グループ
役職主査
PR てん菜系統を評価し、北海道優良品種に提案するための試験を主に担当しています。近年の温暖化によって、てん菜生産が不安定になっており、病害抵抗性や糖分等が以前より向上したてん菜品種が必要とされていますので、試験の主眼もそこに置いています。その他、近年増加しているてん菜の直播栽培について、品種の適性を考える試験も行っています。てん菜担当の前は、長年バレイショ育種を担当していました。

大西 志全 ( おおにし しぜん )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部麦類畑作グループ
役職主査
PR小麦育種全般と担当しています。作物の生産性を上げること、特に多様な遺伝資源を利用して多収品種を育成することに興味があります。

木内 均 ( きうち ひとし )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部麦類畑作グループ
役職研究主査
PR秋まき小麦品種開発に携わっています。

田澤 暁子 ( たざわ あきこ )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部麦類畑作グループ
役職研究主任
PR試験担当経験
・水稲除草剤適用性試験
・たまねぎ品種比較試験、栽培試験
・豆類耐病性検定試験
・遺伝資源スクリーニング

足利 奈奈 ( あしかが なな )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部麦類畑作グループ
役職研究主任
PR北海道での栽培に適したパン用春まき小麦の品種改良を担当しています。栽培しやすくて、おいしいパンができる小麦品種の育成を目指しています。また、赤かび病の試験も担当しています。

其田 達也 ( そのだ たつや )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部麦類畑作グループ
役職研究主任
PR秋まき小麦の日本麺(うどん)用・菓子用品種開発を行っています。

林 和希 ( はやし かずき )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部麦類畑作グループ
役職研究職員
PR春まき小麦の品種改良を行っています。北海道で栽培がしやすく、パン用として品質の良い品種開発を目指しています。また、穂発芽耐性の検定を担当しています。

佐藤 優美 ( さとう ゆみ )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部麦類畑作グループ
役職研究職員
PR秋まき小麦の赤かび病検定を担当しています。
より赤かび病に強い小麦品種を農家さんにお届けできるよう尽力します!

平井 剛 ( ひらい ごう )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部馬鈴しょ牧草グループ
役職研究主幹
PR野菜類の品種、栽培、品質などに関する研究に携わってきました。
今年は馬鈴しょとチモシーの品種改良を担う馬鈴しょ牧草グループにおいて、研究課題の進行管理に努めます。

藤田 涼平 ( ふじた りようへい )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部馬鈴しょ牧草グループ
役職主査
PR馬鈴しょの生産振興を通じて北海道農業に貢献すべく、加工(ポテトチップ)用およびでん粉原料用の育種に従事しております。

飯田 憲司 ( いいだ けんじ )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部馬鈴しょ牧草グループ
役職主査
PR北海道の基幹草種であるチモシーの育種や飼料用とうもろこしの栽培試験を担当しています。近赤外分析を中心とした家畜飼料成分分析にも携わった経験がありますので、幅広く研究にアプローチしたいと思っています。

足利 和紀 ( あしかが かずのり )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部馬鈴しょ牧草グループ
役職研究主任
PR北海道の基幹イネ科牧草であるチモシーの品種改良を行っています。特に栄養価(繊維消化性や可溶性炭水化物)や競合力の改良を重点的に行っています。育種のみならず栽培試験等にも関心がありますので、研究への要望等をお待ちしています。

品田 博史 ( しなだ ひろし )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部馬鈴しょ牧草グループ
役職研究主任
PR育種遺伝学を用い,より効率的な品種改良を目指している。

和﨑 俊文 ( わざき としふみ )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部馬鈴しょ牧草グループ
役職研究職員
PR馬鈴しょの育種を担当しております。高品質なでん粉原料用系統の開発促進、
輸入品種等の選定試験を行っております。

高畠 聡史 ( たかはた さとし )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部馬鈴しょ牧草グループ
役職研究職員
PR北海道の基幹イネ科牧草であるチモシーの育種や、飼料作物品種比較試験を担当しています。

