北海道立総合研究機構研究職員データベース

森林研究本部企画調整部の検索結果

加藤 幸浩 ( かとう ゆきひろ )
所属森林研究本部企画調整部
役職部長
PR2021年4月から、森林研究本部(林業試験場・林産試験場)における試験研究の企画・調整・評価や研究成果の普及・広報、技術支援、研究支援などに関する業務を所管しています。林産試験場で研究部門に所属していたときは、森林資源の用途適性と利用システムならびに木材産業の生産・経営・流通システムに関する調査研究と技術支援に取り組んでいました。

佐藤 弘和 ( さとう ひろかず )
所属森林研究本部企画調整部企画課
役職課長
PR研究職員時代は、濁水対策に関する研究や、河川水温とサクラマスの成長に関する研究を行っていました。現在は、研究企画部署から研究部に異動となり、森林施業と土壌物理性に関する研究を行っています。

棚橋 生子 ( たなはし いくこ )
所属森林研究本部企画調整部企画課企画グループ
役職主任主査
PR

津田 真由美 ( つだ まゆみ )
所属森林研究本部企画調整部企画課企画グループ
役職主査
PR樹皮・樹葉などの森林バイオマスやきのこ由来の機能性食品・化粧品素材に関する研究を行っております。道総研開発マイタケ品種「大雪華の舞1号」の健康機能性に関する研究を行い、同品種の加工食品がヘルシーDoに認証されています。きのこを含めた森林バイオマスの機能性食品・化粧品素材としての利用に関するご相談に応じます。共同研究のご要望をお待ちしております。

中川 昌彦 ( なかがわ まさひこ )
所属森林研究本部企画調整部普及グループ
役職研究主査
PR天然林や人工林の施業に関する研究を行っています。特に更新のための施業に興味があり、広葉樹人工林の造成方法、天然林における天然更新、人工林における針葉樹の天然更新、人工林の混交林化などを、土壌の取り扱いや、植栽木の取り扱いと林内の光環境から調査しています。また、過去には育林機械を用いた更新のための土壌の取り扱いの研究を行いました。この他に、人工林施業の機械化に取り組み、ハーベスタやプロセッサの生産性や経費について、木の大きさに基づいて推測することの提案を行いました。

5件ヒットしました。
TOPへ戻る

絞り込んで検索
絞り込む単語を足してください。

所属名絞り込み候補

森林研究本部企画調整部
企画課

企画課企画グループ

普及グループ


Copyright © Hokkaido Research Organization. All Rights Reserved.