北海道立総合研究機構研究職員データベース

森林研究本部林産試験場利用部バイオマスグループの検索結果

関 一人 ( せき かずと )
所属森林研究本部林産試験場利用部バイオマスグループ
役職研究主幹
PR木材の主要成分および微量成分の新たな化学的利用法に関する研究を行っています。これまでに、木質植物材料(広葉樹材、ササ類)のヘミセルロースから機能性オリゴ糖の製造方法に関する技術を開発するとともに、それを利用した商品開発に携わってきました。樹木の二次代謝物(精油、マツヤニ、テルペノイド、フラボノイド、ポリフェノールなど)に関する技術相談も承ります。

本間 千晶 ( ほんま せんしよう )
所属森林研究本部林産試験場利用部バイオマスグループ
役職主任主査
PR環境浄化資材、農業用資材などの製品開発に向け、木質バイオマスの機能を効果的に引き出すために、原料特性を活かした熱変換、化学変換技術の検討を行っています。

長谷川 祐 ( はせがわ ゆう )
所属森林研究本部林産試験場利用部バイオマスグループ
役職主査
PR木材は、温かみある独特の素材感など優れた材料特性を備えた生物材料です。しかし、プラスチックや金属材料など、他材料が日々進化を遂げて用途範囲を広げる中で、木材も新たな機能を持たせたり足りない性能を補うなど進化していく必要があると考えます。そこで、木材本来の人や環境への安全性は保持しつつ、従来の木材では対応が難しい用途へも対応し利用拡大を進めるため、化学的な手法による木材改質・性能向上技術の実用化に取り組んでいます。

西宮 耕栄 ( にしみや こうえい )
所属森林研究本部林産試験場利用部バイオマスグループ
役職主査
PR木質系バイオマスのエネルギー利用、主に、チップなどの木質燃料の生産および管理技術についての研究を行っております。さらに、燃焼後に発生する燃焼灰(アッシュ)やチャーの利用についても検討しております。また、木材の熱変換に関する研究として、木炭などの木質系炭化物の利用に関する研究も行っております。

檜山 亮 ( ひやま りよう )
所属森林研究本部林産試験場利用部バイオマスグループ
役職研究主任
PR木質バイオマスの有効利用(成分分離、化学変換)の研究をしてきて、最近は木質飼料の研究が道内企業や畜産家に大きく貢献しそうな段階にきています。きのこ廃菌床の有効利用、きのこのタンパク質分解酵素による食肉軟化、シイタケ栽培の仕事もしています。

山田 敦 ( やまだ あつし )
所属森林研究本部林産試験場利用部バイオマスグループ
役職専門研究員
PR木質バイオマスのエネルギー利用技術に関する研究を行っています。ペレット燃料・チップ燃料・木炭などの製造、性能評価に関することはご相談に応じます。バイオマスの熱分解ガス化に関心がありますので、共同研究のご要望をお持ちしています。

6件ヒットしました。
TOPへ戻る

絞り込んで検索
絞り込む単語を足してください。

所属名絞り込み候補

森林研究本部林産試験場利用部バイオマスグループ


Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.