松永 浩 ( まつなが ひろし )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部馬鈴しょ牧草グループ
役職専門研究員
PR馬鈴しょの育種を担当しています。

柳田 大介 ( やなぎだ だいすけ )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主幹
PRタマネギを中心とした野菜関連の試験課題を担当してきましたが、今は北見農試生産技術グループ主幹として、栽培環境部門と病害虫部門、地域支援部門を総括しています。

田中 一生 ( たなか かずお )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部生産技術グループ
役職主任主査
PR現在は、秋まき小麦「きたほなみ」の気象変動に対応した窒素施肥管理技術の現地実証を担当しています。「きたゆきもち」の胴割れ粒発生の要因解析と軽減対策について対応しています。各種農業技術支援も行っています。農業生産現場に出向き研究ニーズを調査するとともに、研究シーズを発見する事も重要な任務と考えています。専門分野はイネ育種で20年ほど携わっていました。

小野寺 鶴将 ( おのでら かくまさ )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部生産技術グループ
役職主査
PRオホーツク地方の主要作物に寄生する害虫および線虫に対する防除対策について試験を行っています。

酒井 治 ( さかい おさむ )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部生産技術グループ
役職主査
PR

小倉 玲奈 ( おぐら れいな )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部生産技術グループ
役職主査
PR オホーツク地方におけるでん粉原料用馬鈴しょの早期枯凋症状の原因解明と被害軽減対策、馬鈴しょのそうか病抵抗性検定等を実施しています。

木場 稔信 ( こば としのぶ )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主査
PR 農地整備事業(客土、暗渠、除礫など)の事業計画樹立のための土壌調査。農地の理化学性の実態および経年変化を明らかにする目的で、農地に定点を設けて4年間隔で巡回し、調査、土壌分析する土壌機能実態モニタリング事業などを担当しています。
これまで、畑地かんがい、草地更新時の堆肥施用、人工湿地を用いた搾乳牛舎パーラー排水処理の研究を行ってきました。

唐 星児 ( とう せいじ )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究主任
PR肥効調節型肥料を用いた施肥、土壌診断を活用した安定生産に関する研究を行っています。
これまで水環境保全のための施肥・作付管理のほか、小麦、飼料用トウモロコシや高級菜豆の栽培、畑作物や野菜類に対する地下灌漑等に関する研究に携わってきました。

佐々木 太陽 ( ささき たいよう )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究職員
PRオホーツク地方において、重要な作物を食害する害虫に対する防除技術と発生予察についての研究を行っています。

桑原 萌 ( くわばら めぐみ )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部生産技術グループ
役職研究職員
PRたまねぎの栽培に関する研究に取り組んでいます。以前は馬鈴薯栽培の技術支援に携わっていました。野菜や畑作物の栽培技術開発に貢献したいと考えておりますので、共同研究等のご要望がありましたらぜひお声がけください。

池谷 美奈子 ( いけたに みなこ )
所属農業研究本部北見農業試験場研究部生産技術グループ
役職専門研究員
PR作物病害の発生生態・防除に関する研究を行っています。現在は、主にたまねぎとてんさいの病害に関する試験を担当しています。植物病原菌の発生生態を明らかにし、それに基づいた効率的な防除体系確立を目指しています。

大坂 郁夫 ( おおさか いくお )
所属農業研究本部酪農試験場
役職場長
PR乳牛の哺育牛、育成牛の飼養,栄養及び生理について特に関心があります。共同研究のご要望をお待ちしています。

陰山 聡一 ( かげやま そういち )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部
役職部長
PRLAMP法を用いた牛胚性判別キットを開発しました。2015年4月から肉牛Gに異動し、黒毛和種へのゲノム育種技術の活用やサイレージ等自給飼料を最大限利用する技術の開発などに携わりました。2017年4月からは基盤研究部長として、家畜衛生G、生物工学G、飼料環境Gを所管していました。2020年4月から酪農試験場に異動し、酪農研究部長として酪農に関する飼養、繁殖、経営の研究を担当している乳牛Gを所管しています。

