北海道立総合研究機構研究職員データベース

産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所環境保全部リスク管理グループの検索結果

芥川 智子 ( あくたがわ ともこ )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所環境保全部リスク管理グループ
役職研究主幹
PR環境中の化学物質の評価及びバイオアッセイ(変異原性)を用いた環境質の総合的な評価、大気中の揮発性有機化合物や有害化学物質の環境動態や影響評価に関する研究を行っています。

大塚 英幸 ( おおつか ひでゆき )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所環境保全部リスク管理グループ
役職主任主査
PRPM2.5中無機元素に関する研究 大気中有害・粒子状物質及び大気発生源調査 その他各種媒体中無機元素分析

永洞 真一郎 ( ながほら しんいちろう )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所環境保全部リスク管理グループ
役職主任主査
PRダイオキシン類、PCB、農薬、環境ホルモン、PPCPs(生活関連化学物質)、マイクロプラスチックなど、生態系に影響を及ぼす可能性が指摘されている有機化学物質について、環境中の濃度の測定、発生起源の推定から分析法開発まで、さまざまな調査研究を行っています。また、未来の環境保全のため、園児、児童、生徒向けの環境教育プログラムの開発、実践も行っております。

田原 るり子 ( たはら るりこ )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所環境保全部リスク管理グループ
役職主査
PR

姉崎 克典 ( あねざき かつのり )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所環境保全部リスク管理グループ
役職研究主任
PRダイオキシン類やPCBsなど残留性有機汚染物質(POPs)に関する調査研究を行っています。

仮屋 遼 ( かりや りょう )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所環境保全部リスク管理グループ
役職研究主任
PR学生時代は有機合成・遺伝子工学的手法を用い、放線菌の二次代謝産物(抗生物質等)の生合成酵素とその生合成機構の解明に向けた研究を行っておりました (Angew. Chem. Int. Ed., 2014, 53, 5423-5426.)。現職では環境中化学物質の動態評価に関する研究、ダイオキシン類及びPCBの分析、シミュレーションによる化学物質の環境濃度推定を行っております。以前より医療や畜産の現場で使用される抗生物質、農薬、等の環境中での動態に興味を持っているほか、最近では生物学的アプローチによる坑廃水処理法にも興味を持ち始めています。

髙橋 英明 ( たかはし ひであき )
所属産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所環境保全部リスク管理グループ
役職専門研究員
PR

7件ヒットしました。
TOPへ戻る

絞り込んで検索
絞り込む単語を足してください。

所属名絞り込み候補

産業技術環境研究本部エネルギー・環境・地質研究所環境保全部リスク管理グループ


Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.