北海道立総合研究機構研究職員データベース

森林研究本部林産試験場技術部の検索結果

伊藤 洋一 ( いとう よういち )
所属森林研究本部林産試験場技術部
役職部長
PR技術部にて民間企業・団体及び自治体と森林研究本部をつなぐ仕事や研究課題のマネジメント業務を行っています。研究での専門分野は、木材の製材・乾燥です。広葉樹,針葉樹ともに幅広く製材・乾燥技術向上や生産コスト低減を図る技術開発等に取り組んでいます。可能であれば、各工場(現場)に出向き技術指導を行っています。また、地産地消の考えのもとに地域材や認証材利用も推進しています。

大橋 義德 ( おおはし よしのり )
所属森林研究本部林産試験場技術部生産技術グループ
役職研究主幹
PR道産木材の需要拡大と高度利用による森林資源の持続的活用と地域経済の活性化を目指して、道産材を用いた木質材料の製造技術・評価技術・利用技術の開発、試験研究、技術支援に取り組んでいます。

土橋 英亮 ( つちはし ひであき )
所属森林研究本部林産試験場技術部生産技術グループ
役職主査
PR自然エネルギーを利用して木材の乾燥コストを抑える方法を考えたいと思っています。

古田 直之 ( ふるた なおゆき )
所属森林研究本部林産試験場技術部生産技術グループ
役職主査
PR合板、LVL等の積層材料について、用途開発や性能評価に関する研究を行っています。材料の製造条件が製品性能に及ぼす影響、性能向上技術の開発、実用環境での劣化評価等に取り組んでいます。

宮﨑 淳子 ( みやざき じゆんこ )
所属森林研究本部林産試験場技術部生産技術グループ
役職主査
PR木材の接着について研究しています。接着剤が硬化するまでの過程を化学的・物理的に調べるとともに、製品の接着性能を調べています。木質材料を効率よく製造し、長く健全に使うことをめざして研究を進めています。

松本 久美子 ( まつもと くみこ )
所属森林研究本部林産試験場技術部生産技術グループ
役職研究主任
PR道産木材を原料とした内装材の開発とその評価を行っています。評価としては,主として感性評価を担当しています。視覚に関する外観(見た目の)評価では,認知心理学の要素を取り入れた評価を大学と連携して研究しています。また,道産木材を原料とした高付加価値な床材を開発するべく,シンプルな加工でヒトにとって足ざわりが良く,ペット共々すべりにくい床材の検討を行っております。

高梨 隆也 ( たかなし りゅうや )
所属森林研究本部林産試験場技術部生産技術グループ
役職研究職員
PR北海道産木材の利用拡大を目指して、道産材を用いた木材、木質材料の加工技術や性能評価について研究開発を行っております。また、木質接合部での腐朽劣化と強度の関係についても研究を行っております。道産材を用いた高機能な材料を、安心・安全に使える技術を開発したいと考えています。

石原 亘 ( いしはら わたる )
所属森林研究本部林産試験場技術部生産技術グループ
役職研究職員
PR木材業界(民間企業)を経て、林産試験場の研究職員になりました。
現場に即応できる技術や製品の開発を進めていけたらと考えております。

中村 神衣 ( なかむら かみい )
所属森林研究本部林産試験場技術部生産技術グループ
役職研究職員
PR木質材料の接着性能や耐久性について研究を行っています。

平林 靖 ( ひらばやし やすし )
所属森林研究本部林産試験場技術部生産技術グループ
役職専門研究員
PR家具、建具等に用いられる木質材料の変色原因の究明、防止について取り組んでいます。

朝倉 靖弘 ( あさくら のぶひろ )
所属森林研究本部林産試験場技術部製品開発グループ
役職研究主幹
PR

山崎 亨史 ( やまざき みちふみ )
所属森林研究本部林産試験場技術部製品開発グループ
役職主任主査
PR木材加工における技術開発を担当しています。専門は木材切削(製材、粉砕)、リサイクル、バイオマスです。木材はエネルギー源として有望ですが、まずはマテリアルとしてを主としたカスケード利用の重要性について広めています。

近藤 佳秀 ( こんどう よしひで )
所属森林研究本部林産試験場技術部製品開発グループ
役職主任主査
PR道産針葉樹であるトドマツの水食いについて、基礎研究を行っています。また、木材の形状計測装置を研究・開発していました。

髙山 光子 ( たかやま みつこ )
所属森林研究本部林産試験場技術部製品開発グループ
役職研究主査
PR研究部では、成形科で木質粉砕物と繊維との複合ボードや木質炭化物の成形など木質材料の成形方法についての研究を担当し、経営科では木質製品の開発・普及のための使用実態調査などを担当していました。その後、企画指導部普及課および企業支援部技術支援Gで各種技術支援制度の窓口業務や、一般の方に木材・木製品について理解してもらうためのイベントの開催・出展を10年ほど担当していました。
現在は技術部製品開発Gで床の性能や木質施設床の維持管理に係る研究などを担当しています。

北橋 善範 ( きたはし よしのり )
所属森林研究本部林産試験場技術部製品開発グループ
役職研究主任
PR近年は、児童や一般の方々が持つ「木を伐ることは環境破壊につながる」という意識の改善に向けた、林業・木材産業への理解を深める教育用ツールの開発を手掛けています。その他、福祉施設への木工導入、障がい者が作業に携われる木製品生産のあり方、木材産業による地域活性化の検討等について研究・調査を行っています。

橋本 裕之 ( はしもと ひろゆき )
所属森林研究本部林産試験場技術部製品開発グループ
役職専門研究員
PR①木材に現れる節、割れ、などの欠点や特徴を自動で検出する画像認識AIの開発に取り組んでいます。
②チップソーを用いたNC木工旋盤に関して、特許を取得し技術移転を行いました。全国への普及に至っています。

16件ヒットしました。
TOPへ戻る

絞り込んで検索
絞り込む単語を足してください。

所属名絞り込み候補

森林研究本部林産試験場技術部
生産技術グループ

製品開発グループ


Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.