酒井 稔史 ( さかい としふみ )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ
役職研究主幹
PRバイテク技術等様々な能力指標に基づいた黒毛和種の改良に携わっています。

堂腰 顕 ( どうこし あきら )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ
役職研究主幹
PR乳牛の快適性向上と労働生産性向上を目的に、乳用牛舎の設計と換気方法、搾乳ロボットなどの自動化機械、家畜センシングに関する研究を行っています。牛舎設計に関することは、ご相談に応じます。乳牛の健康管理システム開発に関心がありますので、共同研究のご要望をお待ちしております。

金子 剛 ( かねこ つよし )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ
役職主任主査
PR

松井 義貴 ( まつい よしたか )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ
役職主査
PR乳牛の繁殖と疾病に関する研究を行っています。

谷川 珠子 ( たにがわ たまこ )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ
役職主査
PR自給飼料を活用した乳牛の飼養法に関わる研究を行っています。

濱村 寿史 ( はまむら としふみ )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ
役職研究主任
PR

新宮 裕子 ( しんぐう ゆうこ )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ
役職研究主任
PR酪農の分野において放牧地のウシの採食行動や植生に関する研究を行っている

窪田 明日香 ( くぼた あすか )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ
役職研究主任
PR小規模チーズ工房で、原料乳中の酪酸菌数を測定する方法を提案しました。チーズの酪酸発酵に関するご相談ありましたらご連絡ください。

窪 友瑛 ( くぼ ともあき )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ
役職研究職員
PR繁殖分野と周産期病分野を担当します。乳牛の妊娠率向上や周産期病低減にかかる技術開発を行い、道内の酪農業の振興に貢献したいと考えています。また、外部機関との共同研究も積極的に実施していきます。御用があれば下記連絡先にご一報ください。
kubo-tomoaki@hro.or.jp

田辺 智樹 ( たなべ ともき )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ
役職研究職員
PR新生子牛の初乳給与管理および哺育牛の飼養管理に関する研究を行っています。

若槻 拓司 ( わかつき たくじ )
所属農業研究本部酪農試験場酪農研究部乳牛グループ
役職研究職員
PR10年間本州で産業動物臨床獣医師として従事した後、転職して参りました。繁殖から飼養、臨床分野まで幅広く研究していきたいと考えています。

杉本 昌仁 ( すぎもと まさひと )
所属農業研究本部酪農試験場草地研究部
役職部長
PR肉牛飼養/肉牛管理の仕事を長く担当していました。動く生き物が好きです。中でも、水の中を泳ぐ生き物と空を飛ぶ生き物が大好き。魚・カエル・鳥・ミツバチ・トンボ・チョウ・ミル=マスカラスetc。令和元年からは、草地や飼料作物研究のマネジメントを担当しています。

有田 敬俊 ( ありた たかとし )
所属農業研究本部酪農試験場草地研究部飼料生産技術グループ
役職研究主幹
PR草地飼料畑の栽培技術について、地域、環境および情勢を見据えた研究を進め、酪農業の発展に貢献する成果を作って参りたいと思います。

井内 浩幸 ( いうち ひろゆき )
所属農業研究本部酪農試験場草地研究部飼料生産技術グループ
役職主任主査
PR天北地域における牧草や飼料作物に関する試験研究を行っています。当地域の飼料生産に関することはご相談に応じますので、連絡をお待ちしています。

田中 常喜 ( たなか つねき )
所属農業研究本部酪農試験場草地研究部飼料生産技術グループ
役職主査
PR飼料生産技術に関する研究を行っています。
北海道の基幹イネ科牧草であるチモシーの品種改良、飼料の栄養評価を行ってきました。

中村 直樹 ( なかむら なおき )
所属農業研究本部酪農試験場草地研究部飼料生産技術グループ
役職研究主任
PR土壌凍結地帯での飼料作物について研究しています。

