北海道立総合研究機構研究職員データベース

森林研究本部林産試験場性能部保存グループの検索結果

河原﨑 政行 ( かわらさき まさゆき )
所属森林研究本部林産試験場性能部保存グループ
役職研究主幹
PR木質材料の難燃処理,薬剤処理木材の耐候性,木質構造の耐火性能に係る研究に取り組んでいます。道産木材の難燃化技術に係るご相談がありましたら,お気軽にお寄せ下さい。

宮内 輝久 ( みやうち てるひさ )
所属森林研究本部林産試験場性能部保存グループ
役職主査
PR私の専門は「木材保存」です。なかでも、保存処理(防腐防蟻処理)木材の品質管理や認証に必要不可欠な薬剤成分の定量分析法の開発、性能低下の要因となる薬剤成分の溶出について研究を行ってきました。今後はこれらの研究をさらに進めるとともに、道産材に適した高耐久化処理方法の開発など、道産材の高付加価値を目指した研究を進めていく予定です。

伊佐治 信一 ( いさじ しんいち )
所属森林研究本部林産試験場性能部保存グループ
役職主査
PR木質エクステリア材料の耐候性について研究しています。紫外線、降雨、凍結融解等が各種劣化(美観変化、割れ、生物汚染等)に及ぼす影響を明らかにして、木質エクステリア製品の耐用年数向上に寄与する材料開発を進めていきたいと思っています。

渋井 宏美 ( しぶい ひろみ )
所属森林研究本部林産試験場性能部保存グループ
役職研究職員
PR大学院時代は、木材や樹皮の組織を顕微鏡で観察する木材解剖学に関する研究を行っていました。現在は、難浸透性木材であるカラマツやトドマツにおける、油溶性薬剤の浸透メカニズムについて研究しています。また、木材の樹種識別の依頼試験もお受けしています。

川合 慶拓 ( かわあい やすひろ )
所属森林研究本部林産試験場性能部保存グループ
役職研究職員
PR北海道産木材を使用した製材・製品の普及推進を目指し、CLTをはじめとした木質材料の加工技術・性能評価に関する研究を行っております。国内に中高層木造建築を実現すべく、安全・安心を得られる木材製品の開発を進めてまいります。

5件ヒットしました。
TOPへ戻る

絞り込んで検索
絞り込む単語を足してください。

所属名絞り込み候補

森林研究本部林産試験場性能部保存グループ


Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.