北海道立総合研究機構研究職員データベース

森林研究本部林産試験場企業支援部の検索結果

渡辺 誠二 ( わたなべ せいじ )
所属森林研究本部林産試験場企業支援部
役職部長
PR 試験場で研究を開始した当初は、木材の粉砕物を原料として成形技術により木質材料を開発する業務を行い、主には木チップから歩道用舗装資材を開発していました。その後、企画・普及部門の業務を長らく担当したのち、H28~R1年度には利用部資源・システムGでグループのマネージメント主体に、木材産業の経営分析や利用システムなどの研究に取り組みました。R2年度は企業支援部に異動し研究主幹を務め、R3年度から同部の部長としての業務に従事しています。

松本 和茂 ( まつもと かずしげ )
所属森林研究本部林産試験場企業支援部研究調整グループ
役職研究主幹
PR木材・木質材料の強度に関する研究を行っています。道内の人工林資源について、生育環境や森林施業が材質に及ぼす影響を評価し、それらを踏まえた上での森林資源の有効利用を考えていきたいと考えています。

大西 人史 ( おおにし ひとし )
所属森林研究本部林産試験場企業支援部研究調整グループ
役職主任主査
PR旧デザイン科では木製エクステリアや木製福祉機器などの開発を行っていました。現在は、普及連携グループで林産試験場の様々な研究成果の普及・PR活動を行っています。

岸野 正典 ( きしの まさのり )
所属森林研究本部林産試験場企業支援部研究調整グループ
役職主査
PRイオン液体を用いた木材の溶解に関する研究や、エタノール製造に関する研究等、木材の成分分離技術に関心がありますので、共同研究のご要望をお待ちしています。

折橋 健 ( おりはし けん )
所属森林研究本部林産試験場企業支援部研究調整グループ
役職主査
PR森林由来のバイオマスを中心に、エネルギー利用、成分利用、改質利用に関する研究を行っています。これまでに、木質燃料(チップ、ペレット)製造、木質燃焼灰利用、バイオエタノール生産、早生樹(ヤナギ)や樹皮の成分・改質利用、などの研究に従事してきました。現在、企業支援部にて研究調整を担当しています。

中嶌 厚 ( なかじま あつし )
所属森林研究本部林産試験場企業支援部研究調整グループ
役職専門研究員
PR道産人工林材の有効活用・付加価値向上について、主に木材乾燥・加工技術の視点から検討しています。

平舘 亮一 ( ひらだて りよういち )
所属森林研究本部林産試験場企業支援部普及連携グループ
役職主任主査
PR道内企業の技術的課題解決に重点を置き技術支援を行っています。

澤田 哲則 ( さわだ てつのり )
所属森林研究本部林産試験場企業支援部普及連携グループ
役職専門研究員
PR床の安全性を構成する弾力性、硬さ、滑りなどの各種性能を測定・研究できる環境を整えております。企業との床に関する共同研究も数多く実施し、新製品開発等に貢献しています。床に関する技術相談、共同研究等に広く対応していますので、床材料、床構造、床性能等に関する課題をお持ちの方は、ご相談ください。

8件ヒットしました。
TOPへ戻る

絞り込んで検索
絞り込む単語を足してください。

所属名絞り込み候補

森林研究本部林産試験場企業支援部
研究調整グループ

普及連携グループ


Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.