板垣 英祐 ( いたがき えいすけ )
所属農業研究本部酪農試験場草地研究部飼料生産技術グループ
役職研究主任
PR

秋山 雄希 ( あきやま ゆうき )
所属農業研究本部酪農試験場草地研究部飼料生産技術グループ
役職研究職員
PR植物における光合成の環境適応についてこれまで研究してきました。安定的・持続的な自給飼料生産に向けて、少しでも寄与できたらと考えております。

出口 健三郎 ( でぐち けんざぶろう )
所属農業研究本部酪農試験場天北支場
役職支場長
PR木を見て森も見る。

鳥越 昌隆 ( とりこし まさたか )
所属農業研究本部酪農試験場天北支場地域技術グループ
役職研究主幹
PR専門は作物の育種と根菜類の研究ですが、現在は野菜の機械栽培体系について研究しています。また、花野菜関係の研究マネージメントを行っています。

岡元 英樹 ( おかもと ひでき )
所属農業研究本部酪農試験場天北支場地域技術グループ
役職主査
PR入庁後15年間、寒地型牧草の適正な栽培管理や、環境耐性(特に干ばつ)を研究してきました。その後は水稲と冬野菜の研究をしています。海外の農業にも興味があり、海外研修で中国へ行ったり、JICAの短期専門家としてインドに着任したりした経験もあります。

遠藤 哲代 ( えんどう てつしろ )
所属農業研究本部酪農試験場天北支場地域技術グループ
役職主査
PR乳牛・肉牛の飼養管理、自給飼料の活用、放牧に関して研究や現場対応を行っています。

二門 世 ( にかど ひろし )
所属農業研究本部酪農試験場天北支場地域技術グループ
役職研究主査
PR

宝寄山 裕直 ( ほうきやま ひろなお )
所属農業研究本部畜産試験場
役職場長
PR 主に、肉用牛と鶏の育種改良を担当してきました。鶏研究担当時には「北海地鶏」を開発しました。また、肉牛担当時は、北海道基幹種雄牛「勝早桜5」の造成にかかわることができました。
 現在は、場長として、北海道における畜産研究をマネジメントしています。

厂原 收 ( がんばら おさむ )
所属農業研究本部畜産試験場
役職副場長
PR

及川 学 ( おいかわ まなぶ )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部
役職部長
PR現在、肉牛研究部および北海道農業試験会議畜産部会の主査を担当しています。
過去の担当研究課題は、豚の呼吸器感染症、乳牛の免疫機能と乳房炎、牛の腸管出血性大腸菌O157、肉牛の自給飼料活用、豚のサルモネラ感染症・豚サーコウイルス感染症、牛マイコプラズマ乳房炎、感染症モニタリング法等です。

藤川 朗 ( ふじかわ あきら )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部肉牛グループ
役職研究主幹
PR 肉牛の育種改良や飼養管理に関する試験研究を行っている肉牛グループのマネジメントを担当しております。また、試験研究課題としては「黒毛和種の早期出荷に適した育種価評価法と育成・肥育技術」を担当しております。
 研究では主に肉牛の育種価評価やDNAマーカー育種に取り組んできました。酪農・めん羊・地鶏飼育の経験もありますので、畜産(豚以外)のことなら何でもお気軽にお問い合わせください。

國重 享子 ( くにしげ きようこ )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部肉牛グループ
役職研究主幹
PR地鶏を中心とした家禽に関する研究および生産地域と連動した地域ブランド作りを行っています。また、中小家畜全般に対する技術指導も行っています。

岩上 弦太郎 ( いわがみ げんたろう )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部肉牛グループ
役職主査
PR現在は研究本部にて研究進行に関する事務業務を担当しています。

大井 幹記 ( おおい もとき )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部肉牛グループ
役職主査
PR アンガス種の種雄牛生産・配布(日本では道総研畜試だけ)、牛枝肉の脂肪酸組成の調査、試験牛群の管理を担当しています。
 また、理化学分析や官能評価の手法を用いて牛肉の品質評価の研究を行っています。こちらの方がお役に立てるかと思います。

