北海道立総合研究機構研究職員データベース

森林研究本部林産試験場性能部の検索結果

平間 昭光 ( ひらま あきみつ )
所属森林研究本部林産試験場性能部
役職部長
PR久々の研究部配属で、これまで深く関わってこなかった木質構造や劣化、防耐火技術について勉強中です。以前は、木製サッシやウィンターガーデンの開発を通して、居住空間の温熱環境や音環境の評価と性能向上に取り組んできました。研究部在職の晩年は、木質建材の臭気や接触感などに関する官能評価に取り組んできました。

戸田 正彦 ( とだ まさひこ )
所属森林研究本部林産試験場性能部構造・環境グループ
役職研究主幹
PR木材や木質材料の強度・接合性能について研究に取り組んでいます。木造建築物での構造材としての利用を目的として,木材らしさを生かすことを心がけています。

藤原 拓哉 ( ふじわら たくや )
所属森林研究本部林産試験場性能部構造・環境グループ
役職主任主査
PR木材,および木質材料の強度性能,非破壊検査に関する研究を行っています。木材の強度特性のからみで,モンテカルロシミュレーション等にも精通しています。

小林 裕昇 ( こばやし ひろのぶ )
所属森林研究本部林産試験場性能部構造・環境グループ
役職主任主査
PR建築士の資格を有することから建築やデザイン設計に精通している。さらに構造関連の研究にも携わっていたことから、小さいものであれば玩具や家具、遊具など、また大規模建築物までの基本構造にそれらを活かし、研究開発を進めることが出来る。また情報発信を積極的に行い、複数の研究シーズを連携させることで新しい製品、商品開発を行うことを得意としている。

今井 良 ( いまい まこと )
所属森林研究本部林産試験場性能部構造・環境グループ
役職主査
PR主に木製防護柵等の屋外用木製品について、強度性能・耐久性・景観性等に関する研究に取り組んでいます。
大学では林学や砂防学等、大学院では土壌物理学や水文学等を専攻していたので、農村から山林・河川、住宅に至るまでの幅広いエリアを対象とした土木資材やエクステリアの開発に高い関心を持っています。
最近は木製土木構造物の維持管理技術や長寿命化、メンテナンスフリー化などの研究に注力しています。

鈴木 昌樹 ( すずき まさき )
所属森林研究本部林産試験場性能部構造・環境グループ
役職研究主査
PR木質材料から放散する揮発性有機化合物(VOC),特にアセトアルデヒドの放散挙動に関する研究を行なっています。

冨髙 亮介 ( とみたか りょうすけ )
所属森林研究本部林産試験場性能部構造・環境グループ
役職研究職員
PR木材や木質構造の強度特性に関する研究を行っています。一口に「強い」材料・構造といっても、「硬く脆い」強さから「柔らかく粘り強い」強さまで多様です。材料性能の適切な評価、接合部の有効な設計により、各々の個性を活かすことができます。北海道産木材をより安全に、より効率的に活用できる技術につなげたいと考えています。

秋津 裕志 ( あきつ ひろし )
所属森林研究本部林産試験場性能部構造・環境グループ
役職専門研究員
PR木材・木質材料から放散するVOCの放散性状と、人に害を及ぼすそれらを低減させる研究を行っています。今後は、人に害を及ぼすだけでなく、木材・木質材料から受ける嗅覚、聴覚、視覚や触覚が、人の健康にどのような効果を与えるか、大学等と研究を進めていく予定です。

河原﨑 政行 ( かわらさき まさゆき )
所属森林研究本部林産試験場性能部保存グループ
役職研究主幹
PR木質材料の難燃処理,薬剤処理木材の耐候性,木質構造の耐火性能に係る研究に取り組んでいます。道産木材の難燃化技術に係るご相談がありましたら,お気軽にお寄せ下さい。

宮内 輝久 ( みやうち てるひさ )
所属森林研究本部林産試験場性能部保存グループ
役職主査
PR私の専門は「木材保存」です。なかでも、保存処理(防腐防蟻処理)木材の品質管理や認証に必要不可欠な薬剤成分の定量分析法の開発、性能低下の要因となる薬剤成分の溶出について研究を行ってきました。今後はこれらの研究をさらに進めるとともに、道産材に適した高耐久化処理方法の開発など、道産材の高付加価値を目指した研究を進めていく予定です。

伊佐治 信一 ( いさじ しんいち )
所属森林研究本部林産試験場性能部保存グループ
役職主査
PR木質エクステリア材料の耐候性について研究しています。紫外線、降雨、凍結融解等が各種劣化(美観変化、割れ、生物汚染等)に及ぼす影響を明らかにして、木質エクステリア製品の耐用年数向上に寄与する材料開発を進めていきたいと思っています。

渋井 宏美 ( しぶい ひろみ )
所属森林研究本部林産試験場性能部保存グループ
役職研究職員
PR大学院時代は、木材や樹皮の組織を顕微鏡で観察する木材解剖学に関する研究を行っていました。現在は、難浸透性木材であるカラマツやトドマツにおける、油溶性薬剤の浸透メカニズムについて研究しています。また、木材の樹種識別の依頼試験もお受けしています。

川合 慶拓 ( かわあい やすひろ )
所属森林研究本部林産試験場性能部保存グループ
役職研究職員
PR北海道産木材を使用した製材・製品の普及推進を目指し、CLTをはじめとした木質材料の加工技術・性能評価に関する研究を行っております。国内に中高層木造建築を実現すべく、安全・安心を得られる木材製品の開発を進めてまいります。

13件ヒットしました。
TOPへ戻る

絞り込んで検索
絞り込む単語を足してください。

所属名絞り込み候補

森林研究本部林産試験場性能部
構造・環境グループ

保存グループ


Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.