西道 由紀子 ( にしみち ゆきこ )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部肉牛グループ
役職研究主任
PR肉用牛の飼養管理について研究しています。

鹿島 聖志 ( かしま まさし )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部肉牛グループ
役職研究主任
PR肉用牛の遺伝的能力評価に関する研究を行っています。

鈴木 洋美 ( すずき ひろみ )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部肉牛グループ
役職研究職員
PR飼料メーカーの営業から転籍して参りました。農家さんに寄り添えられる研究者を目指したいと思います。

山岡 佳代 ( やまおか かよ )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部肉牛グループ
役職研究職員
PR

内藤 学 ( ないとう あきら )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部生物工学グループ
役職研究主幹
PR鶏⇒豚⇒肉牛⇒生物工学(畜産工学)へ。分野も家畜飼養、育種、衛生まで。良く言えばユーティリティプレーヤー、言い換えれば便利屋です。

小山 毅 ( こやま たけし )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部生物工学グループ
役職主査
PR酪農現場により実践的な情報を提供できる研究を行うことを心がけています。また近隣の獣医師と協力し、試験を実施できる体制を整えつつあります。

藤井 貴志 ( ふじい たかし )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部生物工学グループ
役職研究主任
PRウシ胚移植技術の高度化に関する研究を行っています。特に、ウシ精子および胚の凍結保存技術や着床前遺伝子診断技術に関する研究に重点的に取り組んでいます。

中津 祥也 ( なかつ しょうや )
所属農業研究本部畜産試験場肉牛研究部生物工学グループ
役職研究職員
PR北海道の畜産業の発展に寄与したいと思います。

森安 悟 ( もりやす さとる )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部
役職部長
PR北海道大学 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP)本科(2011)、研修科(2012)修了。文章作成、広報誌作成、映像作品作成、プレゼンテーション、デザイン等、広報のための広範なスキル習得。中国青海省畜牧獣医学院でヤクの核移植によるクローン生産を指導(2011年)

昆野 大次 ( こんの だいじ )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部中小家畜グループ
役職研究主幹
PRR02年4月より中小家畜グループの研究主幹となりました。
当研究グループでは養豚、家きん、めん羊に対応する業務を担っており、各産業に貢献できるよう取り組みをすすめてまいります。

糟谷 広高 ( かすや ひろたか )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部中小家畜グループ
役職主査
PR自給飼料の品質に応じた繁殖雌牛の飼養管理や26ヶ月齢出荷を目標とした肥育技術についての研究を行っています。また、とうもろこしサイレージやとうもろこし子実サイレージ(CCM、HMSC)といった自給飼料の肉用牛での利用技術についても研究しています。

森井 泰子 ( もりい やすこ )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部中小家畜グループ
役職主査
PR北海道唯一の地鶏である「北海地鶏」生産振興のため、効率的な飼養管理方法や肉質特性に応じた利用方法の試験研究に取り組んでいます。また、当グループでは道内生産者へのめん羊(サフォーク種)の種畜供給も行っています。肉牛から中小家畜への異動で不慣れではありますが、地域振興のお役に立てるよう頑張ります。

齋藤 早春 ( さいとう わか )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部中小家畜グループ
役職主査
PR

甲田 洋子 ( こうだ ようこ )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部中小家畜グループ
役職研究主任
PR養豚に関わる研究に取り組んでおります。
現在は道産種豚「ハマナスW2」のレベルアップを目指し、繁殖能力を中心とした種豚改良の取組みをすすめております。

佐藤 駿 ( さとう しゅん )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部中小家畜グループ
役職研究職員
PR農家さんの役に立つ技術を開発できるように頑張りたいです。

小泉 徹 ( こいずみ とおる )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部中小家畜グループ
役職専門研究員
PR

草刈 直仁 ( くさかり なおひと )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部中小家畜グループ
役職専門研究員
PR家畜の繁殖性向上技術をメインテーマとして、これまでめん羊、肉牛、乳牛の研究に従事してきました。平成30年4月からは、めん羊の種畜供給業務、飼養管理技術支援などを通じて、地域の生産者のお役に立てるよう、務めてまいりたいと考えております。どうぞよろしくお願い致します。

福田 茂夫 ( ふくだ しげお )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部家畜衛生グループ
役職研究主幹
PR牛の感染症を中心に家畜の病気の発生メカニズムや予防技術について研究しています。BSE研究では、国のプロジェクト研究に参加して研究を行っています。その他、人獣共通感染症、農場防疫のための研究にも取り組んでいます。

櫻井 由絵 ( さくらい よしえ )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部家畜衛生グループ
役職主査
PR牛のサルモネラ症について研究しています。えさ・ルーメン・病気の関係を明らかにして、牛サルモネラ症の早期清浄化を目指します。

小原 潤子 ( こはら じゆんこ )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部家畜衛生グループ
役職研究主査
PR子牛の感染症と免疫、牛白血病ウイルス制御法に興味があります。共同研究者を募集中。

平野 佑気 ( ひらの ゆうき )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部家畜衛生グループ
役職研究職員
PR子牛の呼吸器病対策、特にマイコプラズマについて研究しています。

浅倉 真吾 ( あさくら しんご )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部家畜衛生グループ
役職研究職員
PR道総研に来るまではOne Healthをテーマに、主に途上国における人獣共通感染症の疫学研究に携わってきました。道総研では疫学研究により道内、国内の課題に取り組みます。

林 拓 ( はやし たく )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部飼料生産技術グループ
役職研究主幹
PR畜産試験場において、草地、飼料作物全般に関する試験研究や現場対応のマネジメントを行っています。私自身は、冷涼地における飼料用とうもろこし栽培や牧草地の植生改善、その他草地・飼料作物全般に関し経験を積んできており、現場実態に寄り添った情報提供を心がけています。最近では、バンカーサイロの多層詰め技術に関する研究にも携わっています。

藤井 弘毅 ( ふじい ひろき )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部飼料生産技術グループ
役職主任主査
PR北海道で重要なイネ科牧草チモシー、ペレニアルライグラスなど、牧草・飼料作物の試験研究を担当しています。

湊 啓子 ( みなと けいこ )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部飼料生産技術グループ
役職主査
PR畜産を取り巻く環境問題や飼料の安全性に関する研究に取り組んでいます。

渡部 敢 ( わたのべ かん )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部飼料生産技術グループ
役職主査
PR草地飼料作に関する技術支援を担当しています。これまでは家畜ふん尿処理・利用の研究や草地飼料作に関する研究に従事してきました。

角谷 芳樹 ( すみや よしき )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部飼料生産技術グループ
役職研究職員
PR飼料評価を再開しました。

今 啓人 ( こん あきひと )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部飼料生産技術グループ
役職研究職員
PR土地あたりの収量の最大化に関する研究に従事しています。最近では、飼料用とうもろこしの収量予測に関する研究の取り組みをしています。ご一緒にお仕事できることがありましたら、お声をかけていただければ幸いです。

戸苅 哲郎 ( とがり てつろう )
所属農業研究本部畜産試験場畜産研究部飼料生産技術グループ
役職専門研究員
PR牛よりも粗飼料利用型の反芻家畜である「緬羊」を対象に、ラム肥育技術、季節外繁殖、スクレイピー抵抗性群作出と評価、人工授精の研究に取り組んできた。また、BSやNZ牛も草資源の効果的利用の観点から進めてきた。現在は自給エネルギー飼料として重要なとうもろこし品種選定に関わっている。

堀田 治邦 ( ほりた はるくに )
所属農業研究本部花・野菜技術センター
役職場長
PR

三好 智明 ( みよし ともあき )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部
役職部長
PR

林 哲央 ( はやし てつお )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部花き野菜グループ
役職研究主幹
PR積雪寒冷地のハウス栽培における栽培上の諸問題,特に土壌管理や肥培管理に興味を持っています。これまで土壌窒素肥沃度評価,リン酸施肥管理などに携わっており,これらの共同研究,全国規模の連携調査にも参画しますので,お気軽にご相談ください。

田縁 勝洋 ( たべり かつひろ )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部花き野菜グループ
役職主査
PRいちごの育種やにんにくの栽培特性を調べています

大宮 知 ( おおみや とも )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部花き野菜グループ
役職主査
PR

地子 立 ( じし たつる )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部花き野菜グループ
役職主査
PR地域のエネルギーを有効活用した野菜生産に関する研究に興味を持っています。

漆畑 裕次郎 ( うるしばた ゆうじろう )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部花き野菜グループ
役職研究職員
PR

平井 泰 ( ひらい だい )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部花き野菜グループ
役職専門研究員
PR

小宮山 誠一 ( こみやま せいいち )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部生産技術グループ
役職研究主幹
PR農産物の品質(食味、調理加工適性、機能性成分など)について、その客観的評価法や非破壊選別技術の開発を行ってきました。品質向上を目指し、品種・系統、栽培、貯蔵、加工法との関係についても検討しています。現在は、花きと野菜の生産技術を担当する部署の管理業務に励んでいます。

長田 亨 ( ながた とおる )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部生産技術グループ
役職主査
PR北海道の水稲栽培に関する試験研究を担当しています。最近は、地域の栽培環境に対応し収量性向上を目指し栽培法について研究をしています。

佐々木 純 ( ささき じゆん )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部生産技術グループ
役職主査
PR花きや野菜の病害等に関する研究を行っています。病害虫診断も行っています。

野田 智昭 ( のだ ともあき )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部生産技術グループ
役職研究主査
PR野菜の流通改善とサツマイモの普及に四苦八苦しております

藤根 統 ( ふじね おさむ )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部生産技術グループ
役職研究主任
PR

柿崎 昌志 ( かきざき まさし )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部生産技術グループ
役職専門研究員
兼務 
PR各種作物の害虫の防除法の開発に関する研究を行っています。害虫の性フェロモンなど生理活性物質の同定や害虫防除への利用について取り組みを行っています。

古館 明洋 ( ふるだて あきひろ )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部技術研修グループ
役職研究主幹
PR生産技術グループの連絡調整、土地改良調査、培土資材試験等を担当しています。

大久保 進一 ( おおくぼ しんいち )
所属農業研究本部花・野菜技術センター研究部技術研修グループ
役職主査
PRトマトの栽培法および養液栽培について研究を行っています。道産トマトの品薄な時期の作期開発や省力的な栽培、低コストな養液栽培に感心を持っています。

262件ヒットしました。
TOPへ戻る

絞り込んで検索
絞り込む単語を足してください。

所属名絞り込み候補

農業研究本部
農業研究本部企画調整部

農業研究本部企画調整部企画課

農業研究本部企画調整部地域技術グループ

農業研究本部中央農業試験場

農業研究本部中央農業試験場作物開発部

農業研究本部中央農業試験場水田農業部

農業研究本部中央農業試験場加工利用部

農業研究本部中央農業試験場遺伝資源部

農業研究本部中央農業試験場農業システム部

農業研究本部中央農業試験場農業環境部

農業研究本部中央農業試験場病虫部

農業研究本部上川農業試験場

農業研究本部上川農業試験場研究部

農業研究本部道南農業試験場

農業研究本部道南農業試験場研究部

農業研究本部十勝農業試験場

農業研究本部十勝農業試験場研究部

農業研究本部北見農業試験場

農業研究本部北見農業試験場研究部

農業研究本部酪農試験場

農業研究本部酪農試験場酪農研究部

農業研究本部酪農試験場草地研究部

農業研究本部酪農試験場天北支場

農業研究本部畜産試験場

農業研究本部畜産試験場肉牛研究部

農業研究本部畜産試験場畜産研究部

農業研究本部花・野菜技術センター

農業研究本部花・野菜技術センター研究部